情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

多汗症の治療法にミョウバン水を使ってみよう!

      2016/07/10

 wakiase-1

顔に手に脇に汗がどっさり、止まらない病気が多汗症です。

 

病院行ったり薬を使ったりしたらお金もかかるし、多汗症ってばれたくもない・・・

 

ミョウバン水っていいよって聞いたことがあるけどどうやって作るの、使い方は?。

 

ここでは、ミョウバン水の作り方、使用法、注意点をお伝えします。

 

簡単に作れるミョウバン水の作り方

 

〇材料

ミョウバン 25g

水 750ml~1000mlぐらい入るふた付き容器(熱湯OKのもの)

 

スプレーボトル、ポンプボトル

 

1.1000mlの容器にミョウバンをいれる

2.水を入れる

3.ふたをしてしっかり振る

4.ミョウバンが溶けるまで2.3日振る

※ミョウバンが完全にとけるまでには2.3日かかるので

底にたまってきたら難度も振ってください。

5.完成したら濃度が濃いので、10~30倍にしてスプレーボトルやポンプボトルにいれる。

 

〇使い方

使い方は汗がでる箇所に塗るだけです。

たっぷり塗るなら、ポンプボトルが、持ち歩くならスプレーボトルが便利ですよ。

 

大量に作るのでお風呂にも入れてしまいましょう。

スポンサードリンク

 

浴槽(約200lの湯)に30~70ml、肌の様子を見て量を調節しましょう。

 

汗が抑えられるだけでなく、脇のにおいにも効果があるそうです。

肌もすべすべになるそうですよ。

 

他にも洗顔にも使えます。

その場合、洗面器などでうすめて使いましょう。

 

肌の引き締め、ニキビにも効果があるそうです。

 

作り方、使用上の注意点は?

 

〇作るときに注意することは

ミョウバン水は手作り化粧品になります。

 

自宅で作るのでまず、作る前に手を洗い、消毒しておきましょう。

 

ミョウバン水を作る容器、スプレーボトルなども

熱湯消毒かアルコール消毒しておきましょう。

 

熱湯が大丈夫な容器をすすめるのはこのためです。

 

〇使用上、注意することは

大量につくるので残るとおもいますので、残ったら冷蔵庫で保管してください。

 

一ヶ月ぐらいもつとはいわれていますが

安全のためには一週間で使い切ることをおすすめします。

 

手作り化粧水で、無菌状態で作った訳ではないので

どうしても雑菌がつきやすいですからです。

 

使っていて肌に異常が現れたら使用を中止して皮膚科を受診しましょう。

 

ミョウバン水は酸性なので、ぴりぴりとした刺激があることがあります。

特に肌が敏感な方は、腕の内側に少量をぬって反応を見るパッチテストをおすすめします。

 

お風呂に入れる際は、あまり濃いと浴槽を傷めることがありますので注意しましょう。

 

もし、お風呂の取り扱い説明書があれば確認しておくと安心ですね。

 

まとめ

 

気になる多汗症が簡単に抑えられれば嬉しいですよね。

 

治したいのに、反って肌が荒れてしまったなんてことがないように

使用量や使用方法を守って使いたいですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 美容健康 ,