情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

寒暖差アレルギーって何?症状と原因について

   

woman-698962_960_720

 

冬から春にかけて、朝晩の気温差が大きかったり、1日ごとに気温が変わることが多いですよね。

 

また、最近では異常気象なのか、一年通して気温変化が激しい日が多い気がします。

 

「気温が変わるから体調崩しやすいよね」

 

と何の気なしに話しているかもしれませんが、もしかしたら寒暖差アレルギーという症状かもしれません。

 

ここでは、寒暖差アレルギーの症状と、原因についてお話ししようと思います。

 

寒暖差アレルギーって何?

 

実は、寒暖差アレルギーはアレルゲンがないアレルギー反応です。

 

寒暖差アレルギーは自律神経と関わりが深いです。

 

自律神経は体の様々な機能を調節していて、体温の調整もしています。

 

しかし、温度変化には弱く、7度以上の気温変化があると自律神経がきちんと働かなくなり、体の様々な箇所に異常をおこします。

 

これが寒暖差アレルギーです。

 

寒暖差アレルギーの症状は

 

寒暖差アレルギーは花粉症や風邪の症状に似ているものが多く間違いやすいです。

 

〇鼻水、鼻づまり

 

〇咳、のど痛み

 

〇頭痛

 

〇肌荒れ、かゆみ、じんましん

 

〇食欲不振、不眠、イライラする、疲れやすい、情緒不安定

 

〇吐き気、下痢

 

ほんとに様々な症状があります。

 

風邪や花粉症では発熱、目のかゆみがありますが、寒暖差アレルギーでは熱、目のかゆみが出ることはありません。

スポンサードリンク

 

寒暖差アレルギーの原因は何?

 

寒暖差アレルギーは7度以上の温度変化によるアレルギー反応で、自律神経がきちんと働かないからとお伝えしましたが、もう少し詳しくお伝えします。

 

例えば 外気温が5度の時、5度の冷たい空気が体の中に入って体を冷やし体温を下げることはなく常に一定です。

 

これは、鼻から入った空気が粘膜を通って、温められて37度ぐらいになるためです。

 

温めるのは鼻の血管で、血管を広げてたくさん血液を流し、空気を暖めます。

 

この血液の量を、管理するのが自律神経です。

 

鼻水、くしゃみが出るのは、鼻の粘膜を冷たい空気が刺激するからです。

 

自律神経は温度変化が激しくなると対応できなくなり、きちんと働かなくなります。

 

自律神経は血液量だけでなく様々な体の機能を管理しているので、いったん

 

自律神経が狂うと、鼻水だけでなく頭痛やイライラなどの精神的な不調を起こしてしまいます。

 

また、肌のかゆみも、自律神経の乱れが現れたもので急激に血流量が増えたため、乾燥、炎症を起こすとされています。

 

自律神経失調症という言葉があるほど、自律神経は重要なものなのですね。

 

まとめ

 

寒暖差アレルギーは急激な温度変化によって引き起こされます。

 

薬もあるようですが、何よりもまず、体を温めることが必要ですね。

 

最近では、季節だけでなく、室内、室外の気温が違うことも多いですので、一枚上着を持っておくといいかもしれません。

 

私も、季節の変わり目に肌荒れを起こしますが、皮膚科では「外が急に寒くなるからだよ」と言われていました。

 

もしかしたら、寒暖差アレルギーだったのかもしれません。

 

飲み薬や塗り薬に頼るだけではなく、体を温める食事や、洋服に気をつけてみようと思います。

スポンサードリンク

 - 美容健康