情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

風疹の予防接種を受けよう!気になる費用は?

   

 

風疹予防接種

 

感染力が強い風疹を予防するためにはワクチン接種が一番有効です。

 

いざ流行したとしても、ワクチン接種をしていれば安心ですよね。

 

焦ってワクチンを接種する場所を探すことが無いよう、

事前に受診できる病院や、費用について知っておきましょう。

 

関連記事:風疹の予防接種 夜間の対応はどうなっているの?

風疹はどうやって感染するの?

 

子供の風疹ワクチンはどこでも、費用は無料

 

現在、子供の風疹ワクチンは定期接種になっていて、

小学校に入学する前に2回接種しなければなりません。

 

1回目(風疹1期)…1歳~2歳未満

 

2回目(風疹2期)…5歳~7歳未満の小学校就学前(年長)

 

となっています。

 

接種場所は、近くの小児科や総合病院など、

子供の診察を行っていればどこでも接種することができます。

 

多くの場合、予約が必要ですが接種時期以内であれば費用は2回とも無料です。

 

大人の風疹ワクチンの接種場所や費用

 

妊娠前の女性や、近くに妊婦さんがいるので接種したい場合、費用は自己負担になります。

 

費用は、接種できる病院によって差がかなりあります。

安いところで3000円程度、高いと10000円近い医療機関もあります。

 

平均して5000円程度の医療機関が多いです。

 

医療保険は使えませんが、時期や地方自治体によって助成金が出る場合もあります。

 

大人の風疹ワクチンを接種する医療機関ですが、

近くの内科や、かかりつけの病院で接種できれば手間が掛からず楽ですよね。

 

ですがワクチン接種ができる病院は限られていて、自分で探さなければなりません。

 

調べる方法は、以下のようなものがあります。

スポンサードリンク

 

1.住所がある地域の保健所に聞く

 

2.「NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会」のwebページで調べる

 

3.厚生労働省検疫所(FORTH)で調べる

 

1.の保健所ですが、実際に電話をかけてみると、

対応してくれた人によって差がある印象を受けました。

 

何回も電話して確認をしなければならないこともあるようです。

 

2.は独自で調べた結果を載せています。

接種できる場所を探す以外にもタメになる情報が多いので、閲覧する価値はあると思います。

 

すべての医療機関を網羅しているわけではないので、

自分が住んでいる地域が掲載されていない場合もあります。

 

3.が一番、見つけやすく、掲載されている病院が多いです。

 

海外へ行く人のためのホームページですが、

風疹以外のワクチンを接種する医療機関も調べることができます。

 

 

ワクチン接種の前に抗体のチェックもできる

 

ワクチンを打った記憶がなくても、

誰かから風疹をうつされて抗体ができている場合もあります。

 

そういった場合は、ワクチンの抗体ができているかチェックすることができます。

抗体チェックの費用は、多くの自治体で血液検査を無料で行っています。

 

保健所に聞けば、確認できる医療機関を教えてくれますので、

ワクチン接種の前に抗体チェックをするのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

大人のワクチン接種は、少し手間がかかる印象がありますよね。

 

ワクチンの接種を薦めるのに、これだけ医療機関が少ないのは、問題だなと感じます。

 

風疹は流行する前にワクチンを接種することが大切なので、

費用が安くなる事はもちろん、もう少し接種できる医療機関が増えるといいなと思いますよね。

 

 

スポンサードリンク

 - 美容健康 ,