情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

花粉症で咳・痰が出るのはなぜ?日常生活で出来る予防策と喉が痛い時に良いものを紹介

      2017/01/11

 

 

花粉症になると毎日大変すよね?特にシーズンの時には外出するのも一苦労です。

 

ただでさえ目が痒かったり鼻がムズムズしてツラいのに、

咳が止まらなかったり、痰が出て呼吸し辛かったりすると本当に消耗してしまいますよね。

少しでもその症状が良くなるよう、咳や痰を抑える改善方法を紹介します。

 

なぜ花粉症で咳や痰が出るの?

 

春先になると花粉症で辛くなる方も多いと思います。

ではなぜ花粉症になるのでしょう?

 

まず基本の症状のおさらいです。

主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみとされ、一般的には花粉症の4大症状と呼ばれています。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどはアレルギーの症状で起きてしまいます。

 

肥満細胞が花粉をやっつけようと

ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンといった物質を出してアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

アレルギーが起こるとアレルギー性鼻炎のように鼻水に似た物質が喉から分泌され、痰が出てきます。

ちなみに痰とは、肺などの呼吸部分から出る異物を粘液で取る出すために分泌されます。

 

そして咳が出るのは、喉などに存在する花粉を除去しようとする体の反応です。

体に入った異物を出そうと、たくさん咳が出てしまうのですね。

 

スポンサードリンク

 

日常生活でできる予防策とは?

 

では普段の生活で花粉を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

 

○マスクは必須アイテム

花粉症対策の基本はマスクです。

マスクを着用する際のポイントは、自分に合ったサイズのマスクを選ぶ事です。

 

鼻まで密封するマスクがおすすめですが、人に寄りサイズが異なります。

今やドラックストアには様々なタイプのマスクがあるので、自分に合ったサイズを見つけましょう。

化粧する方は化粧が落ちにくいマスクや、メガネが曇りにくいマスクなど用途に応じて選ぶといいですね。

 

○湿度を保つのは重要

花粉症に限らず、咳が出ている時には乾燥を防ぐためにも湿度を保つ事が大事です。

それでは、湿度はどれくらいにキープすればいいでしょうか?

 

鼻や喉の粘膜の炎症を抑えるには、50〜55%の湿度が適切と言われています。

湿度が低いと、鼻や喉が乾燥して余計に炎症を悪化させてしまいます。

 

湿度設定のできる加湿器を上手に使って湿度コントロールをしましょう。

加湿器がない場合、濡れたタオルを掛けておくだけでも効果があるので試してみてくださいね。

 

○水分補給も欠かさずに

そして、炎症を少しでも抑えるために水分を摂るのも忘れずにしましょう。

花粉症の症状が出ているときは、鼻の中で炎症が起こり粘膜の機能が低下しています。

炎症を抑えるためにも、水分を多く摂る事は大切です。

 

 

喉が痛い時に摂ると良いものとは?

 

喉が痛いときには、喉を潤して炎症を抑えるものが最適です。

ひどい時だと唾液を飲み込むだけでもヒリヒリしますよね。

どんな飲み物・食べ物が良いのでしょうか?

 

○喉が痛いとは?

いわゆる「喉が痛い」というのは、喉が炎症を起こしている状態です。

炎症を起こしていると喉には熱がこもるため、

冷やすと言う意味でも、ひんやり・のど越しの良いゼリーやプリンを食べるものいいですよ。

最近だと飲むゼリー飲料も種類があるので冷やして飲むとスッキリすると思います。

 

ヤクルトやヨーグルトなどに入っている乳酸菌は花粉症の症状を抑えてくれます。

乳酸菌を摂る事により善玉菌が増えるので健康にもいいですね。

 

関連記事:花粉症にヨーグルトを食べると良いのはなぜ?

 

ヨーグルトの他にも、甘酒などにも善玉菌が含まれているのでおすすめです。

甘酒はホットでも美味しいのですが、

熱しすぎは善玉菌が熱で死滅してしまうため、温めすぎには注意してくださいね。

 

 

まとめ

 

花粉症のあらゆる症状を抑えるためにも、マスクマストアイテムです。

色々試してみて自分に合うものが見つかるといいですね。

 

また、症状を悪化させないように湿度を保つのは大事です。

風邪の予防にもなるので、日ごろから部屋の湿度を意識してみるといいですよ。

 

喉を冷やすと炎症を抑えることができますが、

冷たいものばかり飲むと体全体を冷やしてしまうので、「ほどほど」で留めておきましょう。

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , ,