情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

書き損じた年賀はがきは交換もできる?!捨てる以外の再利用・有効活用を教えます!

   

 

書き損じた年賀はがきはどうする?捨てずに、有効活用できる?

 

年賀はがきって、意外と書き損じが多いですよね。

 

私はよく宛名と本文を逆さに書くというミスをしてしまうのですが、

ボールペンなどのインクで宛名や文章を書くので、失敗したら消せないんです。

 

裏と表が逆さまのままや、修正ペンで書き直したものを送ることはできません。

わずかな書き損じで、年賀はがきがごみ箱行きになるのも何だか勿体ないですよね。

 

ですが書き損じた年賀はがきには、色々な有効活用があります。

 

今回は、年賀はがきをゴミにせずに活用する方法をお伝えします。

 

関連記事:年賀状の挨拶文はどうする?ビジネス向けの例文を紹介します!

 

書き損じはがきは交換できます!

 

年賀状を書き損じてしまったときは、未使用であれば決められた手続きを取ると交換できます。

未使用とは、ポストに投函されていない状態のものです。

 

表面、裏面のどちらにも、全く記入・印字が無いものはもちろん、

 

・表面、裏面のどちらかに記入、印字されているはがき

 

・表面、裏面のどちらにも記入、印字されているはがき

 

も未使用に入ります。

 

年賀はがきの交換には、手数料が必要なケースと無料で交換できるケースがあります。

 

それでは、どうやって交換するのか、もう少しご説明します。

 

◯ 手数料を払い、交換をしてもらう

書き損じの年賀状は、手数料の1枚5円を払うと、色々なものに交換できます。

 

まず、年賀状の販売期間なら、新しい年賀状に交換することが可能です。

そして年賀状の販売期間は過ぎた場合は、通常はがきや切手に交換できます。

 

さらに、知っておくとちょっと、お得なことが…

 

年賀状はがきには、当選番号が付いていますよね?

当選していたら商品を貰ってから手数料を払い、切手などに交換することも出来るんです。

 

二度、お得な感じがしますよね。

 

◯ 無料で交換できるケースもある

年賀状を買ったけれど急に身内に不幸が起こった等で年賀が出せなくなった時は、

販売期間内であれば、無料で通常切手や郵便はがきに交換することができます。

 

不幸があったことを窓口で伝え、書類に

交換を申し出た人の住所、氏名、亡くなった方の名前、住所、続柄を記入して提出し、手続きは完了です。

 

販売期間が過ぎたら、他の場合と同様に手数料の1枚5円を払って、切手や郵便はがきに交換できます。

 

スポンサードリンク

◯ 宛名不明で戻ってきたはがきは交換できない

宛名不明で年賀状が戻ってくることもありますよね。

 

でもそのはがきは、一度投函しているので、使用済みとなります。

 

手紙は、投函されて郵便局で受付されると、目に見えないバーコードが印字されています。

 

年賀はがきには、消印が押されていないので、

一見すると未使用に見えますが、きちんと印がつけられていています。

 

これで未使用かチェックができます。

 

過去の年賀はがきも交換できる

 

過去の年賀はがきは、官製はがき(国が作ったはがき)の一つなので、

きちんと金額分の価値があります。

 

去年よりも前の年賀状も、1枚5円の手数料を払うと、切手や通常のはがきに交換できます。

 

今年度の年賀はがきは、販売期間内であれば交換ができますが、過去の年賀はがきに今年度の喪にすることはできません。

 

元々の販売期限が過ぎているので、今年のものとは同じようには利用できません。

 

年賀はがきの他の使い方はある?

 

手紙をたくさん書く機会がないと、わざわざ手数料を払ってまで、

切手、郵便はがきの交換することにメリットを感じないかしれませんよね。

 

その他の、使い方も考えてみました。

 

◯ 懸賞につかう

一番有効な使い方は、懸賞です。

 

「官製はがき」の応募をお願いしますというものを目にしますが、

先に伝えたように、年賀はがきも立派な官製はがきです。

 

「残ったはがきで、懸賞に出すと当選しないのでは?」という心配をするかもしれませんが、

抽選の影響ほとんどなく、確率が減ることはありません。

 

影響があるとすれば、懸賞に対するアピールが、はがきから感じられる事です。

いつも、懸賞に参加しない人も、この機会に挑戦するのもいいですね。

 

私は、よく年賀はがきで懸賞に参加しますが、何度か当選したことがあります!

 

たくさん出すので、忘れた頃に商品が届いたりします。

 

◯ 金券ショップで換金する

手紙も懸賞も出さない場合は、金券ショップで買取ってもらう方法がおすすめです。

 

額面と同じ金額ではなく、1枚25円~35円ほどの金額になります。

7割程度になってしまいますが、捨てて0円になるよりかはいいですね。

 

◯ 寄付をして、支援に参加する

書き損じはがきや未使用のはがきは、寄付することで支援活動の一部になります。

 

例えば、はがき10枚で授業1回分になったり、25枚で料理教室の食材の購入資金に変わります。

 

ちなみに今年分の年賀はがきだけでなく、

過去の年賀はがきやかもめーるなども、未使用であれば寄付の対象になります。

 

まとめ

 

書き損じた年賀はがきは、1枚5円の手数料を払えば、販売期間内であれば年賀はがきに交換、

期間外なら通常はがきや、切手に交換できます。

 

他の方法なら、金券ショップで換金したり寄付する方法もありますね。

 

年賀状は、それ自体に額面の価値があるものです。

書き損じたからと言って捨ててしまうのは、お金を捨てるようなものです。

 

他の使い道はちゃんとあるので、無駄にしないようにしてくださいね。

 

私のように懸賞を何枚か出していれば、当たることもあるかもしれませんよ。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - 冬行事, 日常お役立ち情報, 日常生活 , , , , ,