情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

【2016年】土用の丑の日はいつ?

   

 

土用の丑2016は

 

2016年の土用の丑の日7月30日の土曜日になります。

 

実は土用の丑の日は年に約6回あることを知っていますか?

2016年は土用の丑の日は7月30日を含め、6回あります。

 

今年の土用の丑の日と共に、マメ知識についてもお伝えします。

 

関連記事:土用の丑の日に食べるものはウナギだけ?

土用の丑の日の由来とは?どうして広まったの?

2016年の土用丑の日は6

 

2016年の土用丑の日は以下の通り6回あります。

 

冬の土用の丑の日(一の丑) …1月20日(水)

 

冬の土用の丑の日(二の丑) …2月1日(月)

 

春の土用の丑の日…4月25日(月)

 

夏の土用の丑の日…7月30日(土)

 

秋の土用の丑の日(一の丑)…10月22日(土)

 

秋の土用の丑の日(二の丑) …11月3日(木)

 

この中で、一般的に土用の丑の日として知られるのは、夏の土用の丑の日になります。

 

同じ土用の間に2回丑の日が来るときは、一回目を一の丑、二回目を二の丑と区別します。

 

◯ 土用の丑の日が年に6回の理由

なぜ、年に6回も土用丑の日があるのでしょう。

 

それは土用と丑の日の意味を考えるとわかります。

土用は季節の移り変わり目の18日間のことで、春夏秋冬ごとにあるので、年に4回あります。

 

丑の日は12日に一回くるので、18日間の間には1~2回くることになります。

スポンサードリンク

 

これが4回続くので、土用丑の日は年6回ほどになります。



 

それぞれの土用の特色はある?

 

夏の土用にはウナギを食べたり、

「う」の字が付く食べ物を食べたりする習慣があると聞いたことはありますよね。

 

その他の土用にも、夏の土用と同じように、特徴があるのでしょうか。

 

◯ 土用の時は、土を触ることは控える、健康に注意

土用とは季節の変わり目の18日間です。

 

土用の期間は、土壌を休めるという意味があるそうです。

畑を耕したり、土を触ったりすること、また引っ越しなどはしてはいけないとされています。

 

育てる植物が季節ごとに変わるため、

土壌を休めて次の植物にひかえるためだと考えられています。

 

現在ではガーデニングも控えたほうが良いのかもしれませんね。

 

季節の変わり目は、気温が変わりやすく、体調を崩しやすいので

健康に注意する時期ともされています。

 

◯ 春の土用に食べると良いもの

春の土用には「い」の字が付くもの、白い食べ物を食べるとよいという風習があります。

 

例えばイチゴ、大根などでしょうか。

 

◯ 秋の土用に食べると良いもの

秋の土用には「た」の字が付くもの、青い食べ物を食べるとよいという風習があります。

 

青魚のサンマは秋が旬ですし、サンマなどがいいのかもしれませんね。

 

◯ 冬の土用に食べると良いもの

冬の土用には「ひ」の字が付くもの、赤い食べ物を食べるとよいという風習があります。

 

冬においしくなるリンゴ、ミカンなどが良さそうですね。

また、食べ物ではありませんが、冬の土用には口紅を買うと良いとされています。

 

丑紅(寒紅)と言って、

寒い冬に作られた口紅は品が良く、唇の荒れを防ぐ効果があるとしています。

 

口紅もちょうど赤いですね。

 

まとめ

 

季節ごとの土用に、食べ物や風習を結びつけるのは、

四季の変化を楽しむことができる日本ならではのように思います。

 

最近では、夏の土用丑の日以外の、土用にもウナギを売ろうとする動きがありますが、

まだまだ広まってはいないようです。

 

ウナギだけでなく、うどんを売り出す広告も見たことがあります。

冬の土用の風習が広がると、化粧品の宣伝にもなるかもしれませんね。 

 

国産極上うなぎを産直でお届け

スポンサードリンク

 - 夏行事 ,