情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

確定申告をしなければいけないのは?必要のない人、したほうがいい人とは?

      2017/01/07

 

PAK85_kakuteishinkokuyabai20140312233602_TP_V

 

新年が明け、正月気分が過ぎると、次は確定申告の時期がやってきます。

 

すでに、昨年末に会社で年末調整を受けている人には確定申告は無縁のように思えますよね。

日本では納税の義務というのがあり、源泉徴収や確定申告は納税の義務には必要なものです。

 

では、どんな人は確定申告が必要なのでしょうか?

個人事業主だけではないの?と思っている方も多いと思います。

 

ここでは、確定申告が必要な人、確定申告をしなくてもよい人、

また、確定申告をしたほうが良い人についてお話しします。

 

確定申告をしなければならない人とは?

 

確定申告は個人事業主だけでなく、会社員であってもしなくてはならない場合があります。

 

○会社員で給与所得がある人

1.給与の収入金額が2,000万円を超える

 

2.給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える人

 

給与所得とはサラリーマンの給与・賞与、パート収入など、退職所得とは退職金、一時恩給などを言います。

 

会社員として働いていても、自分で会社を作っていたり、農業していたりする人もいますよね。

また生命保険、火災保険の満期返戻金など、株の収益金、債券の利子などの合計が20万以上の人は確定申告が必要です。

 

株式の投資の収益については特定口座に入っていれば必要ありません。

 

3.個人事業主の使用人などで源泉徴収が行われていない人

 

4.同族会社の役員やその親族で、会社から支払われる土地、店舗代、貸付金の利子、機械や道具を貸して収入を得た人

 

5.自然災害で被害に遭い、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた

 

6.在日の外国公館に勤務する方や家事使用人の方などで、給与の支払を受ける際に所得税を源泉徴収されないこととなっている

 

○給与所得とは関係のない人

1.個人事業主での収入、アパート経営などの不動産の収入がある人

スポンサードリンク

 

2.年金等の収入がある人

 

3.土地、建物やゴルフ会員権などの譲渡売買をして、収入がある人

 

確定申告の必要がない人

 

収入があっても、申告が必要でない場合もあります。

 

1.会社員で会社が年末調整を行ってくれている人

 

2.所得が基礎控除のみで38万円以下

 

3.公的年金などの収入の合計が400万円以下で、その他の所得金額が20万円以下の人

 

確定申告をしたほうがよい人

 

確定申告をしなければならない人は、納税するために申告しますが、申告をするとお金がかえってくるケースも多くあります。

 

申告によってお金が戻ってくることを還付と言います。

 

○退職した人

退職金をもらった人、退職後、年途中で再就職した人、再就職していない人、いずれも可能性があります。

 

○自然災害や泥棒に入られた、盗難にあった

 

○家を買って住んだ、増築、リフォームなど、家に手を加えた人

住宅ローンを組んで家を買った人、バリアフリーにしたり、増改築した人、

省エネのためリフォーム(太陽光など)をした人はお金が戻ってきます。

 

また、住宅ローンを組んでいなくても

バリアフリーや省エネのためのリフォームをした人、耐震工事をした人は対象になります。

 

持ち家を売って利益があった人、

逆にローンが残っているのに売って損が出た人、買い替えた人は対象になります。

 

○医療費が10万円以上かかった

医療費がたくさん掛かった場合、お金が戻ってくることを知っている人は、多いでしょう。

 

生計を共にしていればであれば単身赴任などで離れていても合計して提出し、還付が受けられます。

 

生計を共にしているというのは、例えば家族がお父さんの給与で生活していて、

学生の仕送り、療養代などを出している人のことを言います。

 

反対に、同居していても給与をもらい、別会計で生活している場合は生計を共にしていることにはなりません。

 

歯の治療、出産に関するお金も計算できます。

美容整形、自分の都合により発生した差額ベッド代、漢方薬の代金などは対象になりません。

 

でも、薬代、病院に行くためのタクシー代なども出ることが多いので、どうかな?と思ったら、

レシート、領収書を取っておきましょう。

 

まとめ

 

日本では納税の義務が法律で決められている以上しっかり払わなくてはなりません。

 

確定申告をしなくてはならないか、再度確認し漏れの内容にしましょう。

 

また、申告をすることによって、戻ってくるお金もありますので、そこはきちんと還付申告をしましょうね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活