情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

子供の咳喘息の症状、原因は何?何科を受診すればいいの?

      2016/09/04

 

子供の咳喘息の症状、原因は何?何科を受診すればいいの?

 

子供が長い間咳き込んでいたら心配になりますよね。

 

苦しそうに咳をしていると、喘息になっているのではないか心配になりますが、

長く咳をしている=喘息、咳喘息とは限りません。

 

咳をしていたり、何か異変に気が付いたら、

まず症状を確認して、原因を突き止めることが必要です。

 

でも、子供は、症状を上手に伝えることができないこともありますよね。

 

今回は、子供の咳喘息の症状を確かめる時のポイントや原因について、

また何科を受診すべきかについてお伝えします。

 

関連記事:咳喘息の症状はどんなもの?診断基準は何か?

関連記事:子供の咳喘息の原因と治療法を知ろう

 

子供の咳喘息の症状

 

◯ 子供の咳喘息の症状

基本的に子供の咳喘息も症状は大人と変わりません。

 

8週間以上の長引く喘鳴のない咳、夜中から明け方にかけてひどくなる咳です。

咳喘息は、喘息ではありませんが、

そのままにしておくと患者の3割ほどが喘息へ移行してしまう危険性があります。

 

特に、子供は強く咳き込むと気管支を痛めやすいので、

早めに完治してあげることが大切です。

 

◯ 咳喘息の症状か確かめるポイント

子供が咳をしている場合は、喘息の可能性もあるので、

咳喘息かどうかしっかり見極めることがポイントです。

 

特に、2歳以下の子供の症状は判断がしづらいものです。

 

咳喘息かどうかは、医師の判断で行うべきですが、

正しく症状を伝えることは、早期完治の大きな分かれ道になります。

 

以下のポイントをしっかり確認しておくと役立ちます。

 

・家族に喘息、アレルギーを持った人がいるか

 

・ペット、タバコの煙の近く、ほこりっぽい場所、花粉シーズンに咳が出るか

スポンサードリンク

 

・風邪を引くと咳が出るか

 

・咳をすると呼吸困難になるか

 

・夜になると咳がひどくなり、眠れないことがあるか

 

・咳止めに効果があるか

 

・ヒューヒュー、ゼーゼーという呼吸音があるか

 

・運動、大泣きをすると決まって咳がひどい

 

・咳と一緒に痰が絡むか

 

・気温が下がる、台風が通過すると咳がでるか

 

子供の咳喘息の原因

 

咳喘息の原因は解明されていませんが、

何かしらきっかけがあり、アレルギーの可能性が高いと考えられています。

 

花粉、ペットの毛、ハウスダスト、たばこなど、様々な原因が考えられます。

 

季節の変わり目に咳が出やすい傾向もあります。

 

季節の変わり目は、急な温度変化に対応できないことから、体調を崩しやすいものです。

体調を崩すと、風邪を引きやすくなりますよね。

 

子供の気管支はまだ弱いため、咳をすることで

想像以上に傷ついてしまい、風の後に咳喘息になりやすいケースもあります。

 

また、乾燥も咳を誘発する原因です。

 

何科を受診すればいいの?

 

子供であれば、まず小児科を受診するのが一般的です。

 

気になる症状を伝えておけば、しっかり診てくれるので、

まずは症状を伝えること大切です。

 

もし症状が重い場合は、医師が子供の症状を確認し、

他の病院を紹介してくれるので心配は必要ありません。

 

小児科の医師にも専門の分野があり、

小児科といっしょにアレルギー科を診ていることもよくあります。

 

病院に行ってから指示を受ける方法でも問題はありませんが、

専門科に早く診てもらい時は、先にかかりつけの小児科に連絡をすると対応してくれますよ。

 

まとめ

 

子供が小さな体で、苦しそうに咳をしていると本当にかわいそうになります。

 

まず、親がしてあげられることは、

異変にいち早く気が付き、その症状を明確に伝えることです。

 

咳喘息に限らず子供がいつから咳をしているか、熱を出しているかなどを伝えることは、

医師が病状を正しく判断するための、第一段階です。

 

毎朝、体温を測る必要はないと思いますが、

顔色や食欲などをチェックして、子供の健康管理をしましょうね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康 ,