情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

妊娠中のインフルエンザ予防接種の影響が心配

      2016/02/13

 

mother-84529_960_720

 

 

インフルエンザ予防接種を受けて何か母体に影響はないのか、お腹の赤ちゃんにも何か影響があるのではないか。

 

インフルエンザ予防接種を受けなくてインフルエンザになってしまったときはどうなってしまうのか。

 

などなど、不安もあるでしょう。

 

ここでは、妊婦、胎児への影響それぞれ分けてお伝えしようと思います。

 

そして、インフルエンザ予防接種の防腐剤についても少しお話ししようと思います。

 

妊婦さんへの影響は?

 

○予防接種した時の影響について

 

インフルエンザ予防接種は不活化ワクチンと言って死んだワクチンを材料に作っている、非常に副作用が少なく安全性の高いワクチンになっています。

 

ですから、妊婦さんが接種したとしてもほとんど影響はないとされています。

 

副作用があったとしても、注射した箇所が腫れたりかゆみがあったりする程度で、まれに発熱がある程度で、通所の時と差はないとされています。

インフルエンザ予防接種で妊婦が死亡したなどの報告は今のところありません。

 

○予防接種せずにインフルエンザになってしまったときの影響について

 

予防接種が母体に与える影響よりインフルエンザになってしまった時の影響のほうがずっと危険です。

 

妊婦さんは10か月もの間、胎児へ栄養や免疫を与え続けています。

 

そして、お腹にいつも大きな赤ちゃんを抱えています。

 

そのため体にも負担がかかり、免疫力が弱くなっている状態で、インフルエンザを発症する重症化しやすいとされています。

 

インフルエンザ予防接種はその重症化を防いでくれる役割もあります。

 

重症化すれば高熱も続き、妊婦さんの体力はますます消耗してしまいます。

スポンサードリンク

 

妊婦さんは、もちろん飲める薬はありますが、できれば飲みたくないと思っている人も多いはずです。

 

その分不安材料も増えてしまい、精神的にもダメージを受けそうですよね。

 

胎児への影響は

 

元気に赤ちゃんを産みたいと願う妊婦さんにとって、自分への影響より胎児への影響が気になりますよね。

 

○予防接種した時の影響について

 

先にお話ししたように日本で作られるインフルエンザ予防接種は安全性が高いので胎児への悪影響はないとされています。

 

予防接種によって早産になったとか、流産になったとか、先天性異常だった事例も報告されていないようです。

 

また、海外の話ですが、出産後1歳になるまででは予防接種を受けて産まれた赤ちゃんのほうがインフルエンザになりにくいというデータが出ました。

 

○予防接種せずインフルエンザになったときの影響は

 

妊婦さんが重症化してしまうのと同様に、高熱が続いてしまった妊婦さんから産まれた赤ちゃんは、「インフルエンザ脳症」になってしまう可能性が高くなり、脳性マヒが残りやすくなるそうです。

また早産になる可能性も上がるといわれています。

 

インフルエンザ予防接種の防腐剤の影響について

インフルエンザ予防接種には防腐剤として水銀が使われています。

 

水銀は公害などもあったため非常に怖いイメージがあります。

 

また、妊婦さんは水銀の多量接種を控えるようにいわれていて、マグロなどの大型魚をたくさん食べないように指導されます。

 

これは、体内にたまった水銀が胎児に影響を与え、運動や感覚異常などの脳の障害を引き起こすことがあるからです。

 

しかし、インフルエンザ予防接種の防腐剤は非常に微量であり、体内に蓄積されにくいもので、一週間以内には体外に排出されるそうですので、あまり影響がないようですね。

 

まとめ

 

予防接種は薬ですから、やはり何らかの副作用、影響があるとは思います。

 

とはいえ絶対にインフルエンザにならないとは言えませんが、重症化を防ぐためにも接種したほうがいいのかもしれません。

 

私も妊娠中に接種しましたが、無事に産まれたし、健康に育っています。

 

注射や薬だけでなく、十分に健康に気を付けて元気な赤ちゃんを!

スポンサードリンク

 - 美容健康