情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

驚きの減量効果!8時間ダイエットってなに?

   

 

驚きの減量効果 8時間ダイエットとは

 

短期間で減量ができ、好きなものを食べて痩せられたら嬉しいですよね。

 

そんな時は、腸も元気になる8時間ダイエットがおすすめです。

 

シンプルな方法なのに、減量の効果はとても高く、

1週間で4キロ痩せたケースもあります。

 

8時間ダイエットはどんな方法で行えば成功するのか、知りたくなりますよね?

減量以外にはどんな効果があるのでしょうか。

 

今回は、8時間ダイエットの方法、効果についてお伝えします。

 

関連記事:短期間で美味しく痩せる!ところてんダイエットとは?

 

8時間ダイエットとは?具体的な方法はどんなもの?

 

◯ 8時間は何でも食べてよいダイエット

8時間ダイエットは1日のうち、8時間は好きなものを食べて良いというダイエットです。

残りの16時間は、水分のみで生活します。

 

睡眠時間の約6時間を除くと、10時間は何も食べられない計算になります。

 

食べられない時間が長く続くように感じるかもしれませんが、

好きなものが食べられて満足感もあるので、辛いと感じることはそれほど多くありません。

 

◯ 8時間ダイエットの方法

それでは、8時間ダイエットの方法を詳しく見ていきましょう。

 

1)16時間は固形物を食べない

まず、基本は8時間だけ食事をして残りの16時間は食べないことです。

 

8時間しか食事ができないので、1日2食になります。

食事をしない時間を多く持つことで、消化器官を休め胃腸をいたわることができます。

 

8時間であれば何を食べても良いのですが、

8~9時の間に食事ができる時間が終わるのが理想です。

 

2)8種類の食べ物を食事の中に取り入れる

何を食べても良いのですが、1日の食事の中に、

以下の8種類の食べ物から、2種類を食事に取り入れます。

 

・卵と脂身の少ない肉

・乳製品

・ナッツ類(ピーナッツ・くるみ など)

・豆類

スポンサードリンク

・ベリー系の果物(いちご・ブルーベリー など)

・色の明るい果物(りんご・オレンジ など)

・穀物(玄米・全粒粉パンがおすすめ)

・緑の葉野菜

 

3)糖分の多い飲み物はNG

食事ができない16時間の間は、水分のみを摂ることになりますが、

その時の飲み物にも注意が必要です。

 

代謝がアップし、排泄をスムーズにするために水分はしっかり摂る必要があります。

水分の基本はノンカロリーの飲み物です。

 

一番おすすめの飲み物は、水かノンカロリーのお茶(麦茶、緑茶、烏龍茶など)、

就寝前にはノンカフェインのものを飲むようにします。

 

糖分たっぷりのジュースや炭酸飲料は控えます。

コーヒーもカフェインが多いので、3杯程度にします。

 

十分な睡眠は食欲を抑えてくれるので、

夜にコーヒーを飲むと睡眠の妨げになり、ダイエットがつらくなります

 

飲むときは、牛乳や砂糖もなしのブラックにしてくださいね。

 

4)軽い運動を取り入れる

このダイエットには、軽い運動を取り入れるのが効果的です。

1日8分程度の運動をするように心がけてください。

 

◯ 8時間を10時間に変更してもよい

仕事や学校に行っていると8時間以内の食事が難しいこともあります。

 

そんな時は8時間を10時間に変更したり、1日おきにしたりしてもかまいません。

 

ポイントは時間内に食事をすることではなく、

食事を作らない時間を作り、胃腸を休めることです。

 

8時間ダイエットが失敗する理由

 

8時間ダイエットは成功率が高いのですが、一方で

「痩せなかった」「太ってしまった」というケースもあります。

 

これにはいくつか考えられる理由があります。

 

◯ 8時間で大量に食べすぎている

1番に考えられる理由は食べすぎです。

 

8時間は何でも食べても良いのですが、

量も考えずに食べてしまって、カロリーオーバーになります。

 

8時間ダイエットはどれだけ食べてもいいダイエットではありません。

勘違いをすると失敗します。

 

◯ 野菜不足、水分不足で便秘になった

何でも食べていいからといって、

肉ばかりで野菜を食べなければ、食物繊維が減り便秘になりやすくなります。

 

また、水分不足で代謝が悪くなることも原因の一つです。

 

まとめ

 

8時間ダイエットを成功させるには、何でも食べられるという魅力を見るだけでなく、

8種類の食べ物を積極的に食べること、運動することを忘れてはいけません。

 

何を食べても良いと言われても、やはりバランスは大切です。

また、食事ができない16時間を乗り越える忍耐も必要ですね。

 

我慢に自信がある人は、効果はとても大きいダイエットなので、

短期間勝負で挑戦してみてはいかかでしょうか。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康