情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

ハッカ油とは?ハッカ油の効果を知って活用しよう!

      2016/07/12

 

ハッカ油とは?ハッカ油の効果やハッカ油スプレーの作り方

 

今、ハッカ油に注目が集まっています。

 

ハッカと聞くと、スースーするキャンディーなどのイメージがありますよね。

でも、ハッカのすごさは、ひんやり感だけではありません。

 

生活のあらゆるシーンで、大活躍なのです。

ハッカにはどんな効果があるのでしょうか?

 

今回、ハッカ油の効果やとっても便利なハッカ油スプレーの作り方についてお伝えします。

 

関連記事:ハッカ油の清涼感の秘密とは?~お風呂に入れてひんやり~

 

ハッカ油とは

 

ハッカ油とは、ハッカソウというシソ科の植物の葉や茎を乾燥し、

蒸留して取り出した精油のことです。

 

日本名はハッカですが、英語で言うと、「ミント」と言います。

ハーブティーやハーブ専門店のアロマオイルは「ミント」の名前が使われているので、

こちらの呼び方に馴染みがあるかもしれませんね。

 

ハッカ・ミントと言えば、ガムなどの清涼感が思い浮かびますが、

色々な使い道や効果があるので、今話題になっています。

 

ハッカ油の効果とは

 

それでは、一体どんな効果があるのかをご紹介します。

 

◯ お風呂でひんやり効果

浴槽にハッカ油を3,4滴入れると、お風呂上りが涼しく汗が引いていきます。

 

洗面器に、2.3滴入れてかぶるだけで頭もひんやりします。

 

また、シャンプーに1,2滴入れるといつものシャンプーが

クールシャンプーに変わり、頭皮が涼しく感じます。

 

◯ 化粧水に入れる

化粧水にも、たった1滴入れるだけで、スーッとした感触になります。

 

ひんやり感があり、気持ちがいいです。

 

◯ 耳掃除に

耳掃除に水で薄めたハッカ油を付けて掃除すると、耳の中に清涼感が溢れますよ。

 

殺菌効果もあるので、耳を清潔にできます。

 

◯ マウスウォッシュのかわり

コップ1杯の水に1,2滴入れるだけで、

口の中の不快感がなくなります。

 

◯ 湿布薬の代わり

膝や腰の痛みにも使えます。

お湯を入れた洗面器の中に、2滴ほどハッカ油をいれてタオルを浸します。

 

そのタオルを痛い患部におき、タオルが冷たくなるまで当てておきます。

タオルを外すと湿布を貼ってるような感覚になりますよ。

 

また、発熱などの時にも冷却ジェルシートの代用にもなります。

 

◯ 拭き掃除に使う

水を入れたバケツに数滴まぜた中に、

雑巾を入れて拭き掃除をすると部屋の中がすっきりします。

 

殺菌効果で、虫も来なくなります。

 

◯ 消臭剤に使う

ハッカスプレーを

ゴミ箱や、三角コーナーに吹きかけておくだけで消臭ができます。

 

靴に吹きかけると、殺菌効果で臭い菌も減らしてくれます。

ハッカスプレーの作り方はこのあと説明しますね。

 

◯ お風呂掃除に使う

お風呂掃除にはハッカ油+クエン酸です。

 

クエン酸とハッカ油と水を混ぜて浴槽を洗うと、

いつもの洗剤よりずっとよく落ちます。

 

ハッカ油にはカビ防止効果もあるので、お風呂掃除にはもってこいです。

 

◯ 洋服のカビ防止、暑さ対策

このカビ防止効果は、洋服にも使えるのです。

シュッとスプレーするだけで、タンスの中の衣類を守ります。

 

また、暑い日の外出にも役立ちます。

洋服を着る前に、スプレーを振りかけると衣類が冷たく快適になります。

 

◯ 制汗スプレー、リフレッシュに使う

外出の時にハッカ油スプレーを使うと汗が引き、リフレッシュ効果があります。

 

また寝苦しい夜に、

枕や寝具に振りかけておくと、涼しさを感じてよく休めますね。

 

◯ 虫よけに

虫はハッカ油の香りが大嫌いです。

スポンサードリンク

 

ハッカ油スプレーを網戸などに使うと、虫が来なくなります。

拭き掃除に使えば、アリなどが外から上がってくるのを防ぎます。

 

また体にスプレーすると蚊が寄ってこなくなります。

 

◯ 眠気覚ましに

仕事中の眠気やドライブ中の睡魔にシュッとひと吹きで、目が覚めます。

 

イライラ解消や、集中力アップにもつながります。

 

ハッカ油スプレーの作り方

 

◯ ハッカ油スプレーの材料と作り方

 

(ハッカ油スプレーの材料)

・ハッカ油

・無水エタノール

・精製水

 

この3つが基本です。

用途にとって、材料を追加することがあります。

 

(作り方)

1.無水エタノールとハッカ油を混ぜる

2.精製水を混ぜる

 

たったこれだけです。

 

水とハッカ油は混ざりにくく、分離してしまいます。

最初にエタノールとハッカ油を混ぜるのがポイントです。

 

その後、水やその他の材料を加えます。

 

出来上がったら、

必ずポリプロペンなどの耐アルコール性のスプレー容器に入れてください。

 

ハッカ油スプレーの効果は約1週間です。

それ以降は効果があまり期待できません。

 

使う前にしっかり振ることを忘れないようにしてくださいね。

また、猫にはハッカの成分が良くありません。

 

ペットがいる家庭では、使用場所を考えるか避けたほうが無難ですね。

 

用途によって分量が変わってくるので、下の分量を参考にして作ってくださいね。

 

◯ 虫よけスプレーとして使う

ハッカ油…20~60滴

無水エタノール…10ml

精製水…90ml

 

ハッカ油の濃度が高いほど、虫よけ効果が高まります。

 

◯ 体や洋服に使う場合

ハッカ油…5滴

無水エタノール…10ml

精製水…90ml

 

洋服、布製品のカビ取り、制汗スプレーとして使います。

 

◯ 消臭スプレーとして使う

ハッカ油…10滴

無水エタノール…10ml

精製水…90ml

 

◯ トイレやお風呂掃除に使う場合

無水エタノール…10ml

ハッカ油…2~3滴

精製水…480ml

クエン酸…ティースプーン1杯

 

ハッカ油の購入場所は?

 

ハッカ油は薬局、ドラッグストアで購入することができます。

 

クエン酸やホウ酸、重曹などが置いてあるコーナーに一緒にあることが多いです。

ハッカ油スプレーを作るための無水エタノールも一緒に並んでいますよ。

 

また、ドラッグストア以外ではホームセンターでも購入できます。

もし、近くの店舗で販売されてない場合は、ネットが便利ですね。

 

 

まとめ

 

ハッカ油の特徴は、清涼感、殺菌作用、防虫の3つです。

 

この特徴のおかげで、家のいたるところを掃除、殺菌できます。

 

また、値段が手ごろなのも魅力です。

1つ20ml入りが500円程度で購入できます。

 

無水エタノールが500mlで1000円程度なので、

1500円でたくさんのスプレーができてしまいます。

(ハッカ油は1滴0.05mlなので1便で400滴分です)

 

効果抜群でお財布にも優しい、ハッカ油をぜひ利用してみてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 ,