情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

余ってしまったおせちを救済!リメイクして美味しく食べきろう!

      2016/12/02

 

残ったおせちを救済!リメイクして美味しく食べきろう!

 

おせちの重箱の蓋を開けた時には、お正月気分で盛り上がり

「食べるぞー!」という気分になりますよね。

 

でも、なぜか毎年残ってしまうものって決まっていませんか。

 

気乗りはしないけれど頑張って食べたり、

もったいないと思いながら捨てたりしてしまいますよね。

 

ですが、次のおせちからはそんな心配はいりません。

残ったおせちを変身させて美味しく食べきる方法があるんです。

 

簡単なリメイクレシピをご紹介するので、ぜひ試してくださいね。

 

関連記事:定番おせちに飽きたあなた!今年はちょっと変わったおせちはいかがですか?

 

お煮しめのリメイクレシピ

 

お煮しめは、鍋でたくさん作ってしまう為、残ってしまうおせちの代表的なものですね。

 

ですが、ちょっと手を加えてあげるとだけで、おいしいご飯ものになりますよ。

 

◯ お煮しめで五目寿司

お煮しめの残り

ご飯

市販のすし酢

卵   2個

 

(作り方)

1.炊たてのご飯に市販のすし酢を表示の分量通り混ぜ合わせ、冷ます

 

2.煮汁をきって、さといも以外のお煮しめを細かく刻む

 

3.錦糸卵を作る

 

4.刻んだお煮しめを酢飯混ぜて、錦糸卵をのせて出来上がり

 

我が家では、おせち以外でも煮ものが余ったら使うレシピです。

言われなければお煮しめとは気づかれない、まさに五目寿司です。

 

◯ お煮しめと伊達巻きで炒飯

お煮しめ以外に

かまぼこや伊達巻きなどが残っていたら、小さく刻んで炒飯するのも美味しいですよ。

 

(材料) ※分量は残ったものを見て調節してください

かまぼこ、焼き豚、伊達巻きなど

卵           2個

ネギ       10センチくらい

ごはん        1~2合

油               大さじ3

チューブ生姜       適量

中華だし            小さじ1

塩こしょう       適量

酒               小さじ1

醤油           小さじ1

 

(作り方)

1.かまぼこ、焼き豚、伊達巻などを細かく刻み、ネギは小口切りにする

 

2.卵を溶いて軽く塩胡椒する

 

3.大さじ1の油をフライパンに入れて、熱し、強火でさっと卵を炒めたら、半熟で一度取り出す

 

4.フライパンに油を足し、ネギ、生姜をさっと炒めて、刻んだ材料とご飯を炒める

 

5.火が通ったら中華だし、酒入れて混ぜ、卵を戻して強火で一気に炒める

 

6.仕上げに、塩胡椒、醤油をさっと回し入れて 味を整えて出来上がり

スポンサードリンク

 

栗きんとんのリメイクレシピ

 

人気の栗きんとんですが、

先に栗が無くなってペーストだけが残ることもありますよね。

 

甘さたっぷりの栗きんとんはお菓子への変身にぴったりです。

 

◯ 炊飯器で栗きんとんケーキ

(材料)

栗きんとん           1〜2カップ

ホットケーキミックス       一袋(150~200グラム)

卵           一個

牛乳       100~120㏄(混ざりにくかったら少し増やして調整する)

バター(サラダ油)           50グラム

あればラム酒       大さじ1

 

(作り方)

1.バターを、電子レンジで500w、30秒ほどで溶かす

(サラダ油の場合はこの手順は無しでOK)

 

2.材料全てを炊飯器のお釜に入れて混ぜる

 

3.炊飯器のスイッチを入れる(ケーキモードがあればそれを利用)

 

4.焼けたら、お皿にひっくり返し、冷ます

 

◯ 冷凍パイシートでマロンパイ

(材料)

冷凍パイシート 2枚程度

栗きんとん(だけでもOK)

卵黄 1個分

 

(作り方)

1.冷凍パイシートを常温で5~10分で解凍し、同じ大きさに等分する

 

2.オーブンを200度に余熱する

 

3.切ったパイシートを綿棒で軽く伸ばし、真ん中に栗きんとんを乗せる

 

4.上にパイシートをかぶせ、周りをフォークで押さえて閉じ、パイの真ん中に切れ込みを入れる

 

5.ツヤだしの卵黄を刷毛やスプーンの背を使って塗る

 

6.オーブンの予熱が終わったら、まず10分焼く

 さらに温度を180度に下げて、10分焼いて出来上がり

 

なますのリメイクレシピ

 

酢の物は人気が少ないのか、最後までお重の隅にありますよね。

 

適度な酸味でサラダや前菜にリメイクできます。

 

おつまみにも最適ですよ。

 

◯ なますで生ハムサラダ

(材料)

なます

生ハム

カイワレ大根

オリーブオイル

黒コショウ

 

(作り方)

1.なますのお酢を軽くきって、カイワレ大根と一緒に生ハムで巻く

 

2.生ハムで巻いた上から、オリーブオイルをかけ、黒こしょうをふったら完成

 

◯ お弁当にも!なますとカニのマヨサラダ

(材料)

なます

カニ缶(カニカマでもOK)

マヨネーズ   大さじ1杯

すり胡麻    小さじ2杯

 

(作り方)

1.なますのお酢を軽くきる

 

2.蟹を軽くほぐす

 

3.材料全て混ぜ、塩コショウで味を整えて完成

 

まとめ

 

せっかく作った食べ物を捨てるのはもったいないですよね。

おせちのような縁起の良い食材なら、なおさらです。

 

リメイクして他の料理にしてしまえば、

目先も変わって家族にばれることもありません。

 

これからは、色々なレシピを使って食べきることができます。

おせちを、全部食べきれば、一年元気に過ごせそうですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - レシピ, 冬行事, 日常お役立ち情報, 日常生活 , , , , , , ,