情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

大学の卒業式は和服?スーツ?振袖と袴はどちらがいい?レンタル相場やおすすめデザイン

      2016/12/27

 

 

 

3月は、卒業式シーズンです。

 

卒業式と言えばスーツを思い浮かべることが多いと思いますが、大学の卒業式はちょっと違います。

 

男子学生はスーツ以外を見かけることはあまりないのですが、

袴を着る女子学生もいれば、スーツを着る人もいます。

 

いくつか選択肢があると悩みますよね。

卒業式には、どんな服装で出席するのがいいのでしょうか。

 

関連記事:大学の謝恩会の服装マナーとは?どんな格好・髪型がいい?移動や着替えはどうする?

 

大学の卒業式の服装は和服?スーツ?

 

◯ 男子学生はほぼ100%スーツ

男子学生は、ほぼ100%スーツを着て参加しています。

 

周囲にもスーツ以外を着ている人はあまり見たことがありません。

稀に袴を着ている人がいますが、少数派の為か浮いているように感じます。

 

スーツはリクルートスーツを着ている人や、成人式に着ていたスーツを着ている人が多いですね。

 

◯ 女子学生は袴が多い

女子学生は圧倒的にを着る人が多いです。

 

卒業式に袴を着るようになったのは、明治時代の女学校の名残です。

 

この時代に動きやすい服装として袴が制服に選ばれたことから、

卒業式の服装のイメージが定着していきました。

 

袴は正装ではないため、卒業式以外で着る機会はなく、

「一回限りだから」と袴を選ぶ傾向があります。

 

◯ 女性のスーツでの出席はだめ?

一生に一回しか着ないものにお金を出すのは、もったいないと感じる人もいます。

 

そういう場合はスーツで参加しても問題ありません。

 

確かに袴が圧倒的に多いですが、

共学では大半の男子学生はスーツなので、そんなに浮くことはありませんよ。

 

リクルートスーツを上手くアレンジしたり、

就職してからも使えるようなスーツで出席したりする人もいます。

 

新たに購入しても無駄になりにくいので、光沢のあるスーツを選ぶ人が多いです。

 

振袖と袴はどちらがいい?レンタル相場、デザイン、色のおすすめは?

 

◯ 振袖、袴のどちらでもよい

振袖は、未婚女性の正装ですし、袴は卒業式の服装として認められているのでどちらでも構いません。

 

成人式に振袖を着たから、次は袴を着るというケースもあれば、

卒業式は袴、謝恩会は袴を抜いて帯を締め直し、振袖にする人もいます。

 

ただ振袖を着るよりも、袴の方が動きやすく

長時間の卒業式、謝恩会には向いていると言えますね。

 

卒業式の長さや、謝恩会は着替えて参加するのかなどを考慮して決めると言いですよ。

 

◯ レンタル相場は?

レンタル相場は、着物、袴、着付け小物のみのレンタルなら2~3万円です

 

着付けメイクの費用が10000~15000円程度なので、

すべてを踏まえると、30000~50000円ほどが相場になります。

 

因みに私は袴を着ましたが、振袖は持っていたので(袴の上は振袖を使う)

袴のみのレンタルで10000円、着付け・ヘアセットで12000円、全体で22000円でした。

 

◯ 色やデザインは?

袴の色は、黒、紺、深い緑、ボルドー系などがほとんどで、白やベージュなどの明るい色は少なめです。

 

薄めの色もいいですが、着物の色と合わせにくい傾向があります。

袴は濃い目が合わせやすく、迷った時には、黒、紺系がおすすめです。

 

着物の色は、顔写りがいいように華やかに見えるように明るい色を選ぶのがいいですね。

生地の色が濃い目でも、柄が豪華なものなら明るく見えます。

 

フォーマルな式ですがある程度の華やかさは必要なので、上品な柄を選ぶ様にしましょう。

 

現代風の柄も素敵ですが、古典柄も個性的で良いですよ。



 

スーツスタイルの場合はどんなスーツを選ぶ?合わせるシャツは?

 

◯ 基本は黒、紺、グレー

スーツを着る場合、男性なら黒、紺、グレーを選べば、まず間違いありません。

 

リクルートスーツを使いまわしてもいいですし、新たに購入する余裕があるなら、

少しおしゃれ感があるもの、光沢があるものや、ピンストライプなどのデザインがあるものがおすすめです。

 

女性の場合は、紺、グレーのほかにベージュ系の明るいものやフリルが付いたもの、ラメ感があるツイードも、上品な華やかさがありますよ。

 

黒は喪服のイメージが強くなるので、卒業式には避けたほうがいいですね。

スポンサードリンク

 

◯ 合わせるシャツはどうする?

スーツの色は、どうしても地味になりがちなので、シャツで明るさを出すことがポイントです。

 

男子学生なら、カジュアルになりすぎない程度に、

ボタンダウンやストライプ、淡い赤、青などのカラーシャツがおしゃれです。

 

女子学生なら、フリル付など、

堅くなりがちなスーツのイメージを柔らかくするようなシャツを選びましょう。

 

また、スーツやシャツの色に合わせてポケットチーフを入れたり、

コサージュをつけたりするのもポイントになります。

 

就職活動で使った、白シャツやネクタイなどを着ていくと、

「これから就職試験に行くの?」と思われてしまうので、注意してくださいね。

 

まとめ

 

大学の卒業式は、人生の中で学生最後の日になります。

 

お世話になった先生、教授、友人などに、感謝の心が伝わるような服装で出席しましょう。

感謝するといっても、記念日ですので少しぐらいなら派手にしてもいいと思います。

 

いい思い出にして、新たな社会人生活のスタートになるといいですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - マナー, 日常お役立ち情報, 春行事 , , , , ,