情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

成人式の振袖はレンタルor購入?レンタルはいつ頃に決めよう?相場はどれくらい?

      2016/11/26

 

成人式の振袖はレンタルor購入?レンタルはいつ決める?相場は?

 

人生一度の成人式

せっかくなら、綺麗な振袖で参加したいと思う女性は多いですよね。

また、親は、大切な娘の振袖姿を見たいと思うものです。

そこで、考えなければならないのは、振袖をどうやって準備するかです。

 

振袖は、日常ではほとんど着ることがないので、

レンタルがお得なのか、それとも一生に一度だから購入するべきなのか…

どちらにしても、購入するにはお金がかかるので、相場なども気になりますね。

 

また、するなら予約もいつ頃決めなければならないのかも気になります。

そこで今回は、成人式の振袖の準備について色々ご紹介します。

 

関連記事:成人式におすすめスーツと相場 選ぶポイントは?どんなデザインがいい?

関連記事:成人式向け長さ別おすすめヘアスタイルは?美容院の予約状況と手作り髪飾りの作り方

 

振袖をレンタル、それとも購入?どちらがいい?

振袖をレンタルするか、購入するか、どちらがいいかは一概に言うことはできません。

 

どちらにも、メリット、デメリットがあるので、それぞれを考慮しながら決めるべきです。

家族と一緒に、何を優先するかを考えて相談しながら決めるのがいいでしょう。

振袖をレンタル、もしくは購入するときのメリット・デメリットは次のようなものです。

 

◯ レンタルのメリット、デメリット

(メリット)

・流行の柄、その時に気に入った柄を選べる

・大胆な柄を選べる

・価格を抑えることができる

・お手入れの必要がない

・保管する必要もない

 

レンタルの良さは、何といっても総合的な手軽さです。

 

(デメリット)

・何度もレンタルをすると、購入より割高になることもある

・気に入っても自分のものにはならない

・平均的なサイズが多く、気にいっても着ることができない場合がある。

・以前にどんな人が着ていたのか分からない。

・保管、手入れが不十分だと、汚れが目立つ場合もある

・人気の柄、新作、デザイン、品質によっては高額になるケースも

 

レンタルの一番のデメリットはサイズ選びが出来ないことです。

サイズがあまりに違っていると、

柄がきれいに出なかったり、身幅が足りず着ることができないこともあります。

 

◯ 購入のメリット、デメリット

(メリット)

・誰も袖を通してない着物を選ぶことができる

・自分の寸法に合わせて仕立てるので、着やすく、着姿が美しく、着崩れがない

・購入金額は高いが、3~4回以上着るとレンタルよりもお得

・成人式以外、卒業式、結婚式、パーティーなど何度でも、好きな時に着ることができる

・思い出が形になって残る

・将来、子や孫の代まで着物を残すことができる。

・姉妹で着回すこともできる

・袖を詰めれば訪問着として使える

 

振袖を購入するときには、形に残したい、子孫に残したいと考える人が多いです。

着物は形が決まっていて流行があまりないので、

代々残していくことができるのがいいところですよね。

 

(デメリット)

・購入代金が高い傾向がある

・専用の和箪笥など保管場所が必要

・クリーニングや染み抜きなどのお手入れ、管理が大変

・柄が気に入らなくなる可能性がある。

・独身のときにしか着れない(独身でも30歳をすぎるとき着にくくなります。)

 

購入のデメリットは、振袖の保管です。

保管場所があり、着物の保管に慣れている人が身内にいないと色々面倒なこともあります。

 

振袖のレンタル予約はいつ頃から?

振袖の予約が始まるのは、その年の成人式が終わった直後です。

1年も前から予約するなんて、早いと思いますよね?

 

でも、そんなことはないんですよ。

人気柄や色は、先にどんどん無くなっていきますので、早い者勝ちのようなものです。

実際、貸衣装や、呉服店のDMなどは前年のお正月明けあたりから送られてきます。

 

前年の11月頃でも残ってはいますが、好きな柄・サイズ共に特徴がある振袖はほとんど残っていません。

1年前でも早いと思いますが、気合が入っている人では、2年も前から予約している人もいます。

スポンサードリンク

 

レンタル相場はどれぐらい?

◯ レンタルの相場は2~50万円

レンタルの価格相場はとても幅があり、人気の柄や色は高い傾向があります。

まさに、ピンキリです。

 

安い場合だと、2,3万程度からありますが、デザインや素材はやはり安っぽさがあります。

反対に、絞りがあるなどの立派な柄や正絹の高級な振袖になると50万円以上することがあります。

 

購入すると安いもので15万円~、普通クラスの振袖だと30万円ほどで購入できるので、その1.5倍もします。

一番多い価格帯では、5~6万円程度です。

レンタルでは10万円ほどで、好きな柄・質も納得がいくものを選ぶことができます。

 

◯ 着付け小物、帯も忘れずに

振袖のレンタルで忘れてはいけないことは、

着付けをするときの小物(伊達締め、腰ひも、補正下着など)も準備することです。

レンタル料金にはそれらは含まれておらず、購入しなければならないこともあります。

購入すると、1万円程度かかります。

 

また、ショールや帯などの価格もレンタル料に含まれていないことがあるので必ず確認しておきましょう。

着付け代、ヘアセット代、ネイルなどをするなら

その費用も必要なので、トータルの金額をよく考えておくことが肝心です。



 

まとめ

今では、レンタルする人が増えていて、

その時の流行や20歳だから似合う振袖を選ぶ傾向があります。

 

時代が変化しているので、それもいいのではないかと思ますし、

振袖は華やかなので、こちらも嬉しくなりますよね。

 

以前は購入する人も多く、値段もかなり高顎で

すべて揃えると100万ほどもすることも珍しくありませんでした。

 

私も購入して貰ったのですが、

卒業式、結婚式で1回、全部で3回着ていて、帯や着付け小物は何度も使っています。

 

丁寧に保管してあるので、いつか誰に来てほしいと願っています。

 

 

スポンサードリンク

 - 冬行事, 日常お役立ち情報 , , , ,