情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

【2016年版】お彼岸とはどういう行事なの?

      2016/09/07

 

お彼岸とは何?2016年のお彼岸はいつなの?

春分の日、秋分の日になると、

「お彼岸だからお墓参り行かないと。」と思う人は多いですよね。

 

お彼岸は、ご先祖を供養する大事な行事として根付いていますが、

その意味を詳しく知らない人は多いのではないでしょうか?

 

また、春分の日、秋分の日がお彼岸だと思っていませんか?

誤りではありませんが、正しくはちょっと違うようです。

 

今回は、お彼岸とは、また今年のお彼岸の日についてお伝えします。

 

関連記事:お彼岸とお盆の違いは何なのか?

関連記事:お彼岸のお墓参りのマナーを知ろう どんな服装がいい?

 

お彼岸とは

 

◯ お彼岸の由来

お彼岸は、先祖を供養する日本独自の仏教の行事です。

 

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「波羅密多」が由来です。

 

彼岸はあの世・悟りの世界・極楽浄土を意味し、反対に私たちが生きている現世は、

仏教では此岸(しがん)と呼ばれ、悩みや迷いの世界を意味します。

 

仏教では極楽浄土は西、此岸は東にあると考えられていて、

此岸にいるものが修行を行うことで、彼岸に行くことができるという教えがあります。

 

春分、秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、

彼岸(あの世)と此岸(この世)が一年で一番通じやすい時期であると信じられています。

 

そのため、この期間が先祖を供養する年中行事となったようです。

 

◯ お彼岸は春と秋の年2回

まず、お彼岸はいつあるのでしょう?

 

お彼岸は春と秋の年2回、春分の日、秋分の日の前後3日間全部で7日間がお彼岸です。

 

お彼岸の7日間の最初の日を「彼岸入り」、最後の7日目を「彼岸明け」といいます。

スポンサードリンク

真ん中にあたる春分の日、秋分の日は「(お)中日」と呼ばれます。

 

ちなみに、春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ日」、

秋分の日には「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」という違いがあります。

 

お彼岸は何をするの?

 

◯ お彼岸はお墓参りをするのが一般的

お彼岸にすることと言えば、まずお墓参りです。

 

お墓を掃除して、お花やお線香、お供えものでご先祖を供養します。

 

◯ おはぎとぼたもちは同じもの

お彼岸の時期のお供え物として広く知られているのが、ぼたもち・おはぎです。

 

ぼたもち、おはぎは同じもので、名前の由来が違うだけです。

 

ぼたもちは、牡丹の咲く、春のお彼岸にお供えするもの、

おはぎは萩の花が咲く、秋のお彼岸にお供えするものです。

 

◯ お寺では彼岸会が行われる

お彼岸は、ご先祖の供養と、仏教の教えを理解する大事な行事です。

 

お寺では、最も大切な行事の一つとして

読経やご法話などが盛んに行われています。

 

しかしこれは日本特有の行事で、仏教を信仰する他の国ではあまり見られません。

 

2016年のお彼岸はいつ?

 

先ほど、お彼岸は春分の日、秋分の日の前後3日間、

合計で7日間とお伝えしましたね。

 

2016年の春分の日は、3月20日(日曜日)、秋分の日は9月22日(木曜日)です。

 

この日を中心に、前後3日間を合わせると

 

春分の日…3月17日(木曜日)~3月23日(木曜日)

 

秋分の日…9月19日(月曜日)~9月25日(日曜日)

 

となります。

この期間に忘れずにお墓参りをしましょうね。

 

まとめ

 

お彼岸は、ただお墓参りをする日だと思っていましたが、

実は深い意味や由来があります。

 

期間も1日ではなく、7日間とは驚きですよね。

 

日々、なにかと忙しいとは思いますが、

今の自分があるのは、やはりご先祖様があってこそです。

 

1年に何回しかお墓参りをするチャンスはないので、

お彼岸時期にはぜひ家族そろってお墓参りをしてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事, 秋行事