情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

夏バテしていない?セルフチェックと予防対策について

      2016/08/09

 

夏バテしていない?セルフチェックと予防対策について

 

 

自分は健康に自信がある、暑さには強いから夏バテなんかしないと思っていませんか?

 

その油断が夏バテを起こしてしまうかもしれませんよ。

 

まずは、夏バテしていないかセルフチェックしてみませんか?

大切なのは、夏バテを予防することです。

 

今回は、夏バテのセルフチェックの方法と、予防対策についてお伝えします。

 

関連記事:夏バテの症状と原因とは?

関連記事:夏バテしない水分補給の方法と夏バテ知らずのレシピの紹介

 

夏バテしてない?セルフチェックで確認

 

まずは、以下の項目にどれだけ当てはまるかチェックしてみましょう。

 

□食欲がない 食事を作りたくない

 

□ ついつい冷たく、さっぱりした物ばかり食べる

 

□ 冷たい飲み物をたくさん飲む

 

□ 野菜はあまり食べない

 

□ 冷房の効いた部屋にいることが多い

 

□ 屋外にいる時間が長い

 

□ 寝るときはエアコンをずっと付けている

 

□ 眠りが浅い、あまり眠れていない

 

□ シャワーですませ、湯船につからない

 

□ 運動はしない

 

どれぐらい当てはまりましたか?

 

1つでも当てはまった場合は、夏バテ予備軍の可能性があります。

それでは、日常生活でどういった事を気を付ければ予防できるのでしょう。

 

次は、その方法をご紹介します。

 

夏バテ予防法

 

◯ エアコンの設定温度を考える

最近では最高気温が35度を超えることも少なくありませんよね。

 

それに対して室内はクーラーが効いて、温度は25度ぐらいになっていませんか。

 

気温差が5度以上を超えると、自立神経が乱れて体温の調節が出来なくなる為

だるい、イライラするなどの夏バテの症状が出てきます。

 

クーラーの温度設定は、外気温との差が5度以内にするようにします。

それでも暑い場合は、首元を冷やすなどの対策を取りましょう。

 

◯ 食事を考える

食欲が無くなると、食事量がどうしても減ってしまい、栄養不足になってしまいます。

スポンサードリンク

 

食事量をすぐに元に戻すことは難しいので、少量でも栄養価の高いものを食べるようにします。

 

さっぱりしている食べ物を食べる時も、栄養のバランスを考え、

ビタミンやミネラル、たんぱく質がある食材を少しずつでもプラスすることも効果的です。

 

それでも食事が喉を通らない場合は、サプリメントで栄養補給するのも方法のひとつです。

 

◯ こまめな水分補給をする

脱水症状を防ぐためには、こまめな水分補給が必要です。

 

一度にたくさん飲むのではなく、喉が渇いたと感じる前に、飲むことがポイントです。

 

また、冷たいものは口当たりがよいですが、大量に飲むと胃腸が弱ってしまいます。

水分補給は常温のものが基本です。

 

◯ よく眠る、眠れる環境を整える

夏バテを予防するためには、疲労は大敵です。

 

しっかり睡眠をとって疲労回復を心がけます。

とは言え、熱帯夜が続けば寝つきも悪く、眠りが浅くなってしまいますよね。

 

適度な室温にするために、タイマーセットするなどクーラーを上手に利用しましょう。

また、氷枕を利用すると気持ちよく眠れるので、試してみてくださいね。

 

◯ 軽い運動をする

適度な運動は、生活リズムを整え、自律神経を正常にしてくれます。

 

汗を大量にかくような運動ではなく、じんわり汗をかく程度の運動が適しています。

朝の涼しい時間を利用したウォーキング、夏休み中ならラジオ体操などもおすすめです。

 

◯ ぬるめのお風呂にゆっくり入る

暑い日が続くとお風呂に入るのも面倒になり、ついシャワーだけになりますよね。

 

でも、クーラーが効いた部屋にいると

体は想像以上に冷え、自律神経が乱れる原因になります。

 

また、適度な汗をかくことは、汗腺を鍛えるので体温の調節機能も整います。

 

一日の終わりにはぬるめのお風呂にゆっくり入り、体をほぐしてあげてくださいね。

 

◯ 病院で治療を受ける

予防法ではありませんが、

夏バテになり、どうしようもない状態になった時は病院での治療が有効です。

 

点滴をしたり、必要なビタミン剤などが処方されます。

夏バテが悪化すると、抵抗力の低下から夏風邪を引いたり他の病気に罹りやすくなります。

 

できるだけ早く回復することが大切です。

 

まとめ

 

セルフチェックをしてみると、

「あれ?当てはまる!」と驚くことも多いのではないのでしょうか。

 

自覚していなくても、夏バテになっていて、急に倒れる…なんてことも珍しくありません。

 

夏バテには、規則正しい生活が一番です。

夏休みだからと、夜更かししたり、遅くまで寝るということが無いようにしてくださいね。

 

わたしは、子供についてラジオ体操に参加しています。

早起きは少し辛いですが、朝ごはんが美味しく感じるようになりました。

 

午前中が長く感じるようになったので、少し得をした気分にもなりますよ。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - 夏行事, 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康