情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

ダイエット効果をUPさせる入浴法とは?

      2016/04/01

発汗・押圧でスッキリ小顔になる「カオモミマスク」

お風呂ダイエット

 

「お風呂にたくさん入るとダイエットできる」

「半身浴がダイエットに良い」

など、お風呂でのダイエットについて聞いたことがありますよね。

 

毎日、入るお風呂。そこでダイエットができたらいいですよね。

 

今回は、お風呂でダイエットできるのか、その方法についてお伝えしますね。

 

関連記事:パーツ別・エクササイズでスッキリボディに!

運動でキレイに健康ダイエット!

 

お風呂ではダイエットできない?

 

お風呂に1時間入った場合のカロリーは、

個人差がありますが150~160キロカロリー程度で、ご飯1杯分です。

 

びっくりするほど多くはありません。

また汗をたくさん搔きますが、それは水分です。

水を飲めばもとに戻ってしまうので、ダイエットとは言えません。

 

ですが入浴方法を工夫するとダイエットにつながり良いこともたくさんあります。

 

ダイエットに効果的なお風呂の入り方

 

・ご飯を食べる前にお風呂に入る

これは痩せるわけではありませんが、

ご飯を食べる前にお風呂に入ることで、胃腸の働きが抑えられ食欲を抑えることができます。

 

・痩せやすい体になる

お風呂に長く入ることで体が温まり、

スポンサードリンク

汗を掻くことができるので、代謝が上がり痩せやすくなります。

 

また、リラックスできるのでダイエット中のストレス解消に役立ちます。

そして体が温まるので、よく眠れる・安眠効果も期待できます。

 

ダイエットにはよく眠ることも重要なのですよ。

 

・デトックス効果

汗をかくことで、むくみを解消することができます。

 

血流も上がるので、老廃物の排出にもつながり美肌にも効果的です。

 

長湯をすると、お風呂の湯が下がってきたり、

半身浴だと、体の上半分が冷えやすくなります。

長湯をするときは、肩までつかると心臓に負担がかかります。

 

肩にタオルをかけて冷えを防ぎながら半身浴すると、より汗が掻きやすくなりますよ。



 

ヒートショックプロテイン入浴法

 

最近話題になっている入浴法です。

この入浴法のポイントは、

40~42度のお湯に10~15分程度、肩までつかることです。

 

毎日行う必要はなく、週に2,3回です。

代謝が上がり、痩せやすい体になります。

 

お湯の温度が高いので、熱のストレスを肌にかけることで、

傷ついた細胞を再生したりコラーゲンの減少を抑えたりする、美肌効果もあります。

 

お湯の温度が高いので、ちょっと我慢が必要ですが、

毎日しなくても良いので、お風呂があまり好きではない人でも実践できそうですよ。

 

まとめ

 

お風呂でダイエットは、毎日続けやすいところがいいところです。

 

このお風呂ダイエットを成功させるためには、

入浴剤を使ってみたり、DVDを見たり、音楽を聴いたり色々な方法があります。

 

DVDを見ていたら、1時間なんてアッと言う間ですよ。

 

長時間入るときは、ずっと湯船につかっているとのぼせてしまうので、

10分ごとに湯船から出て休憩するなど無理をしないようにしてくださいね。

 

また、湯船に入るときはいきなり入ると心臓に負担がかかるので、

足先からかけ湯をして負担を減らすことを忘れないようにしてくださいね。


スポンサードリンク

 - 美容健康 , ,