情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

花粉症はどんな食べ物で悪化する?その理由とは?症状を抑える食べ物もある?

      2017/01/10

 

 

 

花粉症シーズンになると、

「花粉症には○○が良くない」とか「○○を食べると、症状を抑えることができ、効果的」

などの情報がよく飛び交います。

 

辛い花粉症に悩まされていると、特定の食べ物を避けてみたり、

反対に多く摂取してみたりと色々試すことも多いですよね。

 

でも、花粉でもない食べ物が花粉症を悪化させる、

薬でもないのに症状が抑えることができるなんて少し不思議ですよね。

 

一体どんな食べ物がNGで、OKなものは何なのか、その理由は何なのでしょうか?

 

関連記事:花粉症にヨーグルトを食べると良いのはなぜ?効果的な食べ方は?

 

花粉症は食べ物で悪化するって本当?

 

花粉症の原因はアレルゲンとなる花粉なので、食べ物で花粉症をすぐに発症することはありません。

 

花粉症は体に入ってきた花粉に免疫機能が反応して抗体を作り、

再び花粉が入ってきたときに異物として反応し、ヒスタミンを発生させることで起こります。

 

花粉症の人はアレルギー体質の人が多く、免疫機能が上手く働かない傾向があります。

花粉以外にも、食べ物アレルギー、例えば果物や小麦などのアレルギーを持っていることが多いのです。

 

そのため、花粉症で弱くなった免疫機能が

食べ物アレルギーによって更に傷つき、症状が悪化することがあります。

 

また体調が悪かったり、偏食や栄養不足などが原因で、免疫機能が弱まり花粉症が悪化するケースもあります。

 

花粉症を悪化させるのはどんな食べ物?その理由は?

 

花粉症を悪化させる食べ物には次のようなものがあります。

 

◯ 生の野菜や果物

果物や野菜にはミネラルやポリフェノールなどが含まれていて

花粉症の症状を抑える成分もあるのですが、人によっては喉や唇の痛みをなどが出る場合があります。

 

これを口腔アレルギーと言いますが、花粉症の人は発症する確率が高いです。

 

◯ 唐辛子などの香辛料

香辛料が原因で花粉症になることはありませんが、

刺激で鼻水、涙が出やすくなり、症状が悪化する可能性があります。

 

◯ 高カロリーの食事やファストフード

花粉症の発症率が高くなったのは、昭和40年ごろからで、食事が欧米化した時期とほぼ同じです。

 

お肉などのたんぱく質は、免疫機能を高めるためには必要ですが、

多くなり過ぎると、免疫が過剰に働き症状が悪化します。

 

特に高脂肪、高カロリーのファストフード塩分が多い出来合いの食品は発症を促す事になりやすいので、

出来るだけ避けるようにしましょう。

 

◯ 甘い物

甘いお菓子に含まれる砂糖は、

スポンサードリンク

体を冷やしたり炎症を引き起こしやすくなるため、摂り過ぎると免疫機能に影響を与えます。

 

またアイスクリームなどの冷たいお菓子は、

更にカラダを冷やすため、症状がひどい時には避けるようにしましょう。

 

◯ 油脂

植物油に含まれるリノール酸は

コレステロールを下げるなど、健康に良いとされていますが、やはり摂り過ぎはよくありません。

 

炒め物に少量を使う程度なら問題はありませんが、揚げ物中心の食事が多いと摂り過ぎになります。

サラダに使うドレッシングやマヨネーズも油が多いので使用量に注意をしましょう。

 

◯ アルコール

アルコールを摂ると、毛細血管を刺激するため、涙や鼻水が出やすくなります。

 

症状がひどい時にはさけたほうが安心です。

 

◯ たばこ

食べ物ではありませんが、花粉症の人はたばこも控えたほうがいいです。

 

煙に含まれる成分が鼻の粘膜を刺激し、活性酸素が増えるので、

鼻水が出やすくなるなど、花粉症の症状を悪化させます。

 

吸っている本人が花粉症でなくても、

周囲に花粉症の人がいる場合には、吸う環境を考えるのも喫煙マナーの一つですよ。

 

花粉症の症状を抑える食べ物は何?その理由は?

 

◯ 腸内細菌を増やすヨーグルト

花粉症を和らげるためには、免疫機能の向上がポイント。

 

免疫機能を向上させるためには、まず腸内の環境を整えることが大切で、

「花粉症を抑える=腸内環境の改善」とも言われています。

 

ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌が多く含まれているので、花粉症の症状を抑えることができます。

 

◯ ポリフェノール

ポリフェノールには、鼻水やくしゃみを起こすヒスタミンなどの発生を抑える働きがあります。

 

更に、活性酸素を減らす作用があるため炎症を抑えることも期待できます。

ポリフェノールを多く含む食品は、シソの葉、レンコン、玉ねぎ、赤ワインなどですね。

 

◯ 甜茶

お茶だけでなく、キャンディーやガムなどの商品で目にすることが多いのが甜茶(てんちゃ)です。

 

甜茶にも、甜茶ポリフェノールが含まれていて、ヒスタミンの発生を抑えてくれます。

また、鼻づまりやくしゃみの原因になるシクロオキシゲナーゼという酵素も抑えますよ。

 

◯ 凍頂烏龍茶、べにふうき茶

甜茶と並んで、凍頂烏龍茶やべにふうき茶にも

ポリフェノールの一種であるカテキンが豊富に含まれているため効果が期待できます。

 

まとめ

 

昔からスギやヒノキなど花粉症の原因になる植物はあったのに、それほど患者はいませんでした。

 

これほど患者が増えたのには、食生活の変化が大きく影響しています。

 

アレルゲンになる物質を取り除くことも大切ですが、

自分の食生活を見直し、健康的な生活ができているかどうかを考えることも大切です。

 

野菜も魚も肉も、バランスよく食べて花粉症を緩和させていきましょうね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , , , , , , ,