情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

食中毒を起こしやすい食品とは?どんな症状が出るの?

      2016/06/02

 

食中毒起きやすい食品

 

 

食中毒が起こったニュースを見ると、

「怖いな」「生肉を食べるのは危険だな」などと感じますよね。

 

どんな食品にも食中毒を起こす可能性はありますが、特に注意すべき食品があります。

食中毒の危険が高い食品を知っておけば、

取り扱いや調理に気を配ることができるので未然に防ぐ事が可能ですね。

 

今回は、食中毒を起こしやすい食品やそれぞれどんな症状が出るのかについてお伝えします。

 

関連記事:食中毒とは?どんな症状がある?

 

食中毒を起こしやすい食品

 

◯ 生肉

生肉で食中毒を起こすと、下痢、腹痛、嘔吐、発熱などを起こします。

重度になると手足のしびれ、呼吸困難、最悪のケースでは溶血性尿毒症症候群命を落とす危険があります。

 

生肉はカビが発生したり、

腸管出血性大腸菌O111などが起こりやすく、注意が必要な食品です。

生肉を提供した焼き肉店で食中毒を起こし、

死亡者が出たニュースを聞いたことがありますよね。

 

この事件の後、生肉を食べる機会はかなり減ってしまいましたが、

生に近い、たたきや軽く湯通しした肉を食べる時には注意が必要です。

 

外食で肉を食べる場合は、お店を信用するしかありません。

疑う訳ではありませんが、体調が悪い、高齢者や子供にはこういった食べ物は控えたほうが安心です。

 

生肉の危険は、外食だけではありません。

夏になると、外でバーベーキューをする機会が増えますよね。

 

屋外では冷蔵庫、水道の環境が完全ではないので、生肉の取り扱いには注意が必要です。

クーラーボックスでしっかりと保管し、焼く直前に出すなど細心の注意を払います。

 

肉はしっかり加熱すれば食中毒を起こすことはありませんが、

肉を焼く箸と、肉をお皿に入れる箸が一緒なだけでも、食中毒を起こします。

 

面倒でも、箸の使い分けは徹底してください。

 

◯ さしみ

生で食べられるものが多い魚ですが、保存状態や調理環境が悪いと食中毒を起こします。

 

魚に付いている寄生虫で食中毒を起こすこともあります。

症状として、嘔吐や下痢になることが多いです。

 

◯ 卵

スポンサードリンク

卵は傷んでしまうのも危険ですが、

殻についたサルモネラ菌で食中毒を起こすことがあります。

 

卵にあたってしまうと、嘔吐、腹痛、下痢、発熱などが起こります。

39度以上の熱が出て脱水症状になり、

重症化すると子供や老人が亡くなってしまうケースも稀にあります。

 

日本では、消毒・殺菌がされているので、

スーパーで購入した卵にサルモネラ菌が大量についていることは少ないです。

放し飼いや自然卵を購入した場合は、どれだけ殺菌したかは生産者によります。

 

卵を触った後は手をしっかり洗い、

ケースから出さずにそのままの状態で冷蔵庫で保存するようにしてください。

また、卵の賞味期限は

残っていたサルモネラ菌が卵の中に入ってしまった時に食中毒を起こさず食べられる期限です。

 

賞味期限が切れた卵でも加熱すれば大丈夫ではなく、思い切って捨てる勇気が必要ですよ。

 

◯ 牡蛎

牡蛎などの、貝類は食中毒もよく食中毒を起こします。

 

症状は3日ほどで治まりますが、

激しい下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、38度前後の発熱が起こります。

 

人によっては症状が軽いこともありますが、

貝類に発生するウイルスは感染力が非常に強いです

 

分からない植物は食べない

 

畑や、山に生えているキノコや野草を食べてしまって食中毒を起こすことがあります。

 

キノコは、売られているもの以外は食べてはいけないと言われるほど、

見分けがつきにくく、症状も重いものがあります。

 

嘔吐、下痢、などに始まり、幻聴や幻覚、けいれんが起こることもあります。

 

きのこだけでなく、危険なものはまだあります。

 

例えば、畑などに自生するスイセンです。

花が咲けばスイセンだとわかりますが、

花が咲く前の葉だけの状態は、ニラととても似ています。

 

畑や庭に自生しているので、ニラと勘違いしてうっかり食べると、嘔吐などを起こします。

見た目は非常に似ていますが、スイセンにはニラ特有の香りがしません。

 

畑に生えていたとしても、植えた覚えがなかったり

なんの植物が特定できない場合は、食べないようにしましょう。

 

まとめ

 

食中毒の症状は下痢や嘔吐だけではありません。

命にかかわる事例もたくさんあります。

 

少しでも、変色、ニオイがおかしいものは避けるのが安心です。

また、庭や畑に自生している植物を簡単に食べないようにしましょう。

 

我が家でもスイセンが自生し、「ニラではないか?」という話になりましたが、

そのままにして食べませんでした。

 

しばらくすると、やっぱり花が咲いて、スイセンだと判明しました。

食べなくて本当によかったです。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康 ,