情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

皮脂汚れがスッキリ!衣類や寝具の洗い方のコツを教えます!

   

 

衣類・寝具の皮脂汚れを落とす方法

 

ブラウス、シャツの襟汚れ、枕カバー、寝具の皮脂汚れって気になりますよね。

 

黒ずみや黄ばみはもちろん、シャツや枕カバーが臭うのではないかと心配になります。

 

衣類や寝具の汚れは、皮脂と空気中の酸素が化学反応を起こし、酸化して黄ばみになります。

普通に洗濯機で洗っただけでは、綺麗にならない場合があります。

 

今回は、衣類、寝具の皮脂汚れをきれいに落とす方法いついてまとめました。

 

毎日のお洗濯に役立ててくださいね。

 

軽い汚れならボディーシャンプーで洗う

 

汚れが大きくなく、軽い汚れなら、ボディーシャンプーで落とすことができます。

 

ボディーシャンプーは、体の皮脂汚れを取る石鹸なので、

まずはこの方法で落とせるか試してみます。

 

ボディーシャンプーを付けて、軽く歯ブラシでこすり、洗い流します。

後は、普通に洗濯機で洗うだけです。

 

家庭で頻繁に洗う子供のブラウス程度なら、この方法でほとんど落とすことができます。

 

手も荒れることがないので簡単で、安心ですね。

 

頑固な皮脂汚れを落とす方法

 

◯ 重曹と洗濯用漂白剤を使う

重曹は掃除で何かと重宝しますが、皮脂を分解する働きがあり洗濯にも使えます。

さらに皮脂を分解させる漂白剤も一緒に使います。

 

40度程度のぬるま湯に、重曹と漂白剤を混ぜた中に、衣類や寝具を1時間ほど付けておきます。

水でもいいのですが、漂白剤の効果はお湯のほうが発揮されます。

 

その後、衣類や寝具の水を絞り、いつも通りに洗濯するだけです。

 

◯ 台所洗剤を使う

台所洗剤はかなり強力な洗浄力があり、油汚れにはとても効果的です。

 

まず、台所洗剤で衣類や寝具を洗います。

スポンサードリンク

シミや黄ばみが部分的にある場合は歯ブラシを利用します。

 

かなり汚れが取れるので、一度ざっと洗います。

 

次に40度程度のお湯に漂白剤を入れ、しっかり泡立てた中に衣類や寝具を入れて、

1時間ほど付けて置いた後、いつも通りに洗濯します。

 

台所洗剤を利用するときは、手が荒れないようにゴム手袋など着用するようにしてくださいね。

 

◯ 煮洗いをする

これは最終手段になりますが、

ステンレス製の鍋に水と酸素系漂白剤を入れて煮て15分ほどにて、1時間ほど放置します。

その後、普通に洗濯機で洗います。

 

衣類の生地によってはできないものがありますが、麻か綿素材のものなら問題ありません。

ウール素材は絶対に縮むので、煮洗いはできません。

 

酸素系漂白剤は、液体よりも粉末洗剤が洗浄力は強くなります。

 

布団を洗うならコインランドリーを利用してみる

 

布団も汗や皮脂がしみこんでいます。

寝具は干すことは簡単ですが、なかなか洗うことはできませんよね。

 

洗える布団もあり、自宅のお風呂場で洗うこともできますが、かなり大変で重労働でした。

業者に頼めば簡単にきれいになりますが、費用が掛かりますよね。

 

そこでおすすめなのが、コインランドリーです。

最近では布団を洗うことができる、大型の洗濯機を置いているコインランドリーが増えています。

 

持っていく手間はありますが、業者に頼む費用を考えれば、かなり安く洗うことができますし、

自分で洗う手間も省けるので楽ちんです。

 

簡単にきれいになるので、おすすめですよ。

 

まとめ

 

頑固な皮脂汚れも、洗剤の特性を活かせば、自宅でも意外と簡単に綺麗にすることができますね。

 

皮脂汚れは放置すればするほど、汚れが落ちにくくなり手間がかかります。

 

シーツなどの大きな寝具は毎日洗濯することはできませんが、

枕カバーなどは、衛生面から考えても毎日洗うほうが安心です。

 

我が家でも、枕カバーや枕用のタオルは3枚ほど準備していて、毎日取り換えるようにしています。

顔に直接触れるものですし、洗い立てのカバーはさらっとして気持ちがいいですよ。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 美容健康 ,