情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

お彼岸とお盆の違いは何なのか?

      2016/09/07

 

お彼岸とお盆の違いは何?

 

お彼岸もお盆も、ご先祖を供養する大切な行事ですよね。

 

ですが「お彼岸とお盆の違いは?」と聞かれたら、何と答えてたらいいか悩みませんか?

お彼岸とお盆は似ているところもありますが、大きな違いがあります。

 

それはいったい何なのでしょう。

 

今回は、お彼岸とお盆の違いについてお伝えします。

 

関連記事:お彼岸とはどういう行事なの?

関連記事:お彼岸のお墓参りのマナーを知ろう どんな服装がいい?

 

お彼岸とお盆の違い

 

◯ お彼岸は子孫が出向く、お盆はご先祖が尋ねてくる

お彼岸とお盆はどちらも仏教の行事で、

ご先祖を供養することには変わりはありませんが、大きな違いがあります。

 

お彼岸は、一年の中で、あの世(彼岸)とこの世(此岸)が一番通じている時期とされていて、ご先祖を供養するために、私たちがお墓へ出向きます。

 

お盆は、ご先祖が私たちの元へ尋ねてきてくれるので、家の中へ招き入れて供養します。

つまり、お彼岸とお盆の違いは私たちが行くのか、ご先祖が来るのかの違いです。

 

◯ 回数、期間も違う

お盆は年に8月(地域によっては7月の場合もある)の年に1回しかありませんが、

お彼岸は3月と9月の年に2回あり、回数が違いますね。

 

期間も違っています。

お盆は8月13~16日の4日間、それに対してお彼岸は、

春分の日、秋分の日を中心に前後3日を合わせた7日間でお彼岸の期間が長くなっています。

スポンサードリンク

 

お墓参りをするところは同じ

 

◯ お盆もお彼岸もお墓参りをする

お彼岸は、お墓参りをするイメージが強いように、

主な行事はお墓を掃除して、お墓参りをすることです。

 

お盆は、ご先祖が私たちの元へ来るイメージが強いので、

お墓参りのイメージがやや薄いようです。

 

でも、お盆にもお墓参りをするのですよ。

13日はお盆の最初の日、「お盆入り」「迎え盆」と呼ばれています。

 

ご先祖は、初日にあの世から降りて来るので、

お迎えをするという意味でお墓参りをするなら、13日が良いとされています。

 

お彼岸とお盆は由来が違いますが、

お墓参りをすることは、ご先祖を供養する上で大切であるという考えが根付いているのですね。

 

◯ お盆にしかない行事もある

お盆特有の行事というものもあります。

 

それは、迎え火、送り火、灯篭流しなどの行事です。

 

迎え火は、玄関先でおがらを燃やしたり、

提灯を付けたりして「ここが家ですよ」という目印の意味です。

 

送り火は、無事にあの世に戻るための行事です。

 

このように、お盆はご先祖をお迎えし、見送るという、

おもてなしの気持ちを大事にしています。

 

まとめ

 

私は、田舎で育ったためか、

昔からご先祖の供養や、お墓参りを忘れないことを強く言われていました。

 

そのため、お墓参りは必ず行うのですが、

その度に色々なことに感謝できる気がします。

 

最近は、仕事が忙しくお盆やお彼岸になかなか帰省ができないために、

お墓参りの考えや、お墓参りをしない人も増えているといいます。

 

しかし、お盆・お彼岸は日本特有の文化で、

「万物に神が宿る」や「生かされていることへの感謝」「ご先祖様への感謝」

などの信仰が残っている証拠です。

 

この習慣や、文化がいつまでも残るといいなと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事, 秋行事 , ,