情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

お彼岸のお墓参りのマナーを知ろう どんな服装がいい?

   

 

お彼岸のお墓参りのマナー お供え物は?服装はどうする?

お彼岸にお墓参り、掃除をしたり、お花をお供えしたり、お線香をあげたり・・・

色々とすることがありますよね。

 

でも、お墓参りのマナーについて考えたことは少ないのではないでしょうか?

 

お墓参りには、こうしなければならないという規則は特にありません。

 

ですが、墓地には自分のご先祖以外のお墓もたくさんありますし、

他のお墓やご家族の迷惑にならないように、気を付けなくてはいけませんね。

 

今回は、お彼岸のお墓参りのマナーについてご紹介します。

今までのお墓参りはマナー違反ではないか、確認するのもいいですね。

 

関連記事:お彼岸とはどういう行事なの?

関連記事:お彼岸とお盆の違いは何なのか?

 

お墓参りのマナー 手順やお供え物はどうすればいい?

 

◯ お墓参りに持っていくもの

お墓参りに、行く前に必要なものを準備します。

必要なものは

 

・お線香、ろうそく、マッチかライター

・お水

・ほうき、塵取り、バケツ、ブラシやたわし、タオル、雑巾、柄杓などの掃除道具

・お花、お供えもの、半紙(お供えものを入れるお皿のかわり)

・数珠

・ゴミ袋

は必須です。

 

墓地や寺院によっては

掃除道具を貸出し、水道が設置されていることもあるので事前に確認しましょう。

 

ゴミ箱が準備されていることもありますが、

お供えものの容器や枯れた花などは持ち帰るのがスマートです。

 

◯ お供え物は、ご先祖の好きなものを

お供え物はご先祖の好きなものを準備します。

 

特にない場合は、スーパーなどで売られている

お供えセットをもっていけば十分です。

 

よく、お酒が好きなご先祖のために墓石にお酒をかける人を見かけますが、

あまりお勧めできません。

 

墓石が痛む原因になりますし、臭いが残ります。

スポンサードリンク

 

お水以外のものをかける場合は、

最後にもう一度水をかけて、きれいにすることを忘れないようにしてくださいね。

 

◯ お墓参りの手順

準備ができてお墓に着いたら、お参りの前に掃除をします。

 

掃除の手順は

 

1.墓地の周囲のごみをほうきで取り、拾う

 墓石に苔や汚れがついているときは水をかけ、たわしやブラシで落とす

2.墓石にうち水をする

3.お供えものをし、お花とお線香を手向ける。 

4.古いお線香や枯れた花は持ち帰り、新しい水を入れてからお花を入れます。

そしてお参りをしましょう。

 

お参りを終了したら、後片付けをしましょう。

お供え物はその場で食べるか、持ち帰ります。

 

そのままにしておくと、

蟻が来たり、カラスなどがやってきたりしてお墓を荒らしかねません。

 

◯ 寺院や管理人への挨拶を忘れないようにする

墓地や寺院には、お墓を管理している管理人がいます。

 

日ごろの墓地の管理や清掃などをしてくれているので、

お墓参りに来た時は、必ず一言挨拶をするようにします。

 

また、お彼岸にはお墓参りをする遺族も多いです。

 

わざわざ挨拶をする必要はありませんが、

すれ違った時は、会釈程度を交わすようにしましょう。

 

同じスペースを利用する上でのマナーの一つです。

 

お墓参りの服装は?

 

お墓参りに行くときの服装も意外と悩みますよね。

 

服装にも特に決まりはなく、

わざわざ喪服を着ていく必要はありません。

 

掃除をしなければならないので、動きやすい服装で構いませんよ。

ただし動きやすい服装といっても、限度があります。

 

あまりに汚い服装や露出の多い服装はお墓参りには不釣り合いです。

ご先祖を大切に思い、供養に行く目的を考えた服装にしてくださいね。

 

もし悩んだ場合は

地味な色合い・デザインの服装にすれば、墓地で浮くことがありません。

 

まとめ

 

お墓参りのルールは特にありませんが、ご先祖を偲ぶということを考えると、

するべきこと、してはいけないことが自然と浮かんでくるはずです。

 

お墓参りのような習慣は、言葉で伝えることではなく、

一緒に行動して、見せていくことで受け継いでいくものです。

 

ご先祖あっての今ですから、

お彼岸のお墓参りは、できれば家族で行きたいものですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事, 秋行事 , ,