情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

お年玉の相場は?渡すタイミングやあげる範囲はどう決めている?

   

 

お年玉の相場は?あげる付き合いの範囲、何歳まで渡すの?

 

子供にとって、お正月は「お年玉」をもらえる、嬉しい時期です。

反対に、大人には何かと物入りな時なのでちょっと負担にはなりますよね。

 

お年玉で困ってしまうのは、まずは相場

多いのもいけない、少なくてとケチだと思われるのも嫌ですよね。

 

また、あまりにたくさん渡すのは負担ですし何歳まであげるべきかも悩みます。

 

今回はそんな悩みを解決すべく、お年玉の相場や何歳まで渡すのかについてご紹介します。

 

お年玉の年齢別の相場は?

 

お年玉には、家庭ごとに風習があることも多いですが、一般的な相場というものがあります。

 

お年玉の金額の出し方には、「年齢÷2×1000」という公式のようなものが存在します。

それでは、それを踏まえて年齢別の相場をご紹介します。

 

◯ 赤ちゃん~未就学児の場合

小学校入学前の、3~6歳までの子供には、500~1000円を渡す割合が一番多いです。

 

子供に手渡すこともありますが、親に渡すケースもよくあります。

お年玉として、おもちゃ・絵本などをプレゼントする人もいるようです。

 

赤ちゃんにお年玉を渡すかですが、それは家族内で違ってきます。

 

代わりにおもちゃをあげたり、親にお年玉を渡すのがほとんどですが、

自分の子供にお年玉をもらった場合は、相手の子供が赤ちゃんでも返すのがルールです。

 

◯ 小学校低学年の場合

小学校低学年のお年玉の相場は、1000~3000円です。

 

その中でも最も多いのが、2000円です。

反対に、1000円や500円はほとんどありません。

 

昔、小学校の頃は1000円が多かった記憶がありますが、ずいぶん贅沢になったなと感じます。

 

◯ 小学校高学年の場合

高学年になってくると、お金の価値や計算、管理が自分でできるようになります。

 

自分のお財布からお金を払う機会も増えてくるので、

多すぎず、少なすぎずの3000円程度が丁度いいですね。

 

◯ 中学生の場合

中学生のお年玉相場は、5000円が圧倒的に多いです。

 

自分のものは、お小遣いから買えるだけの金銭感覚を身に付けていますが、

10000円は少し多いかなという印象です。

 

お小遣いの相場も、5000円が多い傾向があり適切な価格だと言えますね。

 

◯ 高校生の場合

高校生になると、相場もぐっと上がり、10000円を渡す人が大多数です。

 

ただ、10000円は多いとの意見もあります。

 

中学校との差をつけてあげたいなら、10000円になるかもしれませんが、

高校生になったといえども、まだまだ学生です。

 

5000円でも全く問題ないでしょう。

 

◯ 大学生にお年玉はあげる?

大学生にお年玉をあげるかは、意見が大きく分かれます。

 

アルバイトでお金を稼ぐことができるようになっているので、あえて渡さなくてもいいという考え方が多いです。

 

実際に、私は「お年玉は高校生で終わりよ」と言われ大学生になってからは貰っていません。

とは言え、大学生にお年玉をあげる人は意外と多く、自分の子供、親戚の子供にはあげるのが一般的です。

 

ですが、大学生は成人式を迎えていなくても、自分のことは自分で出来る十分な大人と言えます。

実際には、高校を卒業してから立派に働いている人もいますよね。

 

貰えなくても、「ケチだ」などと言わないでほしいなと思います。

 

また、社会人になってもお年玉をもらう人もいるようですが、立派な大人なので渡す必要はありません。

スポンサードリンク

 

お年玉はどのタイミングで渡す?

 

お年玉をどのタイミングで渡すかも意外と難しいものです。

 

決まったルールはありませんが、

 

・新年のあいさつが終わってから渡す

 

・親の前で渡す

 

という2点は押さえたい所です。

 

よく、お年玉を早く欲しいという顔をする子供もいますが、

お金は沸いてくるようなものではありませんよね。

 

お年玉の由来はお餅に宿った神様の恩恵をいただく、ということから来ています。

 

新年の挨拶や、貰った時のお礼の言葉、貰ったらすぐに中身を見ないなど、

礼儀をきちんとしておきたいですね。

 

お年玉はどの範囲まで渡す?

 

お年玉を渡す範囲も、大人にとって悩みどころ。

あまりに広範囲だと、重い負担になりますよね。

 

統計では、お年玉を渡す範囲は

 

兄弟の子供… 90%

 

親戚の子供… 32%

 

自分の子供… 50%

 

友人の子供… 27%

 

近所の子供…  5%

 

となっています。

 

自分の子供や、兄弟の子供に渡すのが基本で、

後はその家庭ごとで相談をしたり、習慣と見合わせながら考えていけばよいでしょう。

 

昔は、お正月に会うことが無ければ郵送で渡すのが常識でしたが、

だんだん会わなくなってきて、渡さなくなっていくというケースも増えています。

 

ちなみに、私は親からお年玉をもらったことがありません。

毎月、お小遣いを渡しているのでその必要はないと言われて育ちました。

 

友人が親からもらっていると聞いて驚きましたが、家庭ごとでお年玉の習慣は違うのだと実感しました。

 

まとめ

 

お年玉の相場や、何歳まであげるかなどの傾向はありますが、

お金に関わることですし、親同士、親戚同士相談するのが一番トラブルがありません。

 

子供にとっては、最大の楽しみの一つですが、お金は大切なものだということを教え、

金銭感覚を養うきっかけにするのもいいですね。

 

また、いつまでも、貰えるのだと思わせるのも考えものです。

 

大人になったら、お金は自分で稼ぐものだと教えていくのも必要な教育ですね。

 

 

スポンサードリンク

 - マナー, 冬行事, 日常お役立ち情報 , , , , , , , ,