情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

ホワイトデー、そのお菓子に意味があるのを知ってる?お返しを期待している女性のホンネを暴露!義理のお返しはどんなものがいい?

      2017/01/17

 

 

バレンタインデーにチョコレートをもらったら、

ホワイトデーにはお返しをするのは今や常識となっています。

 

「お返しなんてお菓子でいいよね!?」「何でも問題ない」

なんて思っていると、大変なことになるかもしれません。

 

お返しに選んだお菓子や、プレゼントには実は意味があって、

場合によっては、想像もしなかった誤解、勘違いをされたりすることもあるんです。

 

渡す人のセンスも問われるホワイトデーのプレゼント選びはどうすればいいのでしょうか?

 

関連記事:ホワイトデーにはどんな花を贈ろう?バラは本数で意味が変わる?

関連記事:ホワイトデーに贈りたいコスメブランドはこれ!おすすめ美容グッズ・美容家電も一挙公開!

 

そのお菓子に意味があるか知ってますか?お返しには要注意!?

 

ホワイトデーが近づくとデパ地下やコンビニなどに色々なお菓子や商品が並びますよね。

 

男性にとってはすべて同じお菓子に見えてしまいますが、

商品に特に違いを感じなくても、意外な意味が含まれているんです!

 

特に意味なんて気にしない女性もいますが、

反対に意味を気にして一喜一憂したり、困ったりするケースもあります。

 

よく、ホワイトデーに選ばれるものの意味は

 

・クッキー…「友達でいましょう。」「あなたはお友達です。」

クッキーは好き嫌いがあまりないイメージがあるため「たくさんのなかの一人ですよ。」という意味がついたようです。

 

義理で返すには値段も手ごろだしぴったりですが、間違って本命にあげないようにしたいですね。

 

・キャンディー…「好きです」「付き合ってください」

甘くて長く味わうことができるキャンディーには「長く交際が続く」という意味が付いたようです。

本命にぴったりですね。

 

・マシュマロ…「あなたが嫌いです」「ごめんなさい」

口の中ですぐに消えてしまい、食べごたえも少ないマシュマロは、

「長続きしない」意味になったようです。

 

・マカロン…「あなたは特別な人です」

他のお菓子に比べて値段も高いので、特別感を連想するようです。

 

・バームクーヘン…「長生きしてください」

結婚式の引出物として使われることが多いバームクーヘンも人気があるようです。

 

年輪に見えることから付けられた意味ですが、

若い人向けではなく、お母さんにおすすめのお菓子ですね。

 

・グミ…「嫌い」

 

・キャラメル…「一緒にいると楽しい」

 

・ケーキ、チョコレート、ラスク…特に意味はなし

 

・ハンカチ…「別れたい、離れたい」「さよならがしたい」

 

お返しを期待している女性のホンネを暴露!「こんなものは要らない!」ものは?

 

本命のお返しには、

 

・既に交際をしている

 

・これから本命の返事をして交際を始める

 

の2つのパターンがあります。

 

◯ すでに交際をしている場合

既に交際をしているなら、相手の女性の好みや欲しいものは推測しやすいですよね。

 

がっかりされるよりは、欲しいものを聞いてプレゼントするのが一番喜ばれます。

でも、わざわざ聞くのもちょっと…と思うこともありますよね。

 

女性がこっそり期待しているお返しは何だと思いますか?

 

それはまず「アクセサリー」です。

 

指輪はサイズが分からないと購入しにくいですし、

デザインによっては入らないこともあるので、選びやすいのはピアス、イヤリング、ネックレスです。

 

次に、バッグやお財布、少し高級なレストランでの食事なども人気があります。

 

お菓子を贈るなら、一番はキャンディーやマカロン、ケーキを一緒に食べるなどもいいですね。

スポンサードリンク

 

◯ これから交際を始める場合

これから交際を始める場合は、相手の趣味もわからないのでプレゼントが選びにくいですよね。

最初に値段がするプレゼントをあげて、相手の女性が驚いてしまうケースもあります。

 

そんな時は、「食事」に誘ってみてはどうでしょうか?

食事なら、デートを兼ねることもできますよね。

 

プレゼントを送りたいなら、キャンディーが一番無難です。

 

珍しいものをあげたい気持ちもあるかもしれませんが、好みと合わない危険性もあるので避けるほうが安心です。

 

◯ 「こんなものは欲しくない」いらないプレゼントもある!

「せっかく渡したのに、要らないなんて!!」と怒ったり、悲しくなったりするかもしれませんが、実際もらって困るプレゼントもあるんですよね。

 

まず、一つ目は自分の好みと大きく外れたプレゼントです。

 

例えば、

 

・ゲームなどのキャラクターがついたもの

 

・ぬいぐるみ

 

・洋服

 

・花

 

などです。

 

プレゼントの定番の花束ですが、「花瓶が無い」「水を変えるのが面倒」「興味がない」

という意見があり、特に若い方には人気がない傾向があります。

 

これ以外だと

 

・下着

 

・現金、商品券

 

なども要らない、困ると思われるケースが多いです。

 

現金や商品券なんてホワイトデーにプレゼントする人がいるの?

と思うかもしれませんが、実際に贈られた人が友人にいました。

 

「御歳暮やお中元じゃないのに」と怒っていましたよ・・・。

 

義理のお返しにはどんなものを選ぶのが無難?

 

義理のお返しで一番無難なのは、やはりお菓子です。

 

先にお伝えした、クッキーやラスクなど、

日持ちがするものなら沢山もらっても困ることも少ないですね。

 

有名なメーカーのお菓子や期間限定のものは人気がありますし、

「センスがいいな」と思われるはずです。

 

また、和菓子が好きな女性も結構います。

和菓子のラッピングには和風ならではのセンスがあり、若い女性にも喜ばれますよ。

 

ミニどら焼きや変わりかりんとう、可愛い形のお煎餅、おかきなど、日持ちがするものもたくさんあります。

 

お菓子以外なら、

 

・タオルハンカチとミニポーチのセット

 

・入浴剤

 

・コスメブランドのハンドクリーム

 

・マグカップ

 

・紅茶

 

・文房具(ペンや可愛い付箋など)

 

などが値段も500~1000円程度で購入ができて、お手頃です。

 

まとめ

 

ホワイトデーのお返しは、わざわざ選んでもらい、頂いたものですから、

どんなものでも喜ぶのが、貰う側のマナーなのかもしれません。

 

ですが、実際はセンスが良くおしゃれなもの、美味しいものが欲しいのが女性の本心。

 

選ぶプレゼントでセンスが疑われたり、褒められたりするのが現実です。

 

せっかく選んだのに「センスがないな」なんて思われないように、

不安な時は、無難なものを選ぶのも方法の一つかもしれませんね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事 , , , , , ,