情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

成人式の前撮りはいつ頃?写真撮影の相場と当日に気を付けることは?

      2016/11/30

 

成人式の前撮り 時期や相場、当日の撮影で気を付けることは?

 

成人式のイベントの一つに前撮りがあります。

 

これから大人の女性として成長しますが、20歳の美しさ、可愛らしさは今だけ。

是非、写真を残したいと考える親御さんもたくさんいます。

 

成人式当日は、朝から準備が忙しく、

式典が終わってからも友人と集まることもあるので、写真撮影は前撮りがオススメです。

 

そこで、今回は成人式の前撮りの時期や相場、写真撮影の流れなどについてお伝えします。

 

関連記事:成人式向け長さ別おすすめヘアスタイルは?

関連記事:成人式の着付けやメイクにかかる時間は?

 

成人式の前撮りはいつ頃がいい?予約の時期は?

 

◯ 予約は前年の成人式が終わってから

早いと思うかもしれませんが、

成人式の前撮りの予約は前年度の成人式が終わった直後からスタートしています。

 

写真館やフォトスタジオでは、一年中成人式の写真撮影を受け付けています。

 

お気に入りの柄や人気のデザインを選びたいなら、レンタルの予約が入っていない時期にしましょう。

撮影の予約が最もいっぱいになる時期、予約のピークは10~12月です。

 

丁度、七五三の撮影を重なるため、混雑の中で撮影をしなければならない可能性もあります。

 

◯ 最もおすすめは5~6月

おすすめの時期は5~6月です。

 

この時期は、寒くも暑くもなく、屋外での撮影もしやすい気候です。

 

風邪を引く可能性も低く、エアコンを使うことも少ないので冷えによるむくみも防ぐことができます。

季節の変わり目や、花粉症のピークも過ぎているので肌トラブルが少ない時期でもあります。

 

肌の敏感な人にとってはもっとも最適で、大切な写真に美肌で撮影ができますよ。

 

写真撮影費用の相場は

 

◯ 撮影費用の相場

写真撮影費用は写真館、フォトスタジオ、選ぶプランやカット数などによって変わってきます。

 

一般的な相場は

 

・撮影のみ(写真館の衣装、または持ち込み)…1~1万5千円

 

・着付け+ヘアメイク+撮影…4~5万円

 

・着付け+ヘアメイク+撮影+振袖レンタル…5~15万円

 

です。

 

同じ内容やプランでも、撮影時期よって費用が変わるケースもあります。

 

◯ プラスされるサービスもチェックして

費用以外にも、写真館によって違ってくるものがあります。

それはサービスです。

 

例えば、前撮りをすると

 

・1万円相当の着付け小物をサービス

 

・写真のデータをCDにしてくれる

 

・友達と一緒に撮影すると、割引

 

・卒業式の袴レンタルが無料

 

などです。

 

同じ金額を払うなら、少しでも満足したいはず。

いくつか気になる写真館、フォトスタジオを見つけて、調べておくといいですね。

スポンサードリンク

 

当日の流れ 撮影のヘアメイクで気を付ける事は?

 

◯ 当日の撮影の流れ

 

振袖を着ての撮影は想像以上に時間と体力が必要です。

「こんなに大変なの!?」ということにならないように、前もって流れを把握しておきましょう。

 

(撮影の流れ)

1.受付を済ませる

写真館やフォトスタジオに着いたら、受付を済ませて、当日の撮影の流れを聞きます。

 

2.ヘア、メイクのセットをする

約1時間程度でメイクが終わります。

 

3.着付けをする

30分~1時間ほど時間がかかります。

 

4.撮影をする

カット数によりますが、30分程度かかります。

 

5.着替えて写真を選ぶ

 

撮影をした後に、すぐ写真を見ることができます。

気に入った写真をじっくり選んでくださいね。

 

◯ 当日の撮影で気を付けることは

振袖を着ての写真撮影はかなり大変です。

 

前撮りをスムーズに終わらせるためには、当日の朝がポイントです。

 

紐を何本も使って着付けていくので、締め付けが多いです。

食べすぎると苦しくなり、気持ちが悪くなることもありますので注意してください。

 

反対に空腹でもよくないので、朝食は軽めにしておきます。

 

また、体調や肌のコンディションを整えるために、前日の夜は早めに休みましょう。

 

◯ 当日の持ち物で気を付けること

当然ですが、遅刻をせず、写真館から指定されたものは忘れないように

前日に準備し忘れる事のないようにしましょう。

 

それ以外では、次のことに気を付けます。

 

・ストロートと水分補給のための飲み物

 

・貴重品を入れるための小さい袋

 

・ヘア、メイクのイメージがある時は、その写真や雑誌

 

・アクセサリーは付けていかない

 

などです。

 

これら以外にも、つけまつげなどを使う人は、その準備をしておきましょう。

 

また、肌が敏感だったりお気に入りの化粧品がある時には、

事前にそれを使いたいことを伝え、忘れずにも持参してくださいね。



 

まとめ

 

前撮り写真は、一生残るものです。

 

何年もして、見返したときにも満足が行くように、十分な準備が肝心です。

少しでも、気になることがあった時は、迷わずスタッフ・店員に相談してください。

 

納得がいく撮影ができるといいですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - マナー, 冬行事, 日常お役立ち情報 , , , , , , ,