情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

ひな祭りの由来をご存じですか?

      2016/02/12

 

japan-65380_960_720

 

日本人なら誰もが知っている『ひなまつり』

現在では、女の子が主役の行事として私達には認知されていますがあなたは『ひなまつり』の由来を説明できますか?

『ひなまつり』の起源を辿っていくと、なんと3世紀の中国までさかのぼるそうです。

漢の時代の中国、3月3日、生まれて3日目に亡くなった3人の女児を悼む儀式が起源とする説があります。

嘆き悲しむ親のために村人たちが酒を持ち寄り、女の子を清めて水葬したことから、この日は女の子の厄を払い健やかな成長を願う日となったということです。

このような節目の行事に、日本古来の神事や宮中行事を取り入れたのが日本の五節句になります。

ひなまつりも五節句のひとつで、奈良時代から始まりました。そもそも五節句って何?と疑問に思う方もいるかもしれません。

五節句とは江戸時代に幕府が制定した五つの節日をさすそうです。江戸幕府がこれらの五節句を式日と定めたのは、従来の宮廷の伝統的節会を踏襲する意味がありました。

スポンサードリンク

しかしそれ以上に、武士社会と密接な関係がある農村地帯の民俗的な節日を受容し、これに中国式の解釈を施して形成されたと考えられています。

 

『ひなまつり』の話に戻りましょう。

みなさんもよくご存知の「あかりをつけましょうぼんぼりに~♪」のフレーズから始まる『うれしいひなまつり』の歌の意味にも興味深いエピソードがあるそうですよ。

この曲は1935年にサトウハチローさん、河村光陽さんという方々によって作られました。

歌詞に、「お嫁にいらした姉さまによく似た官女の白い顔」というフレーズがあります。

 

この歌詞の意味は「嫁ぎ先が決まった直後に、結核にかかり、亡くなってしまった姉」を指すのではないかという一説もあるみたいですね。しかしながら正確なことは本人にしか分かりません。もう一つのエピソードとして歌詞の間違いもあるとか…。

歌詞では雛人形の最上段にいる男雛と女雛のことを、お内裏様とお雛様と呼称していますが、誤りなんですね。

これは私も間違えて解釈していたのですが正式にはお内裏様とは、男雛と女雛を指し、お雛様とはすべての雛人形を総称しています。これには、驚きましたね。

 

まとめ

今回は『ひなまつり』を取り上げましたが、いかがでしたでしょうか?

日本人にはおなじみの行事も歴史を辿っていくとたくさんのストーリーがある事が分かりますね。

スポンサードリンク

 - 春行事