情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

秋の花粉症の原因は?秋の花粉症をセルフチェックで確認しよう!

      2016/09/22

 

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af%ef%bc%9f%e7%a7%8b%e3%81%ae%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%e3%82%92%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83

 

「花粉症って春だけではなくて、秋の花粉症もあるんだよ。」と聞いてびっくりしました。

 

花粉症と言えば、春のスギ、ヒノキなどのイメージがありますよね。

9月~10月を中心に、秋の花粉症の原因となるものが結構あるようです。

 

毎年この時期に、「なんとなく、調子が悪い。夏の疲れかな?」

と思っているなら、もしかしたら秋の花粉症化もしれませんよ。

 

今回は、秋の花粉症の原因やセルフチェックについてご紹介します。

 

関連記事:秋の花粉症と風邪の症状の違いは?地域でピークの差はある?

関連記事:秋の花粉症の対策法をご紹介!こんな便利グッズもあるんです!

 

秋の花粉症の原因

 

◯ 秋の花粉症の原因は雑草

秋の花粉症の原因は、主にイネ科とキク科の植物です。

 

「イネ」と聞くと、田んぼにあるお米の稲を思うかもしれませんが、ちょっと違うんです。

「キク」も同様、花の菊とは少し違います。

 

これらの植物は、実は雑草です。

道端や河川敷、空き地など身近な場所に生えています。

 

花粉症の頻度や程度は、春よりも少ないのですが、

アレルゲンとなるものはすぐそばにあるのでちょっと注意が必要です。

 

◯ 具体的な植物はどんなもの

それでは、身近にあることが多い、秋の花粉症の植物をご紹介します。

 

(イネ科の植物)

・カモガヤ

 

・ギョウギシバ

 

・ハルガヤ

 

(キク科の植物)

・ブタクサ

 

・ヨモギ

 

8~10月は、花粉が特に飛んでいる時期です。

朝晩の涼しい時間、河川敷を散歩していたら発症するということもありそうですね。

スポンサードリンク

 

秋の花粉症かも!セルフチェックで確認!

 

夏から秋になる時期は、気温の変化や夏の疲れから体調が悪くなりがちです。

それは実は、花粉症かもしれません。

 

気になる症状を思い出して、花粉症かどうか以下の項目を確認してみましょう。

 

□1週間以上、くしゃみや鼻水が止まらない

□透明でさらっとした鼻水がでる

□微熱がだらだら続く

□目が痒い

□晴れた日は、特に症状がひどく、鼻水などがとまらない

□目の周りや額など、肌荒れがおこる

□なんとなく、頭がぼんやりする

 

どうでしょうか?

当てはまる項目が3つ以上あった時には、花粉症の可能性が高いです。

病院へ行って、血液検査などの診察を受けることをおすすめします。

 

また、1つでも当てはまるなら

花粉症予備軍の可能性もあるので、気を付けておくといいですね。

 

カビにも注意

 

花粉症ではありませんが、同じようにアレルギーの原因となるものにカビがあります。

 

カビというと、6、7月の梅雨の時期が思い浮かびますよね。

 

カビが発生する原因は、

・20~30度の気温

・多湿

・空気の対流が少ない

・ほこりが多い

・結露

 

などがあります。

実は、秋もカビが発生しやすい条件が揃っています。

 

また、夏場に活躍したエアコンにはカビが発生しやすいので、

掃除をしないとカビをたくさん吸うことになります。

 

咳や、眼のかゆみ、肌荒れがある場合は、カビによるアレルギーの可能性があります。

秋の花粉症と同様に注意が必要です。

 

まとめ

 

春に大変な思いをしたのに、

秋にも花粉症の症状が出るなんてウンザリしてしまいますね。

 

秋の体調不良は夏の疲れや、気温の低下が原因と思って色々と試したけれど、あまりよくならない・・・

という時には、秋の花粉症である可能性があります。

 

秋の花粉症の原因は、身近なところにあるので

気が付かないうちに発症することも多いものです。

 

春の花粉症ほど広く知られていないので、気にならないかもしれませんが、

体調と上記の項目を照らし合わせて、秋の花粉症かどうか確認してみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康