情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

土用の丑は1年に複数回あること知っていますか?

   

 

土用の丑複数

 

土用の丑と聞くと、そろそろ夏本番だなと気分になりますよね。

 

そんな土用の丑の日。

1年に1回だけだと思っていませんか。

 

実は、土用丑の日は年に1回ではないのですよ。

 

どうして何回もあるのでしょう?

その答えについてお伝えします。

 

関連記事:土用の丑の日の由来とは?どうして広まったの?

土用の丑って何の日?

 

土用丑の日は年に6回もある!その仕組みは?

 

土用丑の日は、年に約6回あります。

約6回ある理由は、土用と丑の日の意味を考えるとわかります。

 

◯ 土用とは、季節の変わり目の18日間

土用とは、古代中国の陰陽五行の一つです。

五行とは、木、火、金、水、土の5つです。

 

春、夏、秋、冬を木、火、金、水にあてはめ、

残る土は、それぞれの季節の間の18日間を表します。

 

土用は年に4回あり、それぞれ・・・

 

春の土用…立夏の前約18日間  4/17~5/4

 

夏の土用…立秋の前約18日間  7/20~8/6

 

秋の土用…立冬の前約18日間  10/20~11/6

 

冬の土用…立春の前約18日間  1/17~2/3

 

になります。

 

◯ 丑の日は12日に1回くる

丑の日の「丑」とは十二支の一つです。

 

12年に1回、丑年が来るのと同じように丑の日も12日に1回きます。

土用の丑の日は18日間のうちの一日なので、18日間の間に1~2回あることになります。

 

この2つから考えると、年に4回ある土用に丑の日が1~2回くるので、

約6回、土用丑の日があるということになります。

 

 

なぜ夏の土用丑の日だけが知られるようになったの?

 

土用丑の日は年に6回ほどあるのに、

スポンサードリンク

土用丑の日というと夏の土用丑の日を指すのが一般的になっています。

 

なぜ、夏の土用だけが広く知られるようになったのでしょうか?

 

◯ 自然現象を大事にする考えから

日本には四季があるので、他の国民よりも季節の変化を大切にする傾向があります。

 

特に、夏は厳しい暑さを乗り越えるために、色々な工夫をしてきた分、

習慣や風習が生まれて生活の一部となって来たからという考えがあります。

 

◯ 平賀源内が土用丑の日を始めた説

江戸時代に、夏のうなぎ屋の売り上げに平賀源内が一役買った話はよく聞かれますよね。

 

この話の面白さも、夏の土用丑の日が広まった理由の一つだと考えられます。

 

◯ 経済効果を狙ったもの

夏の土用丑の日と言えば、やはりウナギですよね。

 

ウナギ業者や販売業者がウナギを売り出そうとしたアピール、宣伝が、

私たちの頭の中に残って、土用丑の日を強く意識するようになったとも言えます。

 

最近ではウナギの値段が高騰してきているので、

他の業者も便乗して商品を売ろうとする動きもあります。

 

実際には夏の土用丑の日に、「う」の字が付く食べ物。

うどん、瓜、梅干などを食べる習慣もあります。

「丑の日はステーキもおすすめ」という広告を見て、びっくりしたこともあります。

 

こうなってくると、何でもいいのではないかという気にもなってしまいますね。

 

まとめ

 

土用丑の日は年に6回もあったなんて驚きですね。

 

6回もあるなら、その都度ウナギを食べる機会があるのかなとも思いましたが、

やはり家計が気になるところです。

 

最近ではウナギの代用品も出てきていますし、

「う」の字が付けばうどんなどでもいいようですね。

なので1回はウナギ、その他の土用丑の日には他のものを食べようかなと思います。

 

日本人は四季を大切に思う心がありますので、それぞれの土用を楽しめると良いですね。 
 

盛岡冷麺 お試しセット4食分(2食入り×2袋)【送料無料】【岩手】【お土産】【おみやげ】【郷土料理】【岩手名物】【盛岡名物】10P23Apr16 
 

スポンサードリンク

 - 夏行事