情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

口内炎を予防するには、どんなことをすればいい?

   

 

口内炎の予防

 

口内炎は一度できてしまうと、完治に時間が掛かってしまいます。

その間、痛みもあるので食事も憂鬱になりますよね。

 

「頻繁に再発するわけではないけれど、体質的にできやすいかな」

感じることもありますが、口内炎は予防することができます。

 

今回は、口内炎の予防方法についてお伝えします。

 

関連記事:口内炎をスグに治したい?どんな方法がある?

口内炎はどのぐらいで治る?完治までの過程を知りたい!



 

口の中を清潔にする

 

口内炎には種類がいくつかありますが、

原因の多くは細菌が付いたりカビが繁殖したりすることです。

 

口の中を清潔にしておくことは、もっとも基本的な口内炎を予防する方法です。

 

◯ 歯磨きをしっかりする

虫歯予防のための歯磨きが、口内炎予防にもなります。

 

特に寝る前の歯磨きをしっかり行い、口の中を清潔にしておきましょう。

睡眠中は口を閉じていることが多いので、細菌が繁殖しやすい環境になります。

 

朝起きたら、まずは食事の前に歯磨き・うがいをしっかりしましょう。

そうすることで、睡眠中に増えた細菌を流しておくことができます

 

◯ うがいをする

歯磨きと同様に、うがいもとても大切です。

 

花粉やPM2.5が多い時期は、いつも以上に細菌を口の中に入れています。

うがいは、口の中を洗う「ぶくぶくうがい」と、

のどの奥の方を洗う「ガラガラうがい」の両方をすることがポイントです。

 

うがい薬を使ってうがいをするのもおすすめです。

 

ただし、きれいにしたいからと言って、

あまりにたくさんのうがい薬を使うのはおすすめできません。

 

必要な菌も流してしまい、逆効果になることもあります。

うがいは一日3~4回までにしておきましょう。

スポンサードリンク

 

 

食事に気を付ける

 

◯ ビタミンをしっかりとる

口内炎はビタミン不足が原因である場合があります。

 

ビタミンを中心とした、栄養バランスが取れた食事をすることが必要です。

 

◯ 食べ過ぎ、飲みすぎに気をつける

暴飲暴食をすると、胃腸が荒れて口内炎ができることがあります。

 

食べ過ぎ飲みすぎは、栄養バランスを崩すことにもなるので、避けましょう。

 

◯ 刺激物を食べ過ぎない

味が濃かったり、刺激が強いものを食べたりすると胃腸を刺激することになります。

 

胃腸が弱い人、弱っている人は特に注意が必要です。

 

チョコラBB スパークリング グレープフルーツ&ピーチ味 140ml×24本【楽天24】【あす楽対応】【ケース販売】[チョコラBB 栄養ドリンク]【nor_2】

体調を整える

 

体調が悪いと、抵抗力や免疫力が落ちて口内炎ができやすくなり、完治にも時間がかかります。

 

◯ ストレス、疲れをとるために睡眠をとる

ストレスや疲れがたまると、抵抗力が落ちやすくなります。

 

疲れとれないのは、睡眠不足が原因になっていることがとても多いです。

充分な睡眠は、健康な体を保つうえで、欠かせないものです。

 

口内炎ができやすい人は、いつもの睡眠時間を見直してみましょう。

 



 

たばこの量を考える

 

気分転換や休憩にたばこが欠かせない人も多いですよね。

 

ですが、リラックスの為のたばこも、多すぎれば害になります。

 

口内炎ができやすい人は、たばこが原因である場合もありますので、

たばこの本数を減らすなどの対策をしてみるのも方法です。

 

まとめ

 

口内炎の予防には、口の中を清潔にして規則正しい生活をすることです。

 

特にうがいは口内炎を始め、色々な病気の予防になります。

正しいうがいをし方で、色々な病気を予防したいですね。

 

私は、睡眠不足が続くと口内炎ができやすくなります。

基本的ですが、睡眠って大切だなと思います。

 

 

 
「お医者さんの快夢まくら」

スポンサードリンク

 - 美容健康 ,