情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

妊娠中のインフルエンザ予防接種、ダメな時期はある?

      2016/02/13

 

OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V

 

妊娠中でも、インフルエンザ予防接種は受けられるって聞いているけど、やっぱり予防接種受けてはいけない時期ってある?

 

初期はインフルエンザ予防接種を受けてはいけないといわれたけど、本当?

 

と、注射をしなければと思っても色々気になりますよね。

 

中には医師から妊娠初期は避けたほうがいいと言われる妊婦さんもいるようです。

 

妊婦さんは10か月の間、体重とともに体調も変化して、いつも心配、不安と隣り合わせですよね。

 

今回は、ダメな時期はあるのか、あるならその理由、妊娠中の予防接種で注意したいことなどをお話ししようと思います。

 

妊娠中のインフルエンザ予防接種でダメな時期は?

 

以前はいろんな説があったのですが、現在では妊娠中でも予防接種はいつでも受けてもいいことになっています。

 

受けてはダメな時期はないのです。

 

なぜ、初期はダメだといわれるのか、避けたほうがいいのか?

 

それではなぜ初期はダメだとか、避けたほうはいいといわれるのでしょう。

 

○妊娠初期のインフルエンザ予防接種は流産をおこすという噂

 

以前は、妊娠初期にインフルエンザ予防接種を受けると流産するといわれていました。

 

しかし、近では医学的な証拠は何もなく、ただの噂とされているようです。

スポンサードリンク

妊婦さんの中に、お母さんから、「妊娠初期に注射なんかしたらそれが原因で流産するよ!」と言われた人いませんか?

 

私は言われたので、産婦人科医に尋ねましたが、やはり「ただの噂だよ」と言われました。

 

また、実際に、インフルエンザ予防接種が原因で流産をしたとか先天性異常がある赤ちゃんが産まれたという報告はありません。

 

○妊娠初期は不安定な時期だから

 

初期は確かに薬の影響を受けやすいとされている時期ですが、医師が初期を避けるように言ったのは、初期という時期が妊婦さんの状態からでしょう。

 

初期はまだ胎盤も完成しておらず、つわりが出始め、薬の影響にかかわらず、流産の割合が高い時とされていて、静かに過ごしたい時期です。

 

もちろん個人差はありますが、妊婦さんの中には、体調がとても悪く、外出もできなくなる人もいるそうです。

 

においにも敏感になって、消毒薬のにおいで気分が悪くなるかもしれませんよね。

 

そういった健康状態見て医師が初期を避けるようにいうケースがあります。

 

おすすめの時期はある?

 

基本的にダメな時期がないなら、おすすめ時期はあるの?と思いませんか。

 

それは体調の良いときです。

 

いつでも受けられるので、好きな時に受ければいいのですが、一般的に言えば、安定期とされている妊娠    中期がおすすめです。

 

中期は、胎盤も完成し、多くの妊婦さんはつわりも治まり、一番活動しやすい時期とされています。

 

体調が初期からいい妊婦さんなら、流行時期に合わせて、最も効果的だといわれる11月から12月中頃までを選ぶのもいいかもしれません。

 

まとめ

 

インフルエンザは妊婦さんがかかると重症化をすることがあるので、予防接種をおすすめします。

 

また、妊婦さんだけでな、家族にも受けてもらいましょう。

 

日ごろの手洗い、うがいの予防も忘れないようにしましょう。

 

また、インフルエンザ予防接種は数に限りがあるので、あまりあと伸ばしにしてしまうと受けたいのにワクチンがなかったということになってしまいます。

 

予防接種をするなら、早めの予約をおすすめします。

スポンサードリンク

 - 美容健康