情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

ムダ毛処理のアフターケアはどうすればいい?

      2016/05/13

 

ムダ毛アフターケア

 

ムダ毛の処理をした後に、ポツポツができたり、赤く腫れたりしたことありませんか?

 

せっかくきれいにしようと思ったのに、かえって汚くなってしまっては困りますよね。

ムダ毛処理にはアフターケアが必要ですが、具体的にはどんなケアをすればよいのでしょうか。

 

今回はアフターケアの方法をご紹介しますね。

 

関連記事:パーツ別・ムダ毛処理の正しいやり方

気になるムダ毛、いろんな処理方法



 

アフターケアの基本は冷やして保湿

 

ムダ毛処理をした後に赤いポツポツができたり、赤くなってしまうのは、

カミソリ、シェーバーなどの刺激に肌が負けたために起きてしまうからです。

また、毛抜きなどの刺激で毛穴が盛り上がってしまうのも理由の1つです。

 

アフターケアのポイントは、刺激に肌が負けないようにすることになります。

 

○アフターケアの手順

 

1.クリームなどを拭きとる

ムダ毛処理の前に刺激を抑えるためにクリームなどを塗ると思いますが、

処理した後は、まずクリームをふき取るかシャワーで流してきれいな状態にします。

 

2.冷やす

カミソリなどで処理をした後の肌は、人により差はありますが炎症を起こしています。

そのままにしておくと、乾燥、肌あれをおこす可能性が高くなります。

 

まず、冷やして炎症を抑えておき、

次のステップに行くことで肌をすべすべに保つことができます。

 

3.保湿する

ムダ毛処理をした後は、水分、油分、角質も少なくなっています。

しっかり保湿して肌を保護しましょう。

スポンサードリンク

 

保湿するときは、しっとりする効果が高く、低刺激のものを使うと安心です。

また、肌が敏感な人は、水分が人より失われやすいので、

数時間後、もう一度保湿することで保湿の効果が高くなります。

 

炎症がひどい場合は軟膏を付ける

 

肌が弱いために、処理後、炎症がひどくなる場合もあります。

 

この場合は、アフターケアに使う保湿剤をワセリンなどの軟膏にしたり、

炎症を抑える効果がある軟膏を使うことで、早く炎症を抑えることができます。

 

ただし、いきなり塗るとヒリヒリ感がある場合もあるので、

まず冷やすことは忘れないようにしてくださいね。

 

アフターケアともに処理前のケアも大切

 

肌のトラブルを抑えるためにはアフターケアはとても大切ですが、

処理前のひと手間、処理の方法に気を付けることでさらにトラブルを抑えることができます。

 

○毛抜きを使う時

毛抜きを使うときは毛穴を広げるために、蒸しタオルなどで肌を温めます。

 

抜くときは、毛の流れに沿って抜いたほうが痛みが少なく、

毛穴への負担も減るので、トラブルを抑えることができます。

 

お風呂上りなどにすると、わざわざ蒸しタオルを作らなくて済むので楽かもしれません。

 

○カミソリなどを使う時

カミソリなどの刃でムダ毛を剃るときは、

クリーム、石鹸の泡などで肌を刺激から守る工夫をします。

 

カミソリは刃がきれいなで切れ味が良いものを使い、

さびたものを使わないようにしましょう。

 

また、朝にムダ毛を処理してしまうと、

紫外線よる肌へのダメージが強いので、夜にケアすることをおすすめします。

 

剃る時は、毛抜きと同じように毛の流れに沿って剃ると、

肌への刺激が少なくてすみます。

 



 

まとめ

 

ムダ毛の処理で肌のトラブルを少なくするためには、

清潔、冷やす、保湿のアフターケアをしっかりすることが必要ですね。

 

処理前のケア、処理の方法で肌トラブルの元となる炎症を抑えることができます。

ムダ毛処理というと、剃る、抜くだけに意識が行きがちですが、

処理前からアフターケアまでがムダ毛の処理だということを忘れずにしたいですね。

 

また、気になるからと毎日処理してしまうと、

刺激で肌が乾燥しやすく弱くなりますので、頻繁な処理はしないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 - 美容健康 , ,