情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

女性の一人暮らしの防犯対策は日常生活の行動から意識を!持っておきたい防犯グッズも紹介

      2017/01/28

 

 

女性の一人暮らしには、驚くほど危険が潜んでいます。

 

初めて一人暮らしをするとなると、何かの犯罪に巻き込まれないか、

泥棒に入ってくるかも、ストーカーされないか・・・など不安がたくさんですよね。

 

自分を守るのは、自分のみ。

 

身の回りの防犯対策や自身の行動に気を付けることが重要です。

防犯対策と一言にいっても、いくつもあります。

 

そこで、安全な一人暮らしを送るための、住居選び、防犯対策をご紹介します。

 

女性の一人暮らし 防犯対策は住宅選びから

 

◯ 防犯対策は住む場所から 治安は目でチェックを

物件を選ぶ時に治安を気にする人は多く、不動産業者に質問することもありますよね。

 

ですが、不動産の言う「この地域の治安はいいですよ」は信用できません。

もちろん嘘をついているわけではありませんが、治安の良い悪いの基準は年齢、性別によって違ってきます。

 

一番信用できるのは自分の目や、感覚なので、物件の周りや最寄り駅周辺に

 

・たばこの投げ捨て、ごみが多くないか

 

・落書きはないか

 

・帰り道は明るいか

 

・公園などがないか(公園は、夜は暗く危険)

 

などを確かめておきましょう。

 

また、コンビニが近くにあることもポイントです。

買い物だけでなく、避難をするときにも便利です。

 

◯ 1階はできれば避ける どの階も注意を

物件の治安が分かったら、今度は設備や建物の状態を確かめましょう。

 

よく言われるのは、一階は避けるべきということです。

1階は侵入が容易で部屋の中の様子が分かりやすいので、わざわざ1階を選ぶ必要はありません。

 

ですが1階だけでなく、2階程度の高さなら侵入はできますし、上からロープで降りてくるケースも考えられます。

 

2階以上でも、女性は住んでいることはカーテンの色やデザインから分かりますし、

薄手のカーテンだとシルエットが見えてしまう可能性は否定できません。

 

女性らしいデザインや色(ピンクなど)は避け、透けない厚手がおすすめです。

1階の危険度は高いですが、1階以外なら安全というわけではないことを肝に銘じておきましょう。

 

また、これ以外にも

 

・オートロック

 

・宅配ボックス

 

・管理人、大家さんに連絡はすぐに取れるか

 

・洗濯物が外から見えないか

 

・浴室乾燥の有無

 

・室内に洗濯機が置けるのか

 

・インターホンの有無

 

・隣人はどんな人かポストをチェック

 

なども確認しておきましょう。

 

◯ エレベーターに乗る時も注意

便利なエレベーターにも危険がいっぱいです。

 

エレベーターは一度乗ると、扉が開くまでは逃げられない密室になり、特に注意が必要な空間になります。

 

防犯のために

 

・勘違いでも怪しいと感じた人とは乗らない

 

・二人きりになったらすぐに降りる

 

・相手に背中を向けない

 

・非常ボタンが押せる位置に立つ(締まる直前に乗ってくることもある)

 

などを心がけて、何かあった場合でもすぐに逃げる体勢をとっておきましょう。

 

◯ 窓・玄関などの施錠関係で気を付ける事は?

賃貸の場合、鍵を変えるのは難しいこともあるので、

取り外しが可能な二重ロックを玄関に取り付けておくといいですね。

 

そして、一番守るべきことは、窓や玄関を簡単に開けないことです。

 

チャイムが鳴ったら、扉を開ける前にインターホンやのぞき窓で相手の確認をしてからにしましょう。

 

のぞき窓は、外側から中の様子が見えてしまうので、

使わない時は内側からカバーをして、見えないようにしておいてください。

 

スポンサードリンク

 

防犯対策には日常生活の行動から意識を

 

◯ 日常生活でも防犯を

女性の一人暮らしをする時に外出先で気を付けたいことは、

隙を見せたり、住んでいる場所を特定されたり、生活パターンを知られないようにすることです。

 

ついやってしまいがちな行動が、危険、トラブルを招きます

 

・酔っていることを気づかれない

 

・夜に音楽を聴いて歩かない

 

・歩きスマホ

 

・露出の多い服

 

・SNS、ブログ、LINEのタイムラインで個人情報を公表しない

 

・少しの外出でも、身軽な服装で外出しない

(部屋着のままだと、近くに住んでいることがばれる)

 

などに注意をしてください。

 

これらの行動は、自分の住所を特定させる手がかりになったり、無防備な印象を与えます。

 

また引っ越すときに、住所を知られる可能性もあります。

引っ越し業者を疑うわけではないのですが、業者の男性が犯罪者に絶対にならないとは言い切れません。

 

引っ越しをするときも、レディースパックなど男性ではなく女性のみのプランを利用するとより安心ですね。

 

◯ 防犯グッズは持っていたほうが安心

万一の時に役に立つのが防犯ブザーや催涙スプレーなどの防犯グッズです。

 

ずっと持っていて使わないままだと、電池切れや故障していることもあるので、

定期的にチェックをして、万が一の場合に使えるように準備しておきましょう。

 

防犯グッズと合わせて重要なのは、先にも伝えましたが、行動や意識です。

とにかく、ぼーっとしたり、隙を見せたりしないように気を付けてくださいね。

 

◯ 暗くなったら出来るだけ出歩かない

出歩く時間は、明るい時間がおすすめですが

残業などで、どうしても帰りが遅くなることがありますよね。

 

暗い時間に帰宅する時は、遠回りでも明るい場所を歩いたり、

少しの距離でもタクシーを使ったりするようにします。

 

前もって帰りが遅くなる場合は、パンツスタイルで外出したり、タイマーで部屋の電灯やテレビの電源をつけたりして、

帰宅時間が遅くなっていることを知られないようにしてくださいね。

 

さらに、毎日同じ時間帯帰宅していることを知られないようにするため、

タイマーのセット時間を時々変えるのもお勧めです。

 

防犯対策に持っておきたい防犯グッズ

 

最後に、色々ある防犯グッズの中で、よく使われるものをご紹介します。

 

◯ 防犯ブザー

携帯する防犯グッズとしておすすめなのが、防犯ブザーです。

 

襲われて、恐怖を感じると声が出せなくなるので、

常に携帯し、バッグ内ではなく、外側の見える場所に付けておきましょう。

 

電池が切れてしまうと、音が出ないので定期的に音が鳴るかチェックしておきましょう。

今では、小学生の持ち物としても常識になっています。

 

◯ 催涙スプレー

催涙スプレーは撃退の効果が長時間続くため、

力の弱い女性は暴漢などから逃れるのに高い効果があります。

 

相手に、薬品のスプレーを掛けるのはいいのか疑問を感じるかもしれませんが、

正当防衛の場合は、違法ではありません。

 

価格は4000円程度からとやや高めですが、1本持っていると安心です。

 

◯ 防犯錠

ドアや窓に内側から取り付ける防犯錠は、

賃貸で穴を開けられない場合にも簡単に取り付けが可能です。

 

危険な人物がガラスを破りそこから手を入れてカギを開ける時、手間取らせ犯行を長引かせる効果があります。

(犯行は5分以上かかると諦める傾向があります)

 

セキュリティー会社が販売しているものもあり、

窓に取り付けると会社のロゴが外側から見えるので、より高い効果が期待できます。

 

価格は取り付け場所やタイプにより2000~4000円程度です。

 

◯ ライト

センサーが働き、人が近づくと明かりがつきます。

 

明るくなることで、住人や隣人に存在を知らせる効果と、

危険人物を驚かせ、精神的なインパクトを与える効果があります。

 

人は、悪いことは暗い場所でする心理が働くため、

急に明るくなると躊躇し、犯行を止める気持ちになると言われています。

 

防犯錠とセットにして使うと、防犯効果が高くなります。

 

◯ ダミーカメラ

ダミーカメラは一般の人が見ると区別がつきませんが、プロが見ると偽物だと見抜いてしまいます。

 

犯行の経験が少ない犯罪者には有効ですが、再犯者にはあまり効果が期待できません。

 

全く無駄ではありませんが、これだけで玄関部分の防犯が完璧になるわけではないので、

あくまでも補助的に使うのが良いです。

 

◯ 男性用の下着や衣類、靴

防犯グッズとは少し違いますが、洗濯物をどうしても外に出したい場合は、

男性用の下着や衣類と一緒に干すようにします。

 

これは女性の一人暮らしと気づかれないようにするためです。

 

日頃から、男性物の衣類のみ外に干すのも防犯になります。

 

洗濯物だけでなく、玄関に男性用の靴を置いておくと、

宅配便業者が来た時や、わずかに見えるドアの隙間で防犯ができます。

 

衣類は100円ショップでも購入できますし、

実家からもって来ることもできるので、手軽な防犯対策と言えます。

 

まとめ

 

日本は安全な国とされていますが、

最近は残念なことに、恐ろしい事件や女性を狙った犯行も増えてきています。

 

警察のパトロールも強化してもらいたいところですが、

怖がっているだけでなく、自分自身を守る覚悟や強さも必要です。

 

犯罪者は、犯行が成功しやすい住宅や人物が一目でわかります。

 

そのターゲットにならいように、強い気持ちで生活するようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活 , , , , ,