情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

おにぎりを食べて痩せる!?おにぎりダイエットとは?

   

 

おにぎりを食べて痩せる!おにぎりダイエットとは?

 

「おにぎりを食べてもダイエットできるの!?」

と最近、話題なのが「おにぎりダイエット」です。

 

おにぎりは、ダイエットの敵である炭水化物の塊のようなものです。

 

どうして、そんなダイエットが実現するのか、疑問ですよね。

でも、ご飯を食べて痩せられるなら試してみたくなりませんか?

 

今回は、おにぎりダイエット方法や痩せる理由などについてお伝えします。

 

関連記事:炭水化物抜きダイエットの成功の秘訣とは?

 

おにぎりダイエットとは?なぜ痩せるの?

 

◯ おにぎりと野菜中心の食生活をするダイエット

毎食おにぎりを食べて、あとは野菜と水分を摂るだけのシンプルなものです。

 

炭水化物はダイエットには不向きとされていますが、

そのおにぎりを食べて満足感も得られるので、とても注目されています。

 

日本人は主食としてご飯を食べているので、日本人向けのダイエットと言えます。

 

◯ 日本人の体に合った食生活で痩せる

炭水化物を摂って、なぜ痩せられるのか不思議ですよね。

 

先にもお話ししましたが、日本人は昔からご飯を主食とし、

野菜を食べてきていたため、体は穀物の消化に向いています。

 

しかし、食生活の変化から、ラーメン、パスタやパンなどの他の炭水化物を食べたり、

お肉などの脂肪分が多い食事をするように変わりました。

 

日本人は、もともとそれらの食べ物を消化していく酵素が少ないので、

余分なエネルギーとして溜まり、脂肪となり肥満へつながります。

 

おにぎりダイエットでは、ご飯と野菜を食べることで本来の日本人の体に近づいていくため、

カロリーを消費しやすくなり、痩せやすくなります。

 

また、同時に野菜と穀物しか食べず脂肪の消化の必要がなくなるので、

腸を休めることになり、腸内から健康にもなれます。

 

おにぎりダイエットの方法

 

もう少し、詳しくおにぎりダイエットの方法をお伝えします。

 

◯ 1日2~3合のおにぎりを食べる

基本は1日2~3合のおにぎりと野菜を食べるのがルールです。

 

1日の活動量を考えると、朝は1~2個、昼は2~3個、

夜は1個と野菜または野菜のみが目安になります。

 

水分は水か、ノンカロリーのお茶、コーヒー、紅茶にはお砂糖は入れてはいけません。

ジュースも糖分が多いので、禁止です。

 

◯ 肉、魚は食べない

スポンサードリンク

おにぎりダイエット中は、肉や魚などの脂肪分は食べません。

 

おにぎりの中に入れるのもダメです。

また、野菜にかけるドレッシングも脂肪につながるので、控えるようにします。

 

◯ ラーメン、パスタ、パンなども食べない

同じ穀物でも、ラーメン、パスタなども食べてはいけません。

 

トウモロコシ、枝豆、ジャガイモなども糖分が高いので禁止です。

とにかく、ご飯以外の炭水化物は食べてはいけないのがルールです。

 

おにぎりダイエットの注意点

 

おにぎりダイエットには、成功のための注意点がいくつかあります。

 

◯ 激しい運動は避ける

おにぎりダイエットの時は、激しい運動は避けます。

 

激しい運動をすると、腸の健康状態が不安定になり健康になりにくくなります。

 

◯ 減量目標体重は体重の5%、期間は3週間が限度

おにぎりダイエットは短期集中型のダイエットです。

 

短期間で体重を落とすと、体に負担をかけ、

めまいや貧血などの症状が出る危険性があります。

 

また、ある程度の食事制限をしているので、カロリー摂取量が少なくなっています。

 

ずっと少ないカロリーは不健康のもとですし、

新陳代謝が悪くなり、痩せにくくなります。

 

どんなに長くても、3週間以上は続けないようにしてください。

 

◯ 足りない栄養はサプリメントで補う

ご飯と野菜ばかりでは、たんぱく質や鉄分などが不足しやすくなります。

 

健康的にダイエットが終了できるように、

不足している栄養素はサプリメントで補充してください。

 

◯ ダイエット終了後の食事に気を付ける

短期集中型ダイエットにはありがちなことですが、ダイエットが終わった解放感で、

肉や魚、お菓子などを一気に食べると、すぐにリバウンドします。

 

リバウンドを繰り返すと、今後ダイエットが成功しない原因にもなります。

 

おにぎりダイエットが成功して終了した後も、

バランスの取れた食生活を心がけてくださいね。

 

◯ 痩せ型の人には効果があまりない

痩せ型の人はダイエットをする必要はないのですが、

おにぎりダイエットではほとんど効果がありません。

 

これ以上減量する必要もないのですが、

食事制限をすることで、体調が悪くなることもあります。

 

痩せ型の人は、減量よりも

むくみを取ったり、筋力をつけて引き締めるダイエットがおすすめと言えます。

 

まとめ

 

おにぎりダイエットでは、減量はもちろん、

腸内を健康にすることで、体質改善が期待できます。

 

おにぎりダイエットを終了した後は、バランスの取れた食事をしながら、

筋肉をつけ脂肪を燃焼する運動中心のダイエットに移行してください。

 

期間が短くて減量を実感できるのは、嬉しいですよね。

 

ご飯を我慢できずにダイエットに失敗し続けた人は、

おにぎりダイエットなら、うまくいく可能性が高いです。

 

ぜひ、一度挑戦してくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康 ,