情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

クマの解消法を知ろう!~クマのタイプ別にご紹介~

      2016/08/04

 

タイプ別 クマの解消法

 

クマがあると、鏡を見るたびに目の下が気になってしまいます。

 

何だか疲れている、老けたように見えてしまうので、困ってしまいますよね。

クマが消えたらどんなにいいだろうと思いませんか?

 

クマには、茶色、青色、黒色の3種類があり、クマの解消法も違ってきます。

今回は、クマの種類別の解消法についてまとめました。

 

毎日のケアですっきり、明るい目元を手に入れましょう。

 

 

関連記事:目の下のクマの原因とは?クマには種類があります!

関連記事:気になるクマはメイクでカバーしよう!ひどいクマは病院で治療できる?

 

 

茶クマの解消は美白がポイント

 

茶クマの原因は色素沈着です。

 

紫外線によるメラニンや、

目の周りをこする事により色素が茶色になり、シミになっています。

 

これを解消するには美白が効果的です。

 

美白効果のある化粧品を使い、メラニン対策をしつつ、

これ以上メラニンを作らないようにしっかり紫外線対策・UVケアをすることが必要です。

 

化粧品が外からのケアをしたら、ビタミンCを多く含む食品をとって

内側からのケアも怠らないようにします。

 

また化粧の洗い残し、汚れは色素沈着の原因になるので、丁寧な洗顔を心がけます。

 

ただしゴシゴシ洗うのは、皮膚への負担になり、

色素沈着の原因になるので注意してくださいね。

 

青クマの解消は血行促進が効果的

 

青クマの原因は、血行不良です。

 

血行を促進するために、マッサージが効果的です。

スポンサードリンク

 

マッサージは、薬指にクリームを付けて、

目の内側からこめかみにかけて、円を描くように動かします。

 

円を描きながら、血液を流すイメージで行います。

目頭→下まぶた→こめかみ、目頭→こめかみの順番に指先を動かします。

 

この時に力を入れたり、皮膚を伸ばしたりしないように気を付けます。

 

目のクマを解消するためのコラーゲン強化には、

コラーゲンサプリは効果がありません。

 

レチノール入りの化粧品を使います。

 

レチノールにはピーリングの効果があり、

皮膚の奥深くにあるコラーゲンのサポートをして、目元をふっくらさせてくれます。

 

体の冷えもよくないので、

冷たい飲み物や食べ物を摂り過ぎないように心がけましょう。

 

黒クマの解消にはツボ押し

 

黒クマの原因は加齢によるたるみやむくみです。

 

むくみを解消するために効果的なのはツボ押しです。

 

まず、目尻のこめかみ辺りのくぼみを押します。

 

このツボは目の周りのむくみに効果的で、

「眼医者殺し」と言われるほど、目の疲れを取ってくれます。

 

もう一つは、目の下の真ん中から、親指一本分下に位置するツボを押します。

顔全体のむくみ、くすみにも効果があります。

 

ツボを押すときは、ゆっくりと優しく押します。

 

押す時間は1回5秒、3~5回ほどにし、たくさん押しすぎないのがポイントです。

 

また、青クマの解消と同様、

レチノール入りの化粧品で、コラーゲンの強化も行います。

 

コラーゲン入りのクリームを塗ってツボ押しをすると、

どちらのケアも簡単にできますよ。

 

まとめ

 

クマの解消は種類ごとに方法が違うので、

まずは自分のクマがどのタイプか見極めることが肝心です。

 

そしてケアするときは、力を入れないように頑張りすぎないことがポイントです。

 

目の周りの皮膚は薄いため、刺激に弱く、伸びやすいです。

頑張ってケアしたのに、余計にたるんでしまう危険もあります。

 

できるだけ優しくケアするようにしましょうね。

 

また、ストレスが溜まったり、寝不足になる

どんなケアをしても効果がありません。

 

眠る前は目を温めて眠るようにすると、目の疲れも取れてクマが早く解消しますよ。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 ,