情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

七五三のお祝いを贈るマナーを知ろう 何を送ったらいい?お祝いのお返しはどうする?

      2016/09/17

 

 

%e4%b8%83%e4%ba%94%e4%b8%89%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%a5%9d%e3%81%84%e3%82%92%e8%b4%88%e3%82%8b%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%80%e4%bd%95%e3%82%92%e9%80%81%e3%82%8b%ef%bc%9f%e3%81%8a%e7%a5%9d%e3%81%84

 

可愛いお孫さんや、交流の多いご近所の子供さんに、

七五三のお祝い金を贈ろうと考えることがありますよね。

 

多すぎるのも少ないのもいけないし、

お祝い金額はどれぐらいが適当なのか悩みますよね。

 

また、戴いた側もお返しをしなければ失礼ですし、

そのタイミングやどういったものをお返しすればいいか、困ってしまう事もあるかと思います。

 

今回はそんな七五三のお祝いを贈るとき、

お返しをするときのマナーについてお伝えします。

 

関連記事:七五三のお参りや写真撮影って、いつ頃に行けばいいの?

関連記事:七五三の記念撮影の早撮りと後撮りのメリットとは?いつ頃に撮るのがベスト?

 

七五三のお祝い金の相場やマナー

 

◯ 3000円からが相場

お祝い金の金額は結婚のお祝いと同様、贈る相手との関係によって決まっています。

 

相場は大体、次のようになっています。

 

・ご近所や友人の子供…3,000円~5,000円

 

・親戚、甥、姪…5,000円~10,000円

 

・祖父母…10,000円~数万円

 

特に交流がない場合、親戚でもお祝いを贈らないケースも多いです。

 

また、祖父母からのお祝いは現金ではなく、

七五三に必要なもの(洋服や着物など)を負担することもよくあります。

 

贈る時期は、お祝いが終わった後ではなく、11月15日までにするのが理想です。

 

◯ ご祝儀袋の種類、表書きはどうする?

ご祝儀袋の種類は、水引がのし付き、紅白の蝶結びを使います。

 

同じ蝶結びでもデザインの豪華さに違いがあるので、贈る金額に応じてデザインを選びます。

スポンサードリンク

(購入するときの袋に~円程度 と記載されています。)

 

表書きは、「御祝」「祝七五三」「七五三御祝」などが一般的ですが、

年齢別に、祝御髪置(3歳)、祝御袴着(5歳)、祝御帯解(7歳)と書くこともあります。

 

金額で変えるというルールではないので、好きなものを描けば書けば問題ありません。

 

お祝い返しはどうすればいい?

 

◯ お祝い返しは、3~5割程度

七五三は子供のお祝いなので、特にお返しをする必要はありません。

 

ですが、貰ったままというのも何だか気が行けますよね。

 

まず、お祝いを頂いたら、その場や電話などでお礼をきちんと伝えましょう。

手紙を出すという方法もありますね。

 

その後、2週間以内にはお返しを贈るのがマナーです。

 

金額は地域によって差がありますが、

基本的には戴いた額の3~5割程度も金額のものを贈るのがマナーとされています。

 

ちなみに、私が住んでいる地域では「半返し」といって、

戴いた金額の半分程度ものを贈るのがマナーになっています。

 

◯ お返しするものはお菓子や写真など

贈るものは金額によりますが、お菓子、タオルなどが使われます。

 

特にお菓子などの食べものは、

貰う側・贈る側にとっても負担になりにくいので、よく選ばれます。

 

おじいちゃんやおばあちゃんには写真館で撮影した写真を贈ることが多いです。

家庭でプリントした写真ではなく、写真館の台紙にきちんとセットされた写真がおすすめです。

 

十分な大きさもありお孫さんの表情も分かりやすいので、

思い出に残る、立派なプレゼントにもなります。

 

◯ 表書きは 「七五三内祝」

のしをつける場合は、七五三内祝と書き、下の段に子供の名前を書きます。

 

水引は、紅白の蝶結びを使います。

 

まとめ

 

七五三のお祝いも、気持ちがとても大切です。

 

贈る側も贈られる側も、負担にならない程度を考えるのがポイントです。

 

贈る側は、お返しを期待しているわけではありませんが、

感謝の気持ちを伝えることはとても大切ですよね。

 

マナーと相手の気持ちを考えると、お祝いもうまくいきます。

みんなにお祝いして頂ける七五三って良いものですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 秋行事 ,