情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

喪中時の初詣はダメ?神社と寺院との違いと参拝の注意点 忌中の期間を知っておこう

   

 

喪中の時の初詣はダメ?神社と寺院で違いはある?忌中の期間は?

 

喪中や忌中の時には、お祝い事を避けるのが常識ですが、初詣もその一つです。

せっかくの初詣に行けなくて、がっかりした経験がありますよね。

 

でも、そもそも喪中では初詣に行けないのか疑問に思ったことがありませんか?

 

これには、ちょっとした誤解があるようです。

 

今回は、喪中の時の初詣についての色々な疑問についてお伝えします。

 

関連記事:初詣はいつまで行くの?混雑のピークと参拝のマナー

 

喪中の時の初詣は絶対にダメではない!?

 

◯ 寺院なら気にせずに初詣に行くことができる

結論から言うと、寺院への初詣はOKで、神社への初詣は避けたほうが良いです。

 

お正月は神道の行事で、神社にとって「死」は穢れ(けがれ)、不浄なものとして扱われます。

少なくとも、親族の死後50日をすぎるまでは神社の鳥居をくぐることは避けるのが作法です。

 

実は、この50日というのは、「喪中」ではなく、「忌中」と呼ばれるものです。

言葉が似ているので、混同されることが多いようですね。

 

「忌中」は亡くなってから50日間、「喪中」は、一周忌が終わるまでとするのが一般的です。

 

どうしても神社へ初詣に行きたい場合は、忌中の50日を過ぎてから行くようにしましょう。

ただし、地域によっては喪中の初詣に対する考え方が違うので注意は必要です。

 

一方、寺院は死を穢れとはしていませんので、忌中でも喪中でも初詣に行っても問題がありません。

 

◯ 喪中の間の初詣は個人の考え方による

喪中とは、身内が亡くなった時に死を慎み、行動を慎むことです。

 

実は、喪中には特に決まりがあるわけありません。

 

単に、「一般的に○○は避けたほうがいい」とされているだけで

何をするかしないか、いつまで喪に服すかは、自分の意志で決めても問題ないのです。

 

極論ですが、一般的に一周忌までと言われていても

自分が「ここまでで良い」と思えば終えてもいいし、一年以上喪に服してもいいのです。

 

初詣に関しても同じことが言えます。

 

初詣の目的は一年間の家族の幸せを願うことなので、家族で相談するのが一番ですね。

 

喪中の時の初詣で注意すべきこと

 

先ほど、喪中の初詣は忌中が過ぎていれば、行っても問題がないとお伝えしましたね。

 

ですが、喪中はいつもとは違う時期ではあります。

スポンサードリンク

なので初詣に行くときは少し注意が必要です。

 

◯ 玉串料をはらう

全国の神社を取りまとめている神社本庁によると、

「喪中の時に、初詣に参ることは問題ないが、できれば玉串料を納めてほしい」とのことです。

 

玉串料とは、神社がお祓いなどしてくれる時の謝礼のことです。

喪に服す時期なので、お祓いをしていただくことに対して真剣に向き合ってほしいとの思いからです。

 

玉串料の相場は3000~5000円が多いです。

 

◯ 松の内を過ぎてからお参りしたほうがよい

喪中は初詣をしてはいけない、と多くの人が思っている傾向があります。

 

本来はいつ行ってもいいのですが、もし近所の人が初詣にいっている姿を見たら

「喪中なのに、初詣に行くなんて常識がない」と思うかもしれませんよね。

 

それを防ぐためにも、松の内(7もしくは15日、地域ごとで違う)を過ぎて、

お正月ム―ドがすっかり無くなってからの方が安心です。

 

ちなみに、古いお札などは、一年を通じて納めることができます。

お正月期間中に持っていけなくても大丈夫なので、安心してくださいね。

 

忌中の期間はいつぐらい?

 

喪中よりも、忌中の期間の方が厳しい制限があります

 

忌中とは、亡くなった人の家族が忌み、慎む期間のことです。

この期間は家族は外出を控え、社交の場に出ることはタブーとされています。

 

現在では、ずっと家に居なければならないということはありませんが、

お祭り、御祝事、旅行などのレジャーも控えるのが常識と考えているケースが多いです。

 

昭和22年までは、忌中の期間は法律によって決められていました。

もちろん、この法律は廃止されていますが、忌中の期間と言われるものはこの影響を受けています。

 

期間は亡くなった人との、続柄によって変わってきます。

 

父母       …50日

 

義父母    …30日

 

養父母    …30日

 

夫           …50日

 

妻           …20日

 

子供       …20日

 

兄弟姉妹…20日

 

祖父母    …30日

 

などが基準となっています。

 

先にもお話しましたが、喪中と同じように自分の意志で決めるべきものです。

大きく常識から外れなければ、期間は長くても短くても問題はありません。

 

まとめ

 

忌中が終われば、初詣は神社でも寺院でも行くことができます。

 

喪中だから、と初詣に行っても咎められることはありません。

 

ですが、喪中の間は色々なことが制限されますし、

気持ちの上でも、初詣に行く気分になれないこともありますね。

 

初詣の本来の目的は、一年の幸せを祈願することです。

 

家族や自分の気持ちと相談しながら決めるのが良いのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

 - マナー, 冬行事, 日常お役立ち情報 , , , , ,