情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

めざせ美白!シミ対策にも効果のあるコスメはどれ?

      2016/07/24

6つの効果と6つの役割!薬用Wオールインワンジェル【ピュアメイジング】


シミ対策

 

シミがない肌って憧れですよね。

シミのない肌になりたくて美白化粧品を選ぼうとしても、

今はたくさんの種類があるので何を選んだらいいか迷ってしまいます。

 

それに、せっかく使ってみても効果がいまいち感じられなかったり、肌に合わなかったり…

自分にピッタリのコスメを見つけるのも一苦労です。

 

今回は美白に効果がある化粧品の選び方や、

サプリ・ボディケアの方法についてお伝えします。

 

関連記事:美白はなぜ人気があるの?

関連記事:色白さんが試した美白グッズはこれだ!



 

化粧品は目的や成分から選ぶ

 

シミ対策には、まず日焼けをしないようにする必要があるので、

日焼け止めを塗ることは、基本と言えます。

 

日焼け止めを塗っただけではシミの対策は十分ではないので、

美白効果のある化粧品を使う必要があります。

 

美白をうたっている化粧品はたくさんありますが、美白には2つのタイプがあります。

一つは今あるシミを薄くするタイプ、もう一つは、シミを防止するタイプです。

 



化粧品を選ぶ時には、

自分がどちらの成分を優先するのかを決めておくと選びやすくなります。

 

また、美白化粧品は、厚生労働省が認めている

美白成分を使用している医薬部外品を使うほうが、高い効果を期待できます。

 

○ シミを目立たなく 認可された成分

 

ビタミンC誘導体

 

プラセンタ

 

ハイドロキノン

 

などです。

 

○ シミを防止する 認可された成分

 

エラグ酸

 

コウジ酸

 

トラネキサム酸

 

アルブチン

 

などです。

 

成分にもそれぞれ特色があるので、自分にあった成分を使うことポイントです。

 

ハイドロキノンのように、比較的新しい成分も人気がありますが、

最近では、コウジ酸トラネキサム酸のような昔ながらの成分も、再び注目を受けています。

 

○ 美白化粧品は絶対に同じブランドである必要はない

 

美白化粧品を選ぶうえで悩むのが、化粧品、美容液、乳液をすべて同じブランドでなければならないか、

ライン使いですべて使わなければならないのかです。

 

美白化粧品は比較的値段が高く、美容液であれば1万円を超えるものも珍しくありません。

ライン使いをすれば使用感もバランスがとれ、効果も高い場合が多いのは確かですが、

そろえなければ効果がないわけではありません。

 

他のブランドの化粧品を使ってもトラブルがなければ効果はあります。

また、すべてを美白化粧品にしなくても、

経済的に1つしか選べない場合は、濃度が濃い美容液を選ぶと良いでしょう。

 

○ 効果が出るには3ヶ月から1年

 

美白化粧品を使ったら、すぐに白くなるかと言えば、まずなりません。

 

シミは表面にあるものから奥深くまで、色々です。

ターンオーバーを考えても、最短で3か月はかかります。

スポンサードリンク

 

美白化粧品は薬ではないので、根気強く使うことが必要なのです。

 

美白に効果のあるサプリメントは?

 

美白サプリメントもたくさんありますよね。

 

美白化粧品が外側からのケアなら、美白サプリは内側からのケアです。

実は、美白は外側のケアより、内側からのケアの方が効果が高いのです。

 

美白、日焼けというとビタミンCなど思い浮かぶかもしれませんが、

サプリメントも食事と同じで、バランスや相乗効果がポイントです。

 

○ 美白に効果があるサプリメントの成分

 

ビタミンC誘導体メラニン生成を抑える

 

ビタミンB2、B6肌を健康にする

 

ビタミンE紫外線からのダメージの修復

 

L-システインメラニン生成を抑える、肌荒れ対策

 

プラセンタエキス肌に潤いを与える、肌色を明るくする

 

トラネキサム酸メラニン生成を抑える、肝斑の改善

 

これらの成分がバランスよく入っていることがサプリ選びのポイントです。

特に、ビタミンC誘導体、ビタミンE、ビタミンB2,B6、L-システインが一緒に入っていると

相乗効果があります。

 

成分量も問題で、たくさん入っていればいいわけではありません。

特に、L-システインの適量は一日250~500mgで、

過剰に摂取すると副作用をおこす可能性があります。

 

また、サプリも化粧品と同じで薬ではないので、

効果が感じるまで3か月はかかると覚えておきましょう。

 

 

美白のボディケアはどうすればいい?

 

意外と見落としてしまうボディケアですが、

うっかり腕にシミや、靴下の跡ができたりしますよね。

 

まずは、日焼け止めで防止が必要です。

 

○ ボディケアの美白はボディクリームがおすすめ

 

体にたくさん美白美容液や美白化粧水を塗るのは経済的にも無理がありますよね。

そこでおすすめなのがボディクリームです。

 

ボディクリームも、認可された美白成分が入っているものを選んでください。

これらは色を白くするよりも、

日焼けした肌色を元に戻す程度の効果しか得られない場合がほとんどです。

 

ですが、しっかり保湿された肌はきれいですし、

ひじや膝に潤いがあれば、手入れがされた印象を与えることができます。

 



 

○ デコルテは顔と同じケアをする

 

鎖骨より上の、デコルテ・首の部分は、

美白を意識するうえでは顔と同じケアをおすすめします。

 

と言っても、たくさん塗る必要はないので手に残った化粧水を塗ったり、

パックで残った美容液を塗るだけでもずいぶん違ってくるはずです。

 

なぜなら、首は年齢が出やすい箇所ですし、人目に付きます。

 

それに顔だけ白くなってしまうと、少し不自然な印象を受けますよね。

ファンデーションを塗るときにも、首のあたりまで軽く塗っておくと日焼け防止にもなります。

 

まとめ

 

美白効果を高めるためには、外側からと内側からのケアが、3か月以上必要ですね。

 

美白化粧品、サプリは効果が出るまで時間がかかるので、

成分ももちろんですが、価格面も問題になってきます。

 

高い化粧品は効果が高いものが多いようですが、それは絶対ではありません。

長く続けるためには、価格に無理がなく、自分に合った成分を選びたいですね。
【ミューラグジャス】柔らかく香る上質素肌!リッチボディクリーム

スポンサードリンク

 - 美容健康 , ,