情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

年賀状の挨拶文はどうする?ビジネス向けの例文を紹介します!

      2016/10/26

 

年賀状の送り先別の例文 取引先、上司、部下、同僚の使い分けは?

 

秋になると年賀はがきの販売が始まり、徐々に年賀状を準備するようになりますね。

 

最近では、お店で好きなデザインの年賀状を作成したり、

自宅でパソコンを使ってオリジナルの年賀状を作成できるようになりました。

 

決められた挨拶文が準備されているとはいえ、

いざ書くとなる、とどんな文章を作成すればいいのか悩みますよね。

 

そこで、今回は会社からプライベートまでいろいろなケースの年賀状の文例をご紹介します。

最後に、ちょっと一言加えたいときの参考にもしてくださいね。

 

関連記事:年賀状の挨拶文はどうする?家族・義理両親・親戚や友人宛てにはこんな感じに書いてみましょう

 

会社関係の年賀状のマナー

 

年賀状の書き方には、ある程度の決まりがありますが、

特に会社の取引先、上司、部下、同僚におくる年賀状に、失礼があってはいけません。

 

言葉使いや書式にしっかり注意が必要です。

 

まずは基本的なマナーをお伝えします。

 

◯ 4文字賀詞や挨拶文を使う

会社関係の相手に送る年賀状には、

一般に使われる、「賀正」「迎春」などの2文字は使いません。

 

例えば、

・謹賀新年

 

・恭賀新年

 

・謹んで新年のお慶びを申し上げます

 

・謹んで新春の寿ぎを申し上げます

 

・明けましておめでとうございます

 

などを使います。

 

もちろん外資系企業や海外で送るなどでない限り、

英文の「HAPPY NEW YEAR」を使うのは、常識がないと思われる可能性があります。

 

また、最近では残念なことに、自然災害で被災する会社や取引先が増えている傾向があります。

この場合は、「おめでとうございます」「お慶び」などの言葉は避け

 

・謹んで年始のご挨拶を申し上げます

 

・謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

 

・謹んで初春のご挨拶を申し上げます

 

などを使うのが適切ですね。

 

時期をずらして寒中見舞いを出しても構いません。

入院をしている相手なども同様な、対応がおすすめです。

 

◯ 年賀状は会社用、プライベート用を分ける

会社で用意された年賀状を使うなら問題はありませんが、

個人で会社相手に年賀状を送ることもありますよね。

 

上司や同僚、部下などに送る場合です。

 

家族がいる人が良く使う、家族写真を使った年賀状

会社関係の相手に送るには適していません。

 

会社用とプライベート用の2種類を用意しましょう。

 

ただし、例外として同期入社で中が良く、家族ぐるみで仲が良い場合なら、

家族写真の年賀状を使っても問題はありません。

 

◯ あて名は手書きがベスト

パソコンを使って年賀状を作成すると、宛名も印刷してしまうこともありますよね。

 

大量に出す場合は仕方がありませんが、

年賀状の宛名は縦書きで手書きがベストです。

 

手書きに使うインクは、筆ペンか、黒ペンを使います。

 

黒ペンの場合はやや太めがベタ―ですが、

書きにくいならボールペンでもいいでしょう。

 

取引先への年賀状の例文

 

それでは、具体的な年賀状の例文をご紹介します。

取引先の場合は、形式に沿ったものを作成するのが安心ですね。

 

(例文1)

とてもシンプルな年賀状の例文です。

 

謹賀新年

 

昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます

 

本年もよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます

 

平成○○年 元旦

 

(例文2)

 

恭賀新年

 

旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがとうございました

 

今年も何卒ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いいたします

スポンサードリンク

 

皆様に益々ご繁栄がありますよう心よりお祈り申し上げます

 

平成○○年 元旦

 

(例文3)

万が一、年賀状を出していない取引先から送られてきたときには、

下記のような文を作成し、急いで出し返しましょう。

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます

 

新年早々 結構な賀状を頂戴し、お礼申し上げます

 

健やかな新年をお迎えられたことを心からお慶び申し上げます

 

賀状が遅れましたことを深くお詫びするとともに、

皆様の今年一年さらなるご多幸がありますようお祈り致します

 

本年も宜しくお願い申し上げます

 

平成○○年

 

上司に向けた年賀状の例文

 

上司に年賀状を送るのも社会人としてのマナーです。

日ごろの感謝を取り入れた一言を加えましょう。

 

今後の目標や意欲などを入れるのもいいですね。

 

(例文1)

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます

 

昨年中は、親切なご指導ご鞭撻をいただきありがとうございました

 

今後も何卒お願い申し上げます。

 

(例文2)

 

謹賀新年 謹んで新春の寿ぎを申し上げます

 

本年も変わらぬご指導をお願いいたします

 

(例文3)

 

明けましておめでとうございます

 

今年は昨年よりも一層の努力をし、成果があげられるよう、励んでまいります

 

(例文4)

 

明けましておめでとうございます

 

旧年中は温かく見守ってくださりありがとうございます

 

今年は日ごろのご指導をさらに活かせるよう、努めてまいります

 

部下に送る年賀状の例文

 

部下だからと言って印刷しただけのものを送るのは、味気ないものです。

士気を高めるためにも一言加えてあげるのはいかがでしょうか。

 

日ごろの努力や、成長を褒めるのはもちろん、やる気アップに繋がります。

 

また、上司からの感謝の言葉はとても珍しく難しいものですが、励みにもなりますよ。

 

(例文1)

 

明けましておめでとう

 

昨年中の活躍、自分を始め、みんなも高く評価しています

 

今年もその頑張りでさらなる飛躍を期待しています

 

本年もよろしくお願いいたします

 

(例文2)

 

謹んで年始のご挨拶を申し上げます

 

昨年一年間、大変にご苦労様でした

 

難しい仕事にも不平を言わず取り組み、協力してくれて感謝しています

 

今年も○○さんの熱心で丁寧な仕事ぶりに期待しています

 

今年もよろしくお願いいたします

 

同僚に送る年賀状の文例

 

会社関係に送る年賀状の中では、

比較的、気軽な文面でも良いのが同僚への年賀状です。

 

同期入社だったり、仲が良い場合なら少し気軽な雰囲気でも大丈夫です。

 

ですが、基本は会社を通じての付き合いなので、ある程度の心遣いが必要ですよ。

 

(文例1)

 

謹賀新年

あけましておめでとうございます

 

今年も共に頑張っていきましょう。

 

(文例2)

 

あけましておめでとう

 

私たちも入社○年目 お互い飛躍の年にしたいですね!

 

今年もよろしくお願いします。

 

(文例3)

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます

 

今年もお互い切磋琢磨しながら頑張ろうね!

 

(文例)

 

謹賀新年

 

昨年は大変お世話になりました

 

私が仕事を続けていられるのも○○さんのおかげです

 

今年もよろしくね

 

まとめ

 

会社関係でも、

相手との関係や自分の立場に応じて、使う言葉や文面が変わってきます。

 

年賀状一枚を取っても、使いこなして失礼のないようにするのが社会人です。

 

また、字には人柄が表れるといいます。

 

印刷に頼り切るのではなく、

宛名、一言はぜひ、自筆で丁寧に書くことを忘れないようにしましょうね。

 

 

スポンサードリンク

 - マナー, 冬行事, 日常お役立ち情報 , , ,