情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

子供の咳喘息の原因と治療法を知ろう

   

 

子供の咳喘息の原因と治療法

子供が長く咳をして苦しんでいたら、

親として何をしてあげたらいいか悩んでしまいますよね。

 

出来ることなら、咳や苦しそうな症状を代わってあげたいけれど、

そういう訳にもいきません。

どのように対処すればいいのでしょうか。

 

今回は、子供の咳喘息の原因と治療法についてお伝えします。

 

関連記事:子供の咳喘息の症状、原因は何?何科を受診すればいいの?

 

子供の咳喘息の原因

 

子供の咳喘息の原因は、大人とほぼ同じです。

 

咳喘息の原因はまだ解明されていない部分が多く、特定されていません。

 

原因として主に考えられるものはアレルギー物質への反応と、

気温や季節の変わり目の冷たい空気が気管支にとって刺激になることです。

 

◯ アレルギー物質への反応

アレルギー物質は身の回りにたくさんあるので、それを特定するのは非常に困難です。

 

アレルギー物質の代表的なものと言えば、

花粉、ハウスダスト、ペットの毛、カビ、たばこなどがあげられます。

 

家族に花粉症の人がいる場合は、花粉に対するアレルギー反応の可能性は高いです。

 

ペットを飼っている場合は、ペットを家に上げないなど、

できるだけ子供から離すことで、反応が出るか確かめましょう。

 

たばこですが、たとえアレルギー反応がないとしても、

子供がいる家庭では、たばことの付き合い方は非常に気を付けるべきです。

 

アレルギーに限らず、たばこの煙は気管支を狭くし、咳を誘発する原因になります。

 

◯ 気候、気温の変化 寒くなる時は特に注意

季節の変わり目は体調を崩すことが多く、病気になりやすい時期です。

 

咳喘息もその一つだと考えられます。

 

寒い季節に移る時は

冷たい空気が喉を刺激するため、気管支が刺激を受けます。

 

また、風邪をこじらすことも咳喘息の原因の一つです。

 

子供の咳喘息の治療

 

子供の咳喘息は、

薬を使うこと

スポンサードリンク

アレルギー反応で咳が出る場合、アレルギー物質に近づかないこと

この、2つのアプローチ方法を使うことが中心で治療を行います。

 

◯ 気管支拡張剤

気管支拡張剤は、気管支を広げる喘息の薬ですが、咳喘息にも効果があります。

 

気管支拡張剤には様々なタイプがあり、

飲み薬、貼るタイプ、スプレータイプなどがあります。

 

どれを使うかは、医師が症状や程度を診て決めます。

 

◯ 吸入ステロイド剤

喘息の突然の発作に津合う吸入ステロイド剤もよく使われます。

 

咳喘息が長引くと炎症を起こし、

本当に喘息になることがあり、それを早く解消するためです。

 

◯ 抗アレルギー剤

アレルギー反応の可能性がある場合は、抗アレルギー剤を使うことも良くあります。

 

◯ アレルギー物質を除去する

アレルギー反応が特定できれば、その物質を遠ざけなければ再発を繰り返します。

 

ペットを入れに入れない、掃除を丁寧にこまめにする、家では禁煙をするなどの対策が必要です。

 

家族の協力が子供の咳喘息を完治させます。

 

◯ 部屋の温度管理、加湿に気を配る

乾燥や冷たい空気は喉を細くするため、

乾燥のひどい時期は加湿器を使ったり、エアコンなどで一年を通して室温を一定します。

 

◯ 体力をつける

基本的なことですが、体力がついて体質が変わっていくことで、

自然治癒力が高くなり咳喘息が治ることもあります。

 

大人であれば、漢方薬を使う方法もありますが、

漢方薬は苦いものが多いので、飲ませるのに苦労します。

 

まずは、食事を中心とした規則正しい生活をすることが、咳喘息の完治に繋がります。

 

成長とともに、漢方薬も飲めるものが増えてきますし、

自然と咳喘息が完治するケースもあります。

 

まとめ

 

咳喘息はそれほど怖い病気ではありませんが、

そのままにしておくと喘息になるきっかけになります。

 

子供は特に悪化しやすいので注意が必要です。

 

咳喘息を完治するにも時間がかかるため、気長に治療していく覚悟も大切です。

 

適切な治療をすれば、普通に生活ができるので、

毎日の食事や生活習慣を見直し、子供が健康に成長できる環境を整えてあげることが大切ですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康 ,