情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

褐色脂肪細胞は増やせるの?

      2016/09/08

 

褐色脂肪細胞増やせる?

 

褐色脂肪細胞は脂肪を燃やす働きがあるので、

肥満防止やダイエットに効果があると考えられています。

 

もし、その細胞がたくさんあれば、ダイエットができるのでは?と思いませんか。

この褐色脂肪細胞は増やせるのでしょうか?

 

今回は、この褐色脂肪細胞が増やす事が可能かどうか、お話ししたいと思います。

 

関連記事:脂肪を燃やす!?褐色脂肪細胞ってなに?

関連記事:褐色脂肪細胞の働きとは?身体のどこにあるの?

 

 

 

褐色脂肪細胞は年齢と共に減っていく

 

褐色脂肪細胞は新生児の時は100gほどありますが、

成人するころになると40gほどに減少していきます。

 

50歳ごろには20g程度、中にはほとんど残っていないこともあります。

 

褐色脂肪細胞の研究はまだ進行中で、

最近になってわかってきたことや、まだまだ解明されていないことも多くあります。

 

正直、現状では褐色脂肪細胞が増えるか増えないか、ハッキリとしていません。

 

送料無料 「美バランス えいマット」【エイマット 指圧マット 矯正グッズ 首 首こり 肩こり …

 

褐色脂肪細胞はごくわずかしかない

 

脂肪細胞には白色脂肪細胞褐色脂肪細胞の2つがあります。

 

白色脂肪細胞は、余分なエネルギーを中性脂肪として体の中に貯める働きがあり、

全体の99%を占めています。

スポンサードリンク

 

褐色脂肪細胞は、そのりのわずか1%です。

 

褐色脂肪細胞は年々減少していく上に、数が少ないです。

なのでそれほど増えはしないという考えや、実験の結果がラットであることから信用ができない

などの理由で、褐色脂肪細胞は増えないと考える専門家もいます。

 

反対に、同じ白色脂肪細胞は増加するので、褐色脂肪細胞も増えるのでは?と考たり、

活性化できることが研究でわかっているため、増えると考えている人もいます。

 

増えると考えている人の中には、10代までしか増やせないと考えているケースもあり、

まだまだ未知なことがたくさんなのです。

 

 

褐色脂肪細胞は活性化できる

 

褐色脂肪細胞は増やせないが、活性化することはできるという考え方が多くなっています。

 

実際にお茶のカテキンを肥満の人に与えると、寒いときに出るエネルギー消費量が増えて、

脂肪の燃焼量も増えたという研究があります。

 

また、褐色脂肪細胞があるとされる肩甲骨あたりを動かすと、

体が温まりやすくなるという事から活性化されているのでは?と考える傾向もあります。

 

ただ、もともとの褐色脂肪細胞の数や減り方には個人差が大きく、

女性か男性かでも差があるため、断定しづらいのが現状です。



 

まとめ

 

褐色脂肪細胞についてはまだ断言できない事柄が多い状態です。

 

ですが、少なくとも活性化できる可能性はあるようです。

僅かでも可能性があるなら、単に「増える・増えない」という事だけを考えるのではなく、

様々な方法を試してみても損はないのかなと思います。

 

活性化する方法には、運動やストレッチがあります。

色々試すと健康にも良さそうですよね。
1日4分のステップ運動で下半身が引き締まるステッパー

スポンサードリンク

 - 美容健康 ,