情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

楽しい親子遠足!ママはどんな服装をしていけばいいの?

      2016/08/23

 

親子遠足でママは何を着ていくべき?

 

幼稚園では親子遠足の行事がよくありますよね?

 

遠足の悩みと言えば、お弁当の次に、何を着ていくべきか悩むところです。

 

行事とはいえ、先生やほかの保護者も集まるので、おかしな格好はできません。

最近のママはおしゃれな人も増えたので、動きやすさだけを考えるのも…

 

そこで今回はさりげなくおしゃれをしつつ、遠足に適した服装についてお伝えします。

 

関連記事:遠足におすすめのお弁当レシピ、おかずやキャラ弁はどうする?

関連記事:親子遠足で便利なもの、ダメなもの?子供のリュックはどう選ぶ?

 

親子遠足のママの服装のルール

 

遠足は幼稚園の行事ですが、あまりにキッチリしすぎることはありません。

 

押さえておきたい基本ルールは

 

・動きやすさ、汚れても平気であること

 

・派手すぎず、ブランド品をたくさんつけない

 

・露出を控える

 

です。

 

これを踏まえた服装を考えれば、大きく道をそれることはありません。

 

トップスは何を着ていく?

 

◯ Tシャツ+体温調節ができるもの

遠足は春や秋に行われることが多いようです。

 

朝、夕方は涼しくても、天気によってはとても暑くなることがあります。

中はTシャツを着て、その上にシャツ、カーディガンなどがおすすめです。

 

中に着るTシャツは、

その日の天候に合わせて、長袖にするか半袖にするか選ぶといいですね。

 

◯ シャツはどんなものがいい?

中はTシャツなので、流行を抑えたい場合は、その上の羽織選びが大切です。

 

コットンやリネンのチェックのシャツは、定番としても人気がありますし、

腰に巻いても邪魔になりにくいです。

 

また、最近人気が出てきているのが、デニムシャツです。

 

デニムシャツは大人っぽく、クールな印象が出るので、

きれい系、カッコいい系が好きなママはおすすめですよ。

スポンサードリンク

 

◯ ロングカーディガン

ロングカーディガンも1年ほど前から人気があります。

 

サッと羽織るだけで、いつものTシャツスタイルが、一気に流行スタイルに変わります。

 

ボトムはパンツが基本

 

レジャーシートの上に直接座ったり、

子供たちと走ることも多いので、ボトムはパンツが基本です。

 

色は汚れが気にならないものにします。

白はさわやかで素敵ですが、汚れても構わない覚悟で履いていきましょう。

 

◯ 迷ったらデニム

何にしようか迷ったらデニムが安心です。

 

トップスも合わせやすいですし、汚れも気になりません。

 

ただし、濡れる可能性が高い場所では、

水分を含むと重たくなり、乾きにくいので避けるほうがいいですよ。

 

◯ スウェットパンツ

履きやすく動きやすい、スウェットパンツも人気です。

 

スウェットパンツ=部屋着のイメージですが、最近では素材もきれいめなものが増えています。

なのでシャツとTシャツと合わせてもおしゃれに着こなせたりしちゃいます。

 

グレーのスウェットパンツなら、明るい印象で、チェックのシャツとも相性が抜群です。

 

◯ ガウチョ、ワイドパンツ

ガウチョやワイドパンツも動きやすくおすすめです。

 

スタイルカバーもしてくれますし、

ゆったりとしたデザインなので、座りジワも気になりません。

 

スカート感覚で着ることもできるので、パンツスタイルが苦手なママにもこれなら安心です。

 

そのほか気を付けることは?

 

◯ バッグは手が空くものを

親子遠足では、子供と手をつなぐこともあります。

 

その時に、両手が塞がっていては手をつなぐことができません。

リュックかショルダー、肩掛けができる大きさのトートバッグを選ぶようにします。

 

◯ 靴はペタンコ靴

遠足では動きやすさからスニーカーが一番楽ちんです。

 

スニーカーが苦手なら、ペタンコのスリッポンもいいですね。

 

遠足では、ヒールはNGです。

動きづらい上に、子供と遊ぶ気はないんだなと思われてしまいますよ。

 

まとめ

 

親子遠足では、子供と遊ぶことを前提にした服装が最適です。

いつもと公園に行くときなどの服装で十分です。

 

とは言え、たくさんの保護者が集まる場所なので、

おしゃれにも気を使いたいところですよね。

 

全身を流行でまとめるより、プラス1アイテムぐらいで押さえるようにすると、

印象も良く、目立ちすぎることもありませんよ。

 

おしゃれを大事にするのももちろん良いですが、

保護者であることを忘れないような服装で楽しんでくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 秋行事 ,