情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

引っ越しの荷造りはいつからやる?荷造りは自分で?業者へ依頼?段ボールはどこで調達する?

      2017/01/08

 

 

引っ越しと言う大仕事の中つい忘れがちになってしまいますが、

実は荷造りは一番大変な作業です。

少しでも簡単に、楽に出来る様なポイントをご紹介します。

 

関連記事:引っ越しの粗大ゴミ・不用品の処分方法とは?まだ使える不用品はどうするの?

 

引っ越しの時の荷造りはいつからやる?効率よく片づけるポイントや順番はある?

 

引っ越しの段取りが決まったものの、

荷造りを後回しにしてしまう方は多いのではないでしょうか?

 

引っ越しの荷造りは一か月前でも十分間に合います。

 

ですが逆に言えば一か月も掛かるので、

目安としては引っ越し一か月前から荷造りに取り掛かった方が良いです。

 

ただポイントさえ抑えれば2週間で終わらすことも出来ます。

そのポイントを解説して行きます。

 

まずは普段使わない物の荷造りから行いましょう。

季節物の服などが当てはまります。(春に引っ越すのであれば冬服は着ませんね。)

他にも今は使わない思い出の品(賞状やトロフィーやアルバム)も優先的に片づけてしまいましょう。

部屋の飾りのぬいぐるみ等もあてはまります。

イメージとしては生活空間にないものを意識してみるといいですね。

 

引っ越し日に近くなったら、

お皿や調理器具などを引っ越し前には使わない物を梱包していきましょう。

特にお皿は割れやすく梱包に時間が掛かるので、使い捨ての道具だけで過ごすのも選択肢のひとつです。

普段読んでいる本も早めに片付けてしまうといいです。

 

引っ越し1~2前なら必要最低限のもの以外は片づけた方が気が楽になります。

もしかしたら、と言っても大抵使わないのでほぼ荷物がない状態まで片付けましょう。

特に引っ越し前はいろんな所を掃除するので物が無い方が、清掃しやすいですね。


荷造りは業者に依頼?自分でやる? それぞれのメリットとデメリット

次は荷造りを業者に頼むメリットとデメリットを解説します。

荷造りはほとんどの場合、自分でやると思いますが中には多忙な人もいますよね。

どうしても荷造りの時間が取れない方は業者に頼むのも手です。

 

引っ越しで一番大変なのは荷造りと言うのもあるぐらいに、荷造りは重労働です。

なの最も大変な作業を業者に依頼して見るのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

荷造り専門の業者もあるのでそれのメリットを紹介します。

 

・引越し業者以上にきめ細かいサービスしてくれる

・梱包スタッフを女性のみに依頼でき、女性の方でもプライバシーを守ってもらえる

・作業は引越し当日に終わるので、引っ越し前まで普通に過ごせる

 

こう見ると、引越し業者にはないメリットが多くありますね。

荷造りのプロの業者なので破損関係の問題も解消されると思います。

 

ただ荷造り専門業者の料金の相場はどれくらいでしょう?

(2016年12月現在の)価格の平均は3万円です。

荷解きも依頼する場合は、ほぼ同額の料金がプラスされることが多い様です。

 

決して安い価格ではないですが、時間や労力を減らす事が出来るので、

力仕事が苦手、体力に自信のない人は荷造りプロにお願いするのも良いと思います。

 

 

荷造りにあると便利な道具は?段ボールはどう調達する?

 

いよいよ荷造りに取り掛かりますが、段ボールはどうやって準備すればいいのでしょう。

 

段ボールは通販でも購入できますし、ホームセンターに行けば置いてあります。

市販されているダンボールは用途が様々な為、色んなサイズのものがありますよ。

 

有料で用意するのもいいですが、多くの引越し業者からはダンボールは基本的に無料でもらえます。

 

もらえるダンボールの個数の目安は一人暮らしの引越しで10枚ほど、

家族の引っ越しに利用するのに20枚ほど貰えます。

 

引越しのダンボールの大きさには大・中・小など複数の大きさを用意してくれる場合もあります。

ダンボールのサイズは荷物の種類によって使い分けをしましょう。

 

因みに一人暮らしの人が使うダンボールの目安ですが、大体ダンボールを10個以上は使うようです。

なので引っ越し業者からもらえるダンボールでは足りない場合もあるかもしれません。

 

まとめ

 

荷造りの目安は2週間でも終わりますが、余分に一か月ぐらいは取っておくべきです。

 

荷造りを業者に依頼すると3万円ほど掛かりますが、

その分サービスの質が高いので、検討してもいいかもせれませんね。

 

引っ越し業者の方からはダンボールをもらえますが、

自身の荷物が多い場合は少し買っておく慌てすに済みますよ。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活 , ,