情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

引っ越したら電話番号はどうなる?移転の手続きや費用は?引っ越し先で同じ電話番号を使うには?

   

 

 

携帯電話が普及している今、固定電話を持つ人は減っていますよね。

それでも固定回線を持っている家庭はまだまだ多いです。

いざ引っ越しをするとなると、手続きはどうするのか?番号は変わってしまうのか?など

分からない事だらけになってしまいますよね。

今回は、そんな引っ越しの際の固定電話に関する疑問についてお答えしていきます。

 

関連記事:引越した時の住民票はいつ移動させる?手続きしないとどうなる?手続きの流れは?

 

引っ越したら電話番号は変わる?市内の場合は?県外の場合は?

 

最近では固定番号の利用度が減り、案外知らない方も多いと思いますので、

ざっくりと種類のおさらいをして行きたいと思います。

 

電話回線の種類は、

・アナログ回線

・デジタル回線

IP電話(ひかり電話など)

 

簡単に言うとこんな感じです。

 

次に同一市内での引っ越しの場合に番号が変わるか?という事についてお話します。

 まず、同一市内であれば基本的には変更しなくても大丈夫です。

 

ですが局番が複数ある市の場合、変更がある可能性があります。

ただし区内でも電話局が複数の場合があります。

その場合も変わってしまうかもしれません。

 

つまりNTTの局が同じであれば、同じ電話番号を継続して使えますが、

電話局が変わると、電話番号は変わってしまうのですね。

 

ちなみにひかり電話やIP電話の場合は電話番号が変わらない場合が多いです。

 引っ越し先でもひかり電話のサービスを受けていれば、

大抵はそのまま同じ電話番号を利用できます。

 ですが、IP電話は[050]から始まる番号や、[03][06]等から始まる番号とで違いがあります。

 [03][06]から始まる番号は地域によって電話番号が変わるので、引っ越すと電話番号は引き継がれません。

 

もし疑問に思ったら電話局に聞いた方がいいですね。



 

移転の手続きは何が必要でいつ変更する?費用はかかるの?

 

NTT(電話局)さんから詳しい手続き方法が載っていたので、

それを簡略可して説明してみます。

 

お手続きの際には、下の情報をWeb画面上からご入力する必要があります。

・現在お使いのお電話番号

・電話のご契約者名義

・電話の設置場所(現在の住所と新住所)

・請求書送付先の住所(送付先住所と電話の設置場所住所が異なる場合)

・工事のご希望日

スポンサードリンク

 

引越し先でもすぐに電話を利用したいという人の要望に応えるため、

電話工事は予約制というものがあります。

お引越しのシーズンには電話の移転のお申し込みが集中し大変な混雑が予想されるので、

早めにお申し込みしましょう。

 

次に費用はどれくらいかかるのかについて説明します。

 

・移転(電話の引越し)の場合、2,000円〜10,000円程度の工事費が必要

・工事費は、移転先で取り付けする場所の電話設備の状況等により異なる

・自宅への訪問が不要の工事(NTT局内工事)の場合は2,000円かかる

・自宅へ訪問しての工事が必要な場合は、10,000円かかる

 

一般的なマンションやアパートであれば、すでに電話線が引かれているので、

モジュラージャックの差し込みと通信テストのみで作業は完了します。

その場合の費用は約2,000円で済みますね。

 

新築の一戸建てなど、新たに電話線の敷設工事が必要となる場合は10,000円程必要です。

工事は居住者立ち合いのもとで行われるので、余裕をもって予定を組むといいですね。



 

引っ越し先でも同じ電話番号が使いたい場合は?

 

まずは電話局のNTTさんのサイトより抜粋しますね。

 

・同一市区町村内でのお引越しの場合は変更しなくでも大丈夫

・引越し前と引越し後において、収容局が異なる場合などは変わる場合があります。

・引越しに伴う電話番号の変更について確認を希望される場合は、局番なしの「116」へ

 

基本的には、基地局と市区が変わらなければ変更しなくても大丈夫です。

ただ引っ越し先で市区や基地局が変わるけど、電話番号を変えたくない時には困りますよね。

 

そんな時、どうしても電話番号を変えたくない人への裏技があります。

それは、今の番号の契約を残して、引越し先へ転送をかけるというものです。

NTTでいえば、ボイスワープというサービスがありますので、

このサービスを使えば、自動的に新居の番号へ転送してくれます。

 

ただ、この仕組みの場合は旧住所の契約を残す必要があるので、

在住んでいる電話機と引っ越し後の電話機の通話料金を負担する必要があります。

実家から単身赴任など、家族は今の家に住続ける場合などに使える裏技ですね。

 

まとめ

 

基本的に市内と局を変えなければ引き継ぎはOKです。

費用は2,000円〜10,000円は必要になってきます。

 

引っ越した後に早めに固定電話を使いたい場合は予約ができるのでそれを利用するといいですね。

 

 携帯電話の普及でつい忘れがちですが、それでも固定電話は今でも十分に使います。

なんだかんだと使う場面もあるので、使う時に困らない様にしっかり変更をしておきましょうね。

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活 , , , , , , , ,