情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

土用の丑の日に食べるものはウナギだけ?

   

 

土用の丑ウナギ以外

 

土用丑の日にウナギを食べるのは、今では当たり前のようになっていますよね。

 

この習慣が広まったのは、江戸時代ごろだとされていますが、

どうやら食べるものはウナギ以外にもあるようです。

 

何を食べる習慣があるのでしょうか?

 

土用の丑の日にウナギ以外に食べられていたものをご紹介します。

 

関連記事:土用の丑って何の日?

 

「う」の字が付く食べ物を食べる

 

土用の丑の日にウナギを食べるのは、

平賀源内がウナギの宣伝をしたからという話はよく聞きますよね。

 

他にも説があり、丑の日には災難が多いため、

うしの「う」の字がつくものを食べて、災難を逃れようという考えもあったようです。

 

ウナギも「う」の字がついていますが、

夏の土用に食べる、「う」の字が付いていた食べ物が他にもあります。

 

◯ うどん

暑くて食欲がなくても、さっぱりとしていて食べやすく、消化にもいいですよね。

 

◯ うり

すいか(西瓜)、キュウリ(胡瓜)、冬瓜、苦瓜、南瓜など、

水分補給や体を冷やす効果があります。

 

京都では、「きゅうり封じ」という習慣もあります。

 

これは弘法大師の故事に由来するもので、病気を治す祈祷のため、

キュウリで体の悪いところを撫でて、その後に土に埋めるという風習があります。

 

◯ 梅干

梅干に含まれるクエン酸は、疲れを取ったり、食欲を増進させたりする働きがあります。

 

 

まだある!夏の土用に食べるもの

 

「う」の字が付かなくても、夏の土用の時期に食べられているものはまだあります。

 

◯ 土用餅

スポンサードリンク

 

土用に食べるあんころ餅のことを言います。

 

お餅は「力持ち」、あんの小豆には「厄除け」の意味があり、

あんころ餅を食べると病気をせずに過ごすことができると考えられています。

 

小豆には疲労回復のビタミンB1が含まれているので、夏バテには効果がありますね。

 

◯ 土用しじみ

シジミは肝臓の働きを助けることで知られています。

 

昔から「土用しじみは腹薬」と言われていて、

お腹を下したとき、胃腸をいたわるために使われていました。

 

◯ 土用卵

必須アミノ酸が含まれていて、完全栄養食品と言われている卵ですが、

栄養価が高いので、夏の暑い日を乗り切るスタミナ食として食べられていたようです。

 

最近ではウナギの代用もある

 

最近では、ウナギの減少で価格が高騰し、ウナギの代用も行われています。

 

ウナギを売るのと一緒に、牛肉をアピールしたり、

イワシのかば焼き、あなごのかば焼きを売ったりもしています。

 

精進料理として実際に食べられていますが、

豆腐をかば焼きに見立てたものが、売られているのを見かけたことがあります。

 

面白いものでは、ナマズの生臭さを消してウナギ味にする研究が成功したという話もあります。

今後は、他の代用品もでてくるかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

夏の土用に食べられているものは色々ありますが、

どれも暑い日に食べるのにピッタリな食べ物ですね。

 

食べ物で季節を感じるのは、四季がある日本ならではの風習の一つです。

 

今では、年間を通して何でも食べられるようになりましたが、

ウナギをはじめ、色々な食べ物で夏の土用を乗り切りたいですね。

 

 

 

送料無料 紀州南高梅【めちゃくちゃ大つぶれ】梅干し 梅干 はちみつ梅 800g(但し北海道、沖縄¥500)【梅干し 訳あり 送料無料】つぶれ梅 梅 敬老の日 南高梅 【訳あり】【送料無料】【お試し】

 

スポンサードリンク

 - 夏行事