情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

ホワイトデーにはどんな花を贈ろう?バラは本数で意味が変わる?おすすめと相場を紹介!

      2017/01/17

 

 

 

ホワイトデーにお菓子と一緒に花を贈ろうかなと思うこともありますよね。

でも、中には花をプレゼントするのが初めてで

 

・どんな花が人気なのか

・おすすめのタイプ(アレンジや花束など)

・相場

・花言葉などは気にするのか

 

などなど、悩むことも…

 

そこで、今回は、ホワイトデーにおすすめの花やタイプなど、選ぶポイントをご紹介します。

 

関連記事:ホワイトデーに贈りたいコスメブランドはこれ!おすすめ美容グッズ・美容家電も一挙公開!

関連記事:ホワイトデー、そのお菓子に意味があるのを知ってる?

 

ホワイトデーにどんな花を贈ろう?人気の種類は?

 

お花屋さんに行くとたくさんの花があるので目移りするし、

そもそも種類が分からなくて困ってしまいますね。

 

せっかく贈るなら、喜ばれる花を贈りたいですよね。

人気の花の種類をご紹介します。

 

◯ 貰って嬉しい花の種類

・バラ

多くの女性が一度はプレゼントされてみたいと思うのは 、バラです。

 

特に赤いバラには、愛情を表す花言葉があります。

 

・ガーベラ

ガーベラは、色の種類が豊富にあり、明るい色合いも特徴でアレンジや花束には定番の花です。

形がシンプルなので、親しみやすく、若い世代にも人気があります。

 

・チューリップ

3月ごろに見ごろを迎えるチューリップもおすすめの花です。

 

小さい時から身近にありますし、可愛らしいイメージなのでプレゼントしやすい花です。

色は、赤や、ピンクがおすすめです。

 

・マーガレット

恋占いにも使われるマーガレットも、ホワイトデーにぴったりです。

 

白い花びらから、可憐で清純な印象を受けます。

 

・カラー

白い花のイメージが強いカラーは、上品で大人のイメージがあります。

 

高級感があるので、特別な記念日に贈るのにおすすめです。

 

・シンビジウム

蘭の一種であるシンビジウムを使うと豪華なフラワーギフトになります。

 

ゴージャスな印象も特徴ですが、香りに品があり、花が長持ちするのでプレゼントに向いています。

 

・スターチス

小さな星形の花がユニークなスターチス。

 

変わった形と、美しい色が長く続くので、ドライフラワーにして楽しむこともできます。

 

◯ わからない場合は、お花屋さんに相談しても

何を選んだらいいか困ってしまった場合は、お花屋さんにお任せする方法も一つです。

 

好きな花の種類を聞かれることもありますが、

 

・贈りたい花のイメージ

 

・好きな花の色

 

・贈る方の年齢

 

・予算

 

などを伝えると、ちょうどよいギフトが完成します。

 

恥ずかしい・・・なんて思わず、ぜひ相談をしてみてくださいね。

 

バラの花言葉は本数によって変わる!

 

女性への贈り物の中でも一番人気があるバラですが、実は本数によって花言葉が変わってきます

 

もちろん花言葉をそれほど気にしない女性もいますが、こだわってみるのも素敵ですね。

 

花言葉は次のように変わります。

スポンサードリンク

 

・1本…一目惚れ(1本しかないことから)

 

・3本…愛しています(I love youの3語から)

 

・5本…出会えたことの喜び

 

・7本…実は好きです

 

・11本…最愛(「一心一意」の1の字を使って11)

 

・99本…ずっと一緒に、永遠の愛(100に近いため)

 

・100本…100%の愛、年をとっても愛します(100%、100歳のイメージ)

 

・108本…結婚して下さい(10と8で「とわ」と読ませる)

 

・10-8を「トワ」(永遠)と読むことから

 

・365本…毎日好きです(1年は365日だから)

 

365本もバラを貰っても、少し困りますが、参考にしてみてくださいね。

 

アレンジのおすすめは?花束、アレンジメント?相場も知りたい

 

◯ 花のタイプはどんなものを選ぶ?

 

花を貰って嬉しいと思う女性は多いのですが、反対に貰っても困るというケースもあるんです。

 

理由の一番は、「花瓶がない」「花の水替えが面倒」などです。

 

花が美しくないと感じる人は少ないのですが、贈っても要らないと思われるのは悲しいですよね。

 

花を贈る時には、相手の女性がどんなタイプなのか考えることがポイントです。

 

花が好きで、日常でも飾る機会がありそうなひとなら花束、鉢植えはとても喜ばれます。

 

ですが、花瓶が無い、あまり花を飾ることがない場合は、花束は避けたほうが無難です。

 

そのまま飾ることができ、水替えの手間も少ないフラワーアレンジメントや、そのまま飾るだけのブリザーブドフラワーを贈るといいですね。

 

ちなみにブリザードフラワーは、花を特殊な薬剤の中に入れて水分を抜いて長期保存ができるように加工された花です。

 

長い間、生花のような美しさが続き、水をあげる必要がなく、花粉も出ないのでアレルギーのある人でも問題がありません。

 

価格が少々高めの傾向があります。




◯ 相場はいくら?

花を贈るときの相場も気になりますよね。

 

特に、初めて贈るなら想像もできないかもしれません。

価格はアレンジに使われる花の種類や数、使うバスケットやボックスの値段によって変わってきます。

 

一般的な相場は次のようになっています。

 

花束タイプ3000円~

 

バスケット4000円~

 

ボックス4500円~

 

花束 3000円~10000円

 

ブリザードフラワー…3000~4000円(一番多いのは4000円台)

 

もちろんこれより安い価格ものもありますがプレゼントしても見劣りがしないものを贈るには、

最低でもこれぐらいの予算は必要です。

 

反対にこれより高いものもあり、

高くなればなるほど大きく豪華で、珍しい花や色のものが入ったものが出来上がります。

 

まとめ

 

女性に初めての花のプレゼント。

花を貰ったときには、多くの女性は笑顔になります。

 

男性はとっても緊張しますが、その笑顔を想像しながら選べば

きっと素敵なフラワーギフトに出会えるはずです。

 

ぜひ、お花を贈って思い出に残るホワイトデーを過ごしてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事 , , , , , ,