情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

秋の花粉症と風邪の症状の違いは?地域でピークの差はある?

      2016/09/22

 

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%e3%81%a8%e3%80%81%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%81%ae%e7%97%87%e7%8a%b6%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%af%ef%bc%9f%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%a7%e3%83%94%e3%83%bc

 

イネ科やキク科の植物が原因で起こる、秋の花粉症。

 

9~10月がピークで花粉が飛びますが、

ちょうどこの時期は夏の疲れが出てきて、風邪を引きやすい時期ですよね。

 

鼻水が出たり、頭痛がしたりと花粉症と風邪の症状はよく似ているので、

勘違いしてすることが多く薬を飲んでも治らない・・・なんてことにもなりかねません。

 

風邪と、秋の花粉症の違いは何なのでしょうか?

 

また、日本は縦に長い地形のため、

同じ月でも気候や育つ植物も違い、花粉症の症状の出方にも影響しているようです。

 

今回は、秋の花粉症と風の症状の違い、地域で症状やピークが違うのかについてお伝えします。

 

関連記事:秋の花粉症の原因は?秋の花粉症をセルフチェックで確認しよう!

関連記事:秋の花粉症の対策法をご紹介!こんな便利グッズもあるんです!

 

秋の花粉症の4大症状 風邪とはここが違う!

 

◯ 秋の花粉症の症状

秋の花粉症は、春とほとんど変わらず、

 

・鼻水

・鼻づまり

・くしゃみ

・目のかゆみ

 

が主な症状です。

 

花粉症は、アレルギー反応で体の中に入った花粉を異物として捉え、

それを出そうとして上記の様な症状が起こります。

 

春と違うところは、頻度が少なく程度も軽めというところです。

 

発症数も春に比べると少ないため気に留めることが少なく、

花粉症だと気づいていない場合も少なくありません。

 

◯ 風邪とはどう違う?

この時期に鼻水やくしゃみが出ると、風邪と勘違いすることもよくあります。

 

病院に行けば花粉症と診断されますが、市販薬を飲んでも治りません。

花粉症には、アレルギーの薬を飲まなければ改善されないので当たり前ですよね。

 

風邪との違いは

・風邪の鼻水は透明で、サラサラ、風邪は黄色か緑でドロッとしている

・風邪には目のかゆみなどの、眼の症状はでない

・花粉症は高熱がでない

 

の3つが大きく違います。

 

毎年、同じ時期に鼻水やクシャミがでる場合も花粉症の可能性が高いです。

 

「くしゃみが出たから、すぐ風邪薬を飲まないと!」

と安易に薬を飲まないように、色々な症状を確認しておきましょう。

 

地域によってピークの差はある?

 

日本は南北に長い縦長の地形のため、北と南の気候がずいぶん違いますよね。

スポンサードリンク

気温、気候、降水量などが違うと、繁殖する植物や成長のスピードが違います。

 

例えばスギは北海道や沖縄にはあまりないため、スギによる花粉症はほとんど存在しません。

 

反対に、北海度には白樺の木がたくさんあるので、

それが原因のアレルギーはありますが、本州にはあまりありません。

 

ネットでは花粉カレンダーなど、その年の地域の花粉症のピークについて情報を公開しているので、

出かける時はそれを利用すると便利ですね。

 

それでは、各地域の花粉のピークをご紹介します。

 

◯ 北海道

イネ科植物…6~10月

 

ヨモギ…8~10月上旬

 

北海道では11月になると雪のシーズンになるため、花粉が飛ぶことがありません。

 

◯ 東北地方

イネ科植物…8~10月

 

ブタクサ…9~10月

 

ヨモギ…9月

 

カナムグラ…9~10月

 

◯ 関東

イネ科植物…5~10月中旬

 

ブタクサ…8~10月中旬

 

ヨモギ…8~10月

 

カナムグラ…9~10月

 

◯ 東海

イネ科植物…5~10月中旬

 

ブタクサ…9月

 

ヨモギ…9月

 

カナムグラ…9~10月

 

東海地方では7割以上がスギ花粉で、秋の花粉の量は少なめです。

 

◯ 関西/中国

イネ科植物…4~10月中旬

 

ブタクサ…9~10月

 

ヨモギ…9~10月

 

カナムグラ…10月

 

キリンソウ…10~11月

 

◯ 九州

イネ科植物…3~10月中旬

 

ブタクサ…9~10月

 

ヨモギ…9~11月

 

カナムグラ…10月

 

九州では、イネ科植物の花粉が早くから飛んでいる傾向があります。

 

まとめ

 

風邪だと思っていたら、実は花粉症ということがあるんですね。

 

花粉症はアレルギー体質の人がなりやすいので、

春に花粉症になった人は、秋も引き続き注意が必要です。

 

私も注射が好きではないのですが、

血液検査をしたら実は秋の花粉症(イネ)だと最近、診断されました。

きっかけは肌あれで、毎年同じ症状に悩まされていました。

 

原因が分かったので、

今は薬を使ったり、化粧品も変えたりと予防することで肌荒れを抑えています。

 

検査には、3,000~6000円ほどわかりますが、

一度検査すると、他のアレルギーにも気づくことがあるかもしれません。

 

気になる人は、一度検査してみてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康