情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

なぜリバウンドするの?どうすれば痩せる体質になれる?

      2016/03/28

 

ダイエットリバウンド

 

運動したり、食事を制限したり、色々な苦労があり・・・

ダイエットはとても大変です。

 

でも、せっかく痩せたのに気がゆるんだり、

痩せてきているのにあきらめたりしてしまって、結局元通りの体重。

なぜかリバウンドしてしまうことが多いです。

 

そして、不思議でうらやましいのが、食べても太らない、痩せる体質です。

できることなら、やせ体質になりたいですよね。

 

今回はリバウンドを解決し、やせ体質になるためにはどうしたらいいかをお伝えします。

 

関連記事:痩せるメカニズム・太るメカニズムを知って無理なくダイエット



 

 

なぜリバウンドするの?リバウンドしてしまう理由

 

ダイエットをしたことがある人は多いですが、

同じようにリバウンドしてしまった人も多いですよね。

 

どうしてリバウンドしてしまうのか?

それは決心が弱いからではなくきちんとした理由があります。

 

○リバウンドは体が元に戻そうと栄養を吸収しようとするために起こる

ダイエットをするためには、

食べたカロリーよりも消費カロリーが多くならなければなりません。

 

ダイエットを始めたばかりの時は、

摂取カロリーが少なくなることに体はすぐ反応し、比較的スムーズに体重は減る傾向があります。

 

でも、しばらくすると体重が減らなくなる停滞期がやってきます。

 

このとき、体はどんな状態かというと、少ないエネルギーで体を維持しようとして、

入って来たエネルギーをどんどん吸収しようとしています。

 

ダイエットをあきらめたり、また成功してすぐに元の量の食事に戻した場合、

体は少ないエネルギーで体を維持でき、吸収しようとしている状態です。

 

そうすると、食べたカロリーが余ってしまい、脂肪と変わり、

体重が戻りやすくなるだけでなく、以前よりも体重が増えてしまうのです。

 

また、食事制限でエネルギーが少なくなると筋肉が減り、

基礎代謝が落ちるので、脂肪がたまりやすくなります。

 



 

リバウンドしないためにはどうしたらいい?

 

ではリバウンドをしないためには、どうしたらいいのでしょう?

 

・厳しい食事制限をしない

急いで体重を減らしたいために

厳しい食事制限をしてしまうと、停滞期に入りやすくなってしまいます。

 

停滞期が来たということは、ダイエットがうまくいっている証拠でもあります。

停滞期は1か月ほど続くこともありますが、それを乗り越えると減った体重が維持しやすい体になります。

 

ちなみに、1か月の減量目標体重は体重の5%未満が限度です。

それ以上にするとリバウンドしやすくなります。

 

・筋肉を減らさないよう運動をする

スポンサードリンク

筋肉が減ると基礎代謝がさがります。

 

ダイエットのための運動には脂肪を燃やす有酸素運動と筋肉をつける無酸素運動があります。

どちらも大切ですが、リバウンドのためには無酸素運動、筋トレが必要です。

 

・いきなり食事の量を元にもどさない

ダイエットをしているときの体は、いわば飢餓状態のようなものです。

 

ダイエットを止めると、好きなものをたくさん食べたい気持ちはわかりますが、

そんな時にたくさんの食べ物をとると、リバウンドしてしまいます。

 

ダイエットが終わっても、今までの食事をしばらく続け、

減った体重が本来の体重であると体が覚えてくれるまで待ちましょう。

 

やせ体質になるにはどうしたらいいか

 

どうすれば食べても太らない、やせ体質になれるのでしょうか?

もともとの体質もありますが、努力次第でやせ体質になることはできます。

 



 

・基礎代謝を上げることが大切

基礎代謝を上げると、エネルギーが消費されやすくなり、同じ動きも消費カロリーが増えます。

 

基礎代謝を上げるには、色々な方法があります。

 

・筋力をつけるため、軽い運動を心掛ける

 

・高たんぱく、低カロリーの食事をする

 

・体温を上げる

 

・腸内環境を良くし、便秘にならないようにする

 

・睡眠をしっかりとる

 

などです。

 

・動きを少しだけ早くする

基礎代謝を上げるに運動が大切なのはよくわかるのですが、これがなかなか続かないと思いませんか?

 

周囲のやせ体質の人を見ると、ある特徴があります。

それは「動作や歩き方が速い」「よく動く」です。

 

例えば、道を歩くだけでも歩幅が小さく、ゆっくり歩くのと、

歩幅を大きく、早く歩くのでは同じ距離を歩いても消費カロリーは変わります。

 

外を歩いていて、車が道を開けてくれたとき、

やせ体質の人はかなりの高い割合で、走って道を渡ります。

 

家事もゆっくりするのと、テキパキするのでは、消費カロリーは変わってきます。

このようなちょっとした工夫で特に運動しなくても、

基礎代謝はあげることができるのでやせ体質に近づくことができます。

 



 

まとめ

 

ダイエットはとても大変ですが、まずは3か月間頑張ってみてください。

3か月すれば、体が痩せた体重を記憶します。

 

実は、私は、人に自慢できるほどの数のダイエットをして、

10年前、リバウンドすることもなくダイエットを成功することができました。

 

すごく太っていたので、3か月以上かかりましたが、

1年その体重をキープすると、不思議と、それ以降はあまり増えません。

 

早く痩せたい気持ちはわかりますが、ダイエットは長期戦のほうが、成功しやすいです。

少しの増加、減量に一喜一憂せず、ゆっくり頑張っていってくださいね。

 

 

 

 

【低糖質唐辛子とんこつラーメン風】

 

スポンサードリンク

 - 美容健康 , ,