情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

パーツ別・ムダ毛処理の正しいやり方

      2017/04/16

 

ムダ毛処理2

 

ムダ毛処理をしている人は多いと思いますが、

量や濃さ、気になる部分は人それぞれ、処理方法も違うはずです。

 

でも、自分のしているムダ毛処理は正しいのか疑問に思ったことはありませんか?

もしかしたら間違った方法で処理をしていて、

そのまま続けるとトラブルの原因になるかもしれません。

 

今日は、ムダ毛処理をすることが多い部位別に正しい処理方法をお話ししますね。

 

関連記事:気になるムダ毛、いろんな処理方法

どうしてムダ毛って生えてくるの?

 



 

 

顔のムダ毛処理

 

意外と気になるのが顔のムダ毛。

鼻の下や眉のあたり、口などをはじめ、産毛が生えています。

 

顔のムダ毛を処理すると、ファンデーションのノリが良くなりますね。

そして顔色が明るく感じたり、つるんとした肌の印象になります。

でも顔の皮膚はデリケートですし、肌荒れをおこすと非常に目立つため、

特に優しく処理したい箇所でもあります。

 

○カミソリ

一番手軽な方法で、ポイントを押さえることで肌に負担を掛けずに処理できます。

 

使うカミソリはT字ではなく、I字が安全です。

カミソリを使うと、やはり肌に負担がかかるので、

剃るときはクリーム、洗顔料を泡立てたものを付け、優しく剃ります。

 

角質を傷つけない為に繰り返して剃らない様に気を付けながら、

毛の流れに沿ってカミソリを動かしましょう。

 

処理の後は保湿ケアを忘れないようにしてくださいね。

頻度も多くて、1週間に1回程度にします。

 

肌の調子が悪い時や日焼け後に処理してしまうと、

肌荒れの可能性が高くなるので控えたほうが安心ですよ。

 

○電気シェーバー

電気シェーバーは肌の負担が少なく、おすすめです。

 

顔用専用のものを使用し、処理後はやはり保湿ケアをしておくことが大切です。

 

おすすめとは言っても、やはり刃を顔にあてるわけですから

強い力を入れたりしてはトラブルのもとになります。

 

○除毛クリーム、テープ

除毛クリームは刺激の強い薬品ですので、顔に使用するのは控えましょう。

 

脱毛テープも肌に強い刺激を与え、

はがすときに必要以上の角質をはがすことになりかねませんので、おすすめはできません。

 

○エステサロンや家庭での脱毛

顔の毛が濃くて、気になる人や無くしたい人にはお勧めですが、

家庭用脱毛器は特に、濃い毛に効果が高いので、期待する効果が得られないこともあります。

 

脇のムダ毛処理

 

ムダ毛処理と言えばすぐに脇が思いつくほど、

ほとんどの人が処理している場所と言えるでしょう。

常に見える場所ではありませんが、濃く太い毛が生えているので目につきやすい場所ですよね。

 

○エステサロンでの脱毛

脇の毛は濃く、太いので、脱毛はとても効果的と言えます。

 

最近では価格も安くなっているので

気になって仕方がない人や、時間に余裕がある人(何回か通う必要がある場合も)、

費用の負担が可能な人は、おすすめできます。

 

○カミソリ

カミソリは手軽ですし、一度に剃ることができるので、カミソリを使う人は多いですよね。

 

でも、しっかり剃りたいからと

何度も同じ個所を剃るのは肌を傷つけ、色素沈着の原因にもなります。

 

カミソリを使うときは、T字カミソリを使い、

クリームや石鹸などを泡立てて剃るようにしましょう。

 

○電気シェーバー

 

電気シェーバーもカミソリと同様な注意が必要です。

脇専用のシェーバーで、脇に沿うような形のものが安心です。

 

○脱毛テープ ワックス

きれいに一機に脱毛することができますが、かなりの痛みは伴います。

 

また、はがすということは肌を傷めることにつながるので

ケアもしっかりしておきましょう



 

腕のムダ毛処理

 

腕のムダ毛も人目に付きやすく、気になるところです。

 

○カミソリ

やはりカミソリは手軽ですが、

剃るときはクリームで刺激を和らげる工夫が必要です。

スポンサードリンク

 

毛に沿うような剃り方をし、T字カミソリを使うと剃りやすいです。

 

○脱毛ワックス テープ

腕には使いやすいので、使う人も多いと思いますが、

肌の弱い人は避けたほうがいいです。

 

腕の皮膚は、意外と荒れやすく、かさつきが目立ちやすくなります。

 

○脱色クリーム

腕のムダ毛処理で困るのは、

処理してしばらくすると、肌表面に出てきた毛がチクチクすることですよね。

 

脱色クリームはそれがありませんが、生えてきた毛との色の違いが欠点です。

また、薬品なので敏感肌の人は特に、

パッチテストなどで肌荒れを起こさないか確認しておくことが必要になります。

 

○除毛クリーム

除毛クリームは剃り跡が残らず、腕には使いやすいです。

ただ、脱色クリームと同じで刺激が強いので、パッチテストが必要になります。

 



 

背中のムダ毛処理

 

背中は髪をアップにしたり、夏に水着を着ると特に気になりますが、

自分での処理が難しいところです。

 

カミソリはムダ毛処理には手軽ですが、

背中の場合は誰かにしてもらわなければならないので、背中はカミソリがあまりおすすめしにくいです。

 

・エステサロンでの脱毛

自分でできない箇所ですし、エステサロンでの脱毛がおすすめです。

 

○脱毛ボディタオル

どうしても自分でする場合は、

脱毛ボディタオルというグッズがあるのでそれを利用する方法があります。

 

繰り返し使う必要はありますが、カミソリではないのでケガの心配はまずないです。

素材はナイロン製から、肌に優しい天然素材のものもあります。

 

お風呂場で頻繁に使えば、ムダ毛処理の効果が実感できるはずです。

 

 

脚のムダ毛処理

 

きれいな脚にとってムダ毛は大敵ですよね。

露出が増える夏はもちろん、ストッキングを履く機会が多いと気になる箇所でもあります。

 

○電気シェーバー

脚の場合は、カミソリ剃りも電気シェーバーのほうがおすすめできます。

 

脚、特にすねの表面を触るとわかりますが、

骨があり固く剃りづらい、ケガをしやすいからです。

 

電気シェーバーはカミソリほど深く剃ることはできませんが、

剃った後のブツブツ感も少なくケガが少ないので、こまめに処理するのが良いですね。

 

もしシェーバーが手に入らず、カミソリを使う場合は、

スムーサーがついているものを使えば比較的、安全になります。

 

○脱毛テープ、ワックス、除毛クリーム

これらも、他の場所と同様な注意が必要です。

 

頻繁にするなら肌荒れを起こしやすいので、おすすめできませんが

毛が生えるスピードが遅い場合、肌荒れの可能性も低くなるので注意しながら使用しましょう。

 

○エステサロンでの脱毛

露出が多く、毛が多い、濃いなどの理由で気になる場合は、

やはりエステサロンでの脱毛はおすすめです。

 

ただ、やはりお金と時間との相談が必要ですね。



 

まとめ

 

しっかりきれいにするなら、エステサロンでの脱毛は魅力的ですが、

どうしても費用が気になる所ですよね。

 

いろんなところを処理すれば、それだけ負担は増えます。

やはり実際は、カミソリを中心とした自己処理が現実的かなと思います。

 

自分で処理する場合は、剃るときにクリームを付け刺激を減らし、

ケアを忘れないことが大切ですね。

また、使用した後のカミソリを清潔にしておくことも忘れないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 - 美容健康 ,