情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

お正月飾りの由来とは?いつから飾ればいい?どこに置くの?

   

 

お正月飾りの由来や意味とは?飾る時期、しまう時期も大切です!

 

年末が近づくと、しめ縄や門松などお正月飾りを目にする機会が増えますよね。

 

最近では、デザインもおしゃれなものが増えていて、選ぶ楽しさも増えました。

 

でも用意はすれど、それぞれどの場所に、いつ頃、飾ればいいのか悩んでしまいます。

また、片付ける時期もいつなのかわからないということがありませんか?

 

そこで、今回は、お正月飾りの由来や飾り方について、色々ご紹介します。

 

お正月飾りの由来

 

お正月飾りと言えば、

・しめ縄

 

・門松(松飾)

 

・鏡餅

 

・破魔矢

 

などがありますよね。

 

それぞれ、どんな由来があるのか見ていきましょう。

 

◯ しめ縄の由来

しめ縄は、天照大神の日本神話に由来しています。

 

天照大神と言えば太陽の神であり、日本の神様の中で最高峰の地位だったことでも知られていますよね。

その昔、天照大神には、須佐之男命(スサノオノミコト)という弟がいました。

 

弟が仕事もせずに悪さばかりするため、天照大神は怒って岩戸へ隠れてしまいます。

太陽の神である天照大神が隠れたので、世界は真っ暗に。

 

困った神様たちは、何とか出てきてもらおうと踊りを舞い気を引いて出てきてもらう作戦を実行します。

作戦は成功し、出てきた天照大神が二度と岩戸に入らないように、戸に縄をしめました。

 

これがしめ縄の由来です。

 

しめ縄をすることで、神様が存在できる神聖な場所である、

不純なものを寄せ付けない場所だということをアピールしています。

 

また、「しめ」は、神様が占める場所という意味もあるとされています。

家の中に、いつまでも神様がいて欲しいという願いが込められているのですね。

 

◯ 門松(松飾)

松のような常緑樹(一年を通して枯れない木)には、永久不変の象徴として神様が宿るとして大切にされてきました。

 

特に松には「まつ」の音の印象から、「祀る(まつる)」「神様を待つ」という意味が込められています。

 

お正月には、神様が家にやってくると信じられていました。

その松を玄関に飾ることで、「私たちの家はここですよ」という目印にしています。

 

最初は、松を1本だけ飾っていましたが、

神社などに左右対称に2つの守り神があることから、いつしか門松を2つ飾るようになりました。

 

◯ 鏡餅

鏡餅の由来は、姿を映す鏡から来ています。

 

鏡は現在は薄く平らなものですが、大昔のものは青銅で出来ていて厚みがある丸いものでした。

鏡には神様が宿るとされていて、祭りごとなどに大切に使われてきました。

 

お正月に来てくださった神様の居場所として、鏡の形に似たお餅を飾るようになったのが始まりです。

 

また、「己を鑑みる(かんがみる)」から、鑑餅や鏡餅になったという説もあります。

 

◯ 破魔矢

破魔矢には魔よけや、幸運を射止めるなどの意味があります。

一年の豊作を占う行事に弓矢が使われていたことが起源となっています。

 

正月の男の子の遊戯として弓矢が使われていたため、子供の成長を願う縁起物としても扱われるようになりました。

 

その後、矢だけが形を残し、お正月に魔よけとして使われています。

スポンサードリンク

 

お正月飾りはいつから、いつまで飾る?どこに置くの?

 

お正月飾りの飾り方にも悩むことがありますよね。

現在では住宅事情から、少しずつ変化している所もあります。

 

◯ しめ縄の飾り方

しめ縄は神様をお迎えするという意味から、玄関のドア正面に飾るのが基本です。

 

飾り始める時期は、25~28日があたりが多いです。

29日は「二重苦」で縁起が悪く、31日も一夜飾りになるので避けるべきです。

 

外す時期は、松の内を過ぎたら取り外すとされています。

松の内とは、松飾りを飾る期間の事で元旦から15日までを指しますが、7日を過ぎたら仕舞うのが一般的です。

 

外したしめ縄は15日のどんど焼でお焚き上げをするのが習わしですが、火災の防止などから行う場所が少なくなりました。

 

処分する際は燃えるゴミとして、地域のルールに沿って捨てても構いません。

ですが神聖なものなので、御塩で清めてから紙に包んで捨てるなど、大切に扱うといいですね。

 

近頃では、おしゃれなリースのようなしめ飾りも出てきているので、それを使っても構いません。

ですが、本来の意味を考えれば、しめ縄は藁で編んだ縄を使うのが習わしに合っています。

 

◯ 門松の飾り方

門松は、12月13日から28日に飾るのが習わしですが、

最近では、クリスマス後の25~28日に飾ることが多くなりました。

 

しめ縄と同様、29、31日に飾るのは良くありません。

また、しまう時期もしめ縄と一緒です。

 

一般家庭に、大きな門松を飾ることはほとんどなく、略式の門松を飾る家庭が増えています。

 

◯ 鏡餅

鏡餅は、13~28日までに飾るのが一般的ですが、末広がりの意味を込めて28日が一番適しています。

 

鏡餅には鏡開きという行事が別にあり、

1月11日に鏡餅を下して家族で食べると、一年健康でいられるといい伝えられています。

 

飾る場所は、床の間がベストですが、和室や床の間が無い家庭も増えていますよね。

そういった場合は、家族が集まるリビングに飾るようにします。

 

昔は鏡開きの日にお餅を切るのが大変でした。

最近は作り物の鏡餅の中に小さなパックのお餅が入っていたりして、手軽になりましたよね。

 

時代と共に飾る場所も変わりますが、お正月飾りも変わっていくんだなぁと感じます。

 

◯ 破魔矢

破魔矢は、お正月を迎えてから初詣などで授与されます。

 

効力は1年間なので、初詣に行ったときに前年の矢を持っていくと、収める場所が設けられていることが多いです。

 

飾る場所はできれば神棚がベストですが、神棚が無い場合はタンスの上など、目線用絵に飾るようにします。

 

また授与された神社と別のところで古い破魔矢を収めるのは問題がありませんが、

神社でいただいたものは神社で、お寺のものはお寺に収めるのが作法です。

 

まとめ

 

お正月飾の由来は、色々と意味があって面白いですね。

 

年末にお正月飾りを飾ると、

「一年無事に過ごせたな」「来年はどんな年になるかな」という気持ちになりますよね。

 

私が子供の頃は、お餅、しめ縄は祖父母の家で作るのが習慣でした。

今ではそういったことはありませんが、年末になると懐かしく思い出します。

 

お正月飾りも何となく飾るのではなく、由来や時期を考えると1つのイベントになります。

 

家族の思い出作りの一つにもなるので、家族一緒にお正月準備をすると楽しいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - マナー, 冬行事, 日常お役立ち情報 , , , , ,