情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

一人暮らしでネット回線は必要?契約の方法とネット回線の費用を抑えるコツとは?

      2017/01/27

 

 

スマホ、タブレット、パソコンなどが、生活必需品になった今。

一人暮らしになってもそれは同じで、より必要と言えるかもしれません。

 

ここで問題なのはネット回線や環境をどうしていくのか、選び方や手続きなどです。

 

今回は、

 

・ネット回線は必要なのか

 

・契約の手続き方法、賃貸の場合では違うのか

 

・ネット回線の手続き

 

などについてご紹介します。

 

一人暮らしでネット回線は必要?スマホで十分?WiMAXはどう?

 

◯ スマホでパソコンの代用は100%できない

現在、若い世代のほとんどがスマホを利用していますよね。

 

スマホは電話やメールはもちろん、インターネットのツールとしても利用でき、

ショッピングや、道や場所、ちょっとした調べ物はできるようになっています。

 

ネットの利用がこの程度なら、わざわざ固定のネット回線を利用する必要はありません。

 

ですが、最近の傾向として

 

・テレビの代わりとして使う

 

・仕事でやり取りをする

 

・動画を見ることが多い

 

・ゲームをする

 

などは、文書の作成が難しかったり、

画面の大きさや使用限度をすぐに超えてしまうなど、スマホだけでは無理です。

 

自分の費用頻度によってネット回線を契約し、環境を整えるべきです。

 

◯ WiMAXは便利?

WiMAXは、無線インターネットの一つで、インターネット専用のサービスで通話はできません。

 

モバイルルーターで、大きさが小さく、持ち運べるネット回線としても知られています。

最大の魅力は、工事をする必要がなく簡単にネット環境が作れる点です。

 

そのほかのメリットとしては、

 

・通信速度が速い

 

・通信制限の条件が緩い

 

・月額料金が光回線に比べて安め

 

・割引も可能な場合がある

 

などがあります。

 

スマホを家や外でもそこそこ使うので、

契約通信料だけでは足りない、パソコンの利も少しある、などの場合は便利です。

 

例えば、学生などで期間限定の一人暮らしで、スマホを使うことが多いけど、

たまにレポートをパソコンを使って調べながら作業したいケースなどにはおすすめです。


ネット回線の手続きの流れと契約の方法は?

 

◯ ネット回線の契約の手順

一人暮らしになるとすべての事を自分がしなければならず、

今まで家族任せにしていた場合は、分からないことが多いですよね。

 

インターネットを利用するには、まずプロバイダーに申し込む必要があります。

 

分からないことは業者に聞くのが一番ですが、簡単に、契約までの流れをご紹介します。

 

1)プロバイダ-に申し込む…ネット回線を引くには、まず、ネットや家電量販店などで申し込みをする

 

2)プロバイダーによる、回線が可能かどうかの調査

 

3)書類が届く…回線が引けることが分かれば、プロバイダから書類が届く

(書類の中には、規約、登録した会員情報、ID、パスワード、振替口座登

録用紙、工事日程の連絡などが入っている)

 

4)ネット回線の引き込み工事…30分~長くても2時間程度かかる)

 

5)機器の設定、配線…業者がしてくれる場合もあるし、自分でする場合もある

 配線が終われば、ネット回線が利用できる(私が頼んだ時は、サービスでしてもらえました)

 

6)料金の支払い手続きが完了したら、すべての手続きは完了




◯ 賃貸の場合の契約は?

入居するアパートやマンションによっては工事が要らないこともあり、3つのケースがあります。

 

まず1つ目は、ネット回線対応済みだけど、工事は必要なケースです。

 

電線からアパート等の共有部分までは回線が引かれていて、部屋まで回線が来ていない状態です。

ネット回線を利用するためには、自分の部屋に配線の引き込み工事をする必要があります。

 

工事自体は2時間もあれば終わりますが、工事をしてもらうまで期間が長いことが多いのです。

その間はネットが使えないので、引っ越し前に確認して先に予約しておくのがいいでしょう。

 

2つ目は、アパート等に独自のネット回線がある場合です。

 

このケースでは、住宅の情報欄に「インターネット完備」などと記載されていることがほとんどです。

引っ越し後すぐにネットを利用することができ、料金も月約3000円で利用できることも多いです

 

さらに解約金も掛からないので便利なのですが、一つ注意したいことがあります。

 

それは、一つの回線を複数で利用するため、

アパートの人が同時にネットを利用していると、通信速度が遅くなる点です。

 

引っ越してみなければ実際の状況はわかりませんが、

大家さんや不動産屋さんに聞くと、状況が分かることもあります。

 

最後は、家賃の中にネット料金が含まれているパターンです。

 

「インターネット付き」という記載がある場合、

回線料がすでに家賃に含まれている可能性があり、少し高めになっています。

 

絶対にネット回線が必要なら便利と言えますが、

たとえネット回線を利用しなかったとしても家賃は安くはなりません。

 

入居を決める時にはどんな回線を利用できるのか、工事は必要かなどを十分に注意して決めてください。

スポンサードリンク

 

ネット回線の費用を安く抑えたい!回線の種類は何を選んだらいい?

 

◯ 回線の種類と特徴、費用

生活には様々な費用が掛かるので、節約をしなければなりません。

ネット回線もその一つで、回線の種類によって特徴や料金が変わってきます。

 

主なネット回線として

 

・光ファイバー

 

・Wi-Fi

 

・ADSL

 

・ケーブルテレビ

 

があります。

 

簡単にそれぞれの特徴を説明します。

 

(光ファイバー)

・回線の状況が安定している

 

・速度が速い

 

・地域によって契約できない場合がある

 

・料金が高め(会社によって違うが5000~6000円程度)

 

光ファイバの最大の特徴は通信速度の速さです。

 

ネットを利用することが多い、自宅で仕事をするなど、

ネット環境がないと生活に支障がある人には、とても向いています。

 

料金は高めですが、少しずつ安くなっている傾向があります。

 

(Wi-Fi)

・通信速度は早め

 

・Wi-Fiにつなげていれば外でも使える

 

・工事が不用

 

・場所によっては通信状態が悪くなる

 

・子機を携帯する必要がある

 

・持ち運ぶときは充電が必要

 

・通信制限がある

 

Wi-Fiのメリッはトどこでもネットが繋がることです。

外でも、会社や自宅と同じようにパソコンを使いたい、出張が多いなどの場合は便利ですよ。

 

(ADSL)

・利用できる地域が広い

 

・工事が不用

 

・固定の電話回線で利用できる

 

・速度が遅い

 

ADSLは電話回線を使ってインターネットをします。

そのため、固定電話がつないであれば、ネット回線工事をしたり子機を購入する手間はありません。

 

また、電話回線があればいいので山間部や離島でも利用ができます。

ですが通信速度が遅くなりやすく、ADSLをつないでいる間は電話が使えなくなります。

 

滅多にネットをしない、使っても短時間の利用のみという様な場合ならADSLで十分と言えます。



(ケーブルテレビ)

ジェイコムやスカパーといったケーブルテレビの回線を利用したインターネットです。

 

・料金が安い(全部で6000円程度)

 

・アニメ、スポーツなどの有料番組を見ることができる

 

・電波が悪いと速度が遅くなることも

 

・基地局からの距離で速度が変わる

 

・速度がやや遅い

 

・通信が不安定になることも

 

ネット専用の回線ではありませんが、

たくさんの有料チャンネルが見れるなどサービスの幅が広いというメリットがあります。

 

また、携帯電話会社と提携している場合もあり、

使っている電話会社によって電話料金が割引になるケースもあります。

 

◯ 自分がどれだけ、どうネットを使うかで決める

ネット回線を選ぶとき、料金の安さだけを考えて選ぶと失敗をします。

 

料金が安いと、それだけ便利さも少なくなってくる傾向があるからです。

 

例えば、ゲームや動画を見る、パソコンをテレビの代わりするなど使用頻度が多い場合は、

基本の料金が高くても光ファイバを契約したほうが結果的に安くなり、利便性も上がります。

 

反対に、それほどネットを使うことが無ければ、

ADSLやスマホのテザリングだけでも事足りる可能性もあります。

 

まあまあ使う場合は、Wi-Fiを使うのも方法の一つです。

 

ちなみに我が家では、一人暮らしではありませんが、

スポーツ観戦と子どもがアニメを見ることが多いので、ケーブルテレビを利用しています。

 

このように、色々なシーンを考えてネット回線を選ぶと快適な一人暮らしができます。

自分がどれだけの時間や回数、ネットを使うかを考えたり、シュミレーションしてみたりするといいですよ。

 

どれが一番合っているか分かり、ベストな回線を選べます。

 

まとめ

 

ネット回線を選ぶ時には、まずはどれだけネットを使うのか、どう使うかを考えてみることがポイントです。

 

色々な回線があり、どうしても決められないなら、

アパートでもネット回線がある場所が増えているので、それをまずベースにすると考えやすいです。

 

インターネットは、一人暮らしをするうえでとても便利なので、上手に選んで賢く使えるといいですね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活 , , , , , , , , , , ,